SS在庫☆

どうも
腐女子系 ゆゆ
です(`・∀・´)

主に他サイトssを貼るだけです。
たまーに投稿したりします。

恵美「ちょっと魔王?聞いてるの?」真奥「うっせえ、酔っ払い」

2014-01-12 07:15:45 | はたらく魔王さま
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 19:54:21 ID:mWfCogR90
真奥「ふふふふふ。まだ足りない。その程度では俺は満足せんぞ」

真奥「そうだ。もっともっと血肉を絞り出すがいい」

真奥「いいぞいいぞ。いい感じだ…ふふふふふ、はははははは、あはははははははは!」

真奥「ってルシフェル!勝手に食べるな!」

漆原「僕は火でちょっぴりあぶる程度がいいの」

芦屋「貴様!魔王様の肉を取るとはいい度胸をしているな!」

漆原「だって真奥ってば、喋ってばかりで全然食べないじゃん」

芦屋「だから、『様』をつけろと何度言えばわかるんだ!」

漆原「あっ、海老も焼けてるよ」

真奥「何だと!?」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 19:56:58 ID:mWfCogR90
鈴乃「まったく男性陣はうるさい」

恵美「本当ね。せっかく魔王城の庭でバーベキューって言うのに、静かに食べられないのかしら?」

千穂「でも、男の子は元気が一番って言いますし」

恵美「確かに精神年齢は『男の子』ね」」

鈴乃「そうだな」


千穂「え、えーと…」

千穂「あれ?鈴乃さんは何を飲んでるんですか?」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:01:15 ID:mWfCogR90
鈴乃「ん?日本酒だ」

恵美「へぇ~。お酒って美味しいんですか?」

鈴乃「ああ。自分に合うお酒を見つける事ができれば、この世で一番美味しい飲み物となる」

鈴乃「」グビグビ

鈴乃「ふぅ…」

鈴乃「しかも、少しの間だけだが嫌な事を全部忘れられるしな」


千穂「そ、そうなんですね」

恵美「ベルも疲れてるのね…」

千穂「『も』?」

恵美「う、ううん。何でもないの」

千穂「?」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:06:09 ID:mWfCogR90
真奥「おう。お前ら食ってるか!?」

ドンッ

千穂「わっわっわっ。たくさんのお肉!」

千穂「わざわざ持ってきてくれて、ありがとうございます!」

真奥「気にすんなって。今回の食材はちーちゃんがほとんど用意してくれたんだからさ」

千穂「お母さんが真奥さん達が夏バテしないようにって」

真奥「じゃあ、今度お礼を言いにいかないとな」

千穂「そんな、気にしないでください!」

恵美「私とベルも用意したんだけどね」

鈴乃「まったくだ」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:11:10 ID:mWfCogR90
 
………………………………………………………


芦屋「はっ!!」

鈴乃「やあっ!!」

ジュージュー

真奥「おお!すげー!」

漆原「やっぱり、バーベキューの締めは焼きそばだよね」

千穂「うっ…でも、私食べれそうにないです」

恵美「私はせっかくだから一口だけ」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:11:26 ID:mWfCogR90
真奥「なんなら持って帰れ。今日はタッパも用意したからな」

千穂「ありがとうございます!鈴乃さんと芦屋さんの焼きそば食べたかったんで!頂きます!」

恵美「…準備いいわね」


真奥「そういう細めな配慮も、上の者の役目だからな!」

恵美「細めな配慮ができる魔王って…」

真奥「ははははは。そう褒めるなって」

恵美「はぁー…」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:16:58 ID:mWfCogR90
 
………………………………………………………



芦屋「アルシエル!一発芸いっきまーす!大家さんを見たときの顔ーーー」


芦屋「゜д゜」


漆原「はははははは。いいぞもっとやれー」

鈴乃「ふんっ。私の方がもっとすごい事を…」

千穂「皆さん、ちょっと飲み過ぎじゃないですか?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:21:33 ID:mWfCogR90
真奥「ったく…」

恵美「あら?機嫌よさそうね?」

真奥「ああ。こんな楽しい毎日が続けば…って思ってしまったんだよ」

恵美「へぇ~。悪魔を統べる魔王がね」

真奥「ふっ、今は悪魔だけだが、エンテ・イスラもこの世界も全部俺が征服してやるよ」

恵美「ふふふふ。じゃあ私は全力でそれを邪魔してあげるわ」

真奥「おう。全力で来いよ。なにせ俺はすごいんだからな」


恵美「…まったくあなたまで酔ってどうするのよ…」

真奥「俺が酒ごときに酔うわけないだろ?」


恵美「素直すぎるのよ」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:26:20 ID:mWfCogR90
真奥「そうか?今のお前の方がもっと素直だと思うが?」

恵美「バーカ。あなたに合わせてあげてるだけよ」

真奥「ったく…なんでそんな笑顔してんだよ」

恵美「へ?」

真奥「だから、何でそんな嬉しそうなんだよ」

恵美「え?あっ、別に聞こえてなかったわけじゃなくて、私ってそんなに笑顔だったかしら?」

真奥「ああ。それはすごく…ニコニコして…可愛」

千穂「ドーーーーーーーン」


真奥「ちーちゃん!?」

恵美「千穂ちゃん!?」

千穂「何で二人でいい雰囲気なんですか!真奥さん!私ともっとお喋りしてくださいよ!」ポロポロ

真奥「え?ちーちゃん…泣いてる!?…ま、まさか…」

恵美「酔ってる!?」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:31:32 ID:mWfCogR90
千穂「真奥さんともっといい雰囲気になったりするかなーって、ちょっぴり以上に期待してたんですよ!」

千穂「それなのに、真奥さんはみんなに優しくて…うぅ…優しいのはいい所なんでけど」

千穂「もっともっと私にだけ優しくしてくださいーーー」

千穂「うわぁぁん」ポロポロ

真奥「千穂ちゃん!?」


ギュウウウ


千穂「え?」

恵美「いいのよ。泣きたい時はたくさん泣いた方がいいわ」

千穂「遊佐さん…」

恵美「私の胸でいいなら、たくさん貸してあげるわ」

千穂「遊佐さあぁぁぁぁぁぁぁん」

恵美「ふっ」



真奥「うげぇ…あいつ酒に酔って、さらに自分に酔ってやがる…」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:36:28 ID:mWfCogR90
鈴乃「おい!魔王!二階で飲み直すぞ!」

真奥「そうだな。こんな時間にこれ以上騒ぐと近所迷惑だし…片付けすっか」

芦屋「それには及びません。もう全て片づけてあります」

真奥「おぉ!もう片付けたのか!?さすが芦屋!」

芦屋「はい。私の案により、クレスティアが全てを粉々に壊してくれました」

真奥「そうか壊して…………なんだと!?」

芦屋「そう!全ては私の案なんです!どうかお褒め下さい!このアルシエル、魔王様の激励のお言葉だけで後1500年は戦えます!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:40:56 ID:mWfCogR90
真奥「おい…バーベキューセットは…?」

漆原「うん、すごかったよ。ベルがさー、もうドカーンって」

鈴乃「ふんっ。私の手にかかればあんな鉄の塊ごとき、砂のようにサラサラにできる!」

真奥「おい、あれ…貸し出し用だぞ…どうするんだ?」

漆原「仕方ないなー。僕が弁償するよ。はいカード」

真奥「それは俺のカードだ!」

鈴乃「ふんっ。男が細かい事をちまちまと…」

芦屋「魔王様あああああああ。どうかお褒めを!お褒めのお言葉をおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

真奥「うっせえええええええええ!酔っ払い共があああああああああ!!!」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:45:45 ID:mWfCogR90
 
…………………………………………………


真奥「はぁ~。酔っ払ったちーちゃんを家まで送ったけど…」

真奥「ちーちゃんのお母さん何も言わなかった。たぶん怒ってたよな…」

真奥「後日、また謝りに行こう」


ガララララ


真奥「おう。帰ったぞ」


ギュウウウ


真奥「うおっ!?」

恵美「お帰りなさい…あなた」

真奥「恵美!?な、何で急に抱きついて!?」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:49:46 ID:mWfCogR90
恵美「ご飯にする?お風呂?それとも、わ・た・し?」

真奥「お、おおおおおおお前!?なにを言ってるんだあああぁ!?

恵美「ふんっ!」

ゴスッ


真奥「おおおおおう、腹を…殴るな…ぐふっ」

鈴乃「ははははは。『ぐふっ』だと『ぐふっ』…はははははは」

恵美「なんで顔を真っ赤にしてるのよ!?」

恵美「察しなさいよ!!!罰ゲームよ罰ゲーム!」

漆原「遊佐も顔が真っ赤だよー」

恵美「ああああああああぁぁぁっ!?」

漆原「い、いえ。ごめんなさい」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:53:49 ID:mWfCogR90
真奥「お前も酔いすぎだろ…罰ゲームとは言え、こんな事するなんて…」

恵美「ふんっ。空気を読んだのよ。空気を」


真奥「あーはいはい。あれ?芦屋は?」

漆原「はーい。トイレからこんにちはー」

ガラッ

芦屋「魔王様ー…むにゃむにゃ」

真奥「お、おい!アルシエル!?便器を抱いて寝るな!便器を抱いて!」

芦屋「はいー。魔王様のご命令ならば、日雇いだろうが、靴磨きだろうがー、歯磨きだろうがー」

真奥「仕方ない…押し入れの中に入れてやるか…」

鈴乃「悪魔のくせに優しいなぁ~」

漆原「真奥は芦屋一筋だもんねーぴゅーぴゅー」

恵美「何よ!私には優しくない癖に」


真奥「茶化すな酔っ払い共」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 20:57:48 ID:mWfCogR90
 
…………………………………………………


真奥「ふー。ようやく芦屋を押し入れにいれたぞ」

真奥「じゃあ、仕切り直しだ!俺にも酒を入れろ!」

恵美「あぁ!?なんで私に命令してるのよ!?」

真奥「お前には言ってない。漆原!」


鈴乃「くー」
漆原「ぐー」


真奥「…寝てやがる」

恵美「しかも肩を寄り添ってね…写メを撮っておきましょうか?明日ベルが発狂しそうだけど」

真奥「いや、止めておけ」

恵美「やっぱり、カシスオレンジは美味しいわぁ~」

恵美「」グビグビ

恵美「ぷはー」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:01:48 ID:mWfCogR90
真奥「おい、未成年。何で普通に飲んでる?」

恵美「あぁ!?戸籍では成年ですけど?何か文句あるぅ!!?」

真奥「いや、お前がいいならいいんだ」


真奥「俺は…ふふふふふ。奮発して買ったテキーラ!」

恵美「なにそれ?」

真奥「ああ!度数が40度ある!魔王が飲むのにふさわしい酒だ!」

恵美「うええ。それ本当に飲み物?匂いが酷い…」

真奥「巷では割って飲むらしいが…そんなの邪道だ。俺はこのまま行く!」

恵美「へぇ~」

真奥「さあ飲むぞ!」

恵美「はいはい。勝手に飲みなさいよ」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:06:02 ID:mWfCogR90
真奥「」グビグビ

真奥「」

恵美「どう?美味しいの?」

真奥「~~~~~~~~っ!?」


恵美「ぷっ…あははははは。変な顔!最高ねあなた!」

真奥「う、うめぇ…うまい」

恵美「ふふふ。とても渋い顔してるわよ?」

真奥「うっせえ。まぁ、一度に飲むのは勿体ないから、冷蔵庫に入れておこう」

恵美「はいはい。強がりね」

真奥「ぐっ…俺は鈴乃の日本酒を貰うか」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:09:53 ID:mWfCogR90
 
…………………………………………………

真奥「それでさー芦屋が…」

恵美「へぇ~」


……………


真奥「…で、漆原が」

恵美「うんうん。それで?」


……………


真奥「…って、なって芦屋が…」

恵美「あははは。そうなんだ」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:10:08 ID:mWfCogR90
真奥「…」

恵美「…」


真奥(な、な!?)

真奥「おい、恵美?」

恵美「ん?なに?」


真奥「何で俺の隣にいる?」

恵美「仕方ないじゃない。魔王城は狭いし、ベルとルシフェルは寝てるし」

真奥「いや、そうだな。わりぃ」

恵美「ん。わかればよろしい」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:14:44 ID:mWfCogR90
真奥「…で、さ?」

恵美「なぁにぃ?」

真奥「何で俺に…その…スリスリしてるんだ?」

恵美「え?ああ。頬が痒くて、仕方ないからあなたの肩でかいてるの」

真奥「そうか…」

恵美「ええ」


真奥「…」

恵美「~♪」スリスリ

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:18:00 ID:mWfCogR90
真奥「機嫌良さそうだな」

恵美「お酒飲んで機嫌悪くなるバカはいないわ」

真奥「そうだな」

恵美「ええ」



真奥「…」

恵美「~♪」スリスリ

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:22:07 ID:mWfCogR90
真奥「恵美ってお酒、よく飲むのか?」

恵美「ねえ…エミリアって呼んで?」

真奥「え?」

恵美「本名で呼んでよ。本名がいいの」

真奥「あ、ああ。エミリア?」

恵美「なーに?」


真奥「っ!?」

真奥(こ、こいつ、何か子猫みたいに目をウルウルさせて…)

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:26:29 ID:mWfCogR90
恵美「あっ、目線外した…何よ。そんなに私の事が嫌いなの?」

真奥「へ?」

恵美「ふんっ。どうせあなたにはあんなに可愛くて、その…大きい女子高生さんがいますもんねー」

真奥「…おい。ちーちゃんは関係ないだろう?」

恵美「ふーん。本当に?」

真奥「ああ。今は関係ない。信じろ」

恵美「えへへ~。魔王が言うなら信じる~」ニコッ


真奥「っ!?」

真奥(…………………や、ヤバい。こいつ…可愛い…?)

真奥(わ、話題!話題を変えるぞ!)

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:30:11 ID:mWfCogR90
真奥「あ、あのそのだな。お酒よく飲むのか?」

恵美「誰が?」

真奥「…エミリアがだよ」

恵美「そうね。そんなには飲まないかな。たまに同僚の梨香に誘われるくらいで…」

真奥「そうなのか…」

恵美「うん、そうなの。…ねえ、もっと知りたい事ない?」

真奥「へ?」

恵美「私の事でもっと知りたい事ないの?」



真奥(ヤバイ、こいつヤバイ…酔っ払いすぎだ!)

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:34:23 ID:mWfCogR90
鈴乃「」クー
漆原「」グー


真奥(そうだ!もう寝よう!こうなったら強制的に終わらせてやる!)

真奥「ふわぁ~。眠い…俺眠くなった」

恵美「…………」

真奥「俺寝るわ。じゃあ、お前も適当に寝ろよ」

恵美「…意気地なし」

真奥「うっせえ!おやすみ!」


真奥「ぐー」


恵美「寝たの?」

真奥「ぐーぐー」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:39:13 ID:mWfCogR90
恵美「…今日の私はどうかしてるわ…あんな事をこいつに言うなんて…」

真奥「ぐー」

恵美「お酒の飲みすぎね。酔っ払ったせいで………絶対にそれだけよ」

真奥「ぐー」

恵美「仕方ない私も寝ようっと。寝て全部忘れた方がいいわ」

真奥「ぐーぐー」

恵美「シラフの時に今日の事を思い出したら自殺するかも…はぁ~」

真奥「ぐー」

恵美「…」

真奥「…」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:42:26 ID:mWfCogR90
恵美「だから、最後にもう一回だけいいわよね?」

真奥「ぐー?」


ドーン


真奥「ぐっ!?」

恵美「えへへ~。こいつの胸の中で寝ちゃおう~。えへへ~。あったかーい」

真奥「…」

恵美「えへえへ。おやすみなさい」スリスリ

真奥「…」

恵美「…」


恵美「」クー

真奥「…」


真奥「…眠れねー」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:46:31 ID:mWfCogR90
 
…………………………………………………………………………


恵美「死ねえええええええええええええええええ!!!!」

真奥「痛ってえええええええええ!なんだ敵か!?敵襲か!?」

恵美「な、なんで、あんたが私に抱きついて寝てるのよ!?」

真奥「え?は?何を言ってるんだよ!お前が抱きついてきたんだろうが!」

恵美「あぁ!?そんな事あるわけないでしょうが!」


鈴乃「うぅ…なんなんだ…頭が割れそうだ」

漆原「もう朝?もうちょっと静かに起こしてよ」

芦屋「ぐおおおおお!頭が頭が!んん!?ここはどこだ!?真っ暗だと!?勇者の襲撃か!?」

漆原「芦屋、おちついて。そこは押し入れの中」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:50:52 ID:mWfCogR90
恵美「あなた…寝ている私に手をだそうとしたわね!?」

真奥「違う!寝ている俺にお前が手を出そうとしたんだよ!」

恵美「そんなわけあるか!死ねえええええええええええええ!」

真奥「もう、何なんだよお前は!!」


真奥「俺の事が好きなのか、嫌いなのか、はっきりしろーーー!」

恵美「なななななななななななななな!?」

真奥「あっ…すまん。今のは失言だ」

恵美「私とあなたは勇者と魔王で!そんな関係じゃない!」

真奥「そ、そうだよな」

恵美「それに昨夜の事は何の関係もない!あんなの酒の場の話!」

真奥「…え?」

恵美「あっ…」


真奥「お前…まさか…覚えて?」

恵美「ああああああああぅぅぅぅぅ」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:54:53 ID:mWfCogR90
恵美「そもそもあれは間違いで!」

恵美「私があなたの事なんて好きなわけあるわけわけわけないし?」

恵美「だから、勇者と魔王で…もうっ!とにかく関係ないの!わかった?」


真奥「ああ…その…なんだ…」

真奥「俺もお前の事、嫌いなわけじゃないんだぞ?」

恵美「ああああああああああああああああああああああああああああああ!」


恵美「…………………………………………………………」


真奥「…あれ?静かになりやがった…」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 21:58:33 ID:mWfCogR90
真奥「お、おーい、恵美さーん?エミリアー?」

恵美「死ぬ」

真奥「は?」

恵美「死んでやるーーーーーーーーー!!!」


真奥「お、おい!止めろ死ぬな!死ぬなって!」

恵美「じゃ、じゃあ、あなたが死ぬ?」

真奥「いや、俺はまだ死にたくない!」

恵美「じゃあどうすればいいのよ!」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 22:02:38 ID:mWfCogR90
真奥「はぁ~。ったく昨日言っただろうが…」

恵美「…」

真奥「俺がエンテ・イスラもこの世界も全部征服してやるって」

恵美「…だから、私はその邪魔をする」

真奥「ああ、だから死ぬな。俺の最大の壁になりやがれ」

真奥「そして、俺が絶対にお前を倒す日まで、絶対に死ぬな」

恵美「当たり前でしょう!あなたは私が倒すのよ!あなたこそ絶対に誰にも負けない事!」


真奥「ああ。これで俺達無敵だな」

恵美「へ?」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 22:06:42 ID:mWfCogR90
真奥「俺はお前以外には倒されない。お前は俺以外には倒されない。これは絶対な約束だ」

恵美「…悪魔が約束?何を言ってるのよ」


真奥「あっ、お前知らないのか?悪魔の契約は絶対なんだぞ?」

恵美「あーはいはい。わかったわよ。契約でも何でもやってやるわ!」


恵美「だから、あなたは絶対に負けない事!いいわね」

真奥「そう何度も言うなって。わかったわかった」



鈴乃「なんなんだ、これは?」

漆原「さあ?」

芦屋「頭が…痛い」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 22:10:44 ID:mWfCogR90
真奥「あっ、バイトの時間だ」

恵美「私も家に帰って着替えて出勤しないと」


芦屋「まおうさま…行ってらっしゃいませ」

真奥「おう。行ってくる。芦屋、あまり無理するなよ」

芦屋「うぅぅぅ。勿体なきお言葉」ポロポロ

漆原「うわぁ。マジ泣きしてるよ」


…………………………


恵美「じゃあ、私はこっちだから」

真奥「ああ、じゃあな」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 22:13:44 ID:mWfCogR90
真奥「あっ、おい!恵美!」

恵美「何?」

真奥「昨日は楽しかった。またみんなで飯を食おうな」

恵美「そうね」




恵美(私…今…一瞬だけ笑顔になっちゃった…)

恵美(なんでかしら…)

恵美(でも、真奥じゃないけど、こんな毎日が続けばいいわね)


恵美「よし!頑張って働くわよ!」





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真奥「俺の宿敵がこんなに可愛いわけがない」

2014-01-01 11:38:29 | はたらく魔王さま
こちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真奥「見滝原に来て1年・・・ついに魔力が溜まったぞ!」

2014-01-01 11:36:49 | はたらく魔王さま
こちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真奥「もし恵美が最初からデレデレだったら」

2013-12-04 23:10:36 | はたらく魔王さま
こちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芦屋「夕飯食べて行きませんか?」 千穂「え!?」

2013-07-23 06:53:43 | はたらく魔王さま

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 20:27:03.56 ID:BfqpenIMO

魔王城・夕方……

真奥「もうこんな時間か。随分長い事話し込んじまってたんだな」

千穂「本当だ。やっぱり楽しい時間って過ぎるのが早く感じますよね♪」

真奥「あはは、確かに楽しかったけどただの雑談にそれは言い過ぎだろ?」

千穂「そ、そうですかね?(苦笑」

漆原(好きな相手と一緒ならそれだけで十分楽しいだろうね……相変わらず真奥はこういう事には鈍い)

芦屋「そろそろ夕飯の時間ですね。佐々木さん、宜しければ夕飯食べて行きませんか?」

千穂「え!?」




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 20:31:48.51 ID:BfqpenIMO

芦屋「なぜそんなに驚くんです?」

千穂「いや、だって真奥さん達何時も生活費カツカツじゃないですか? それなのに夕飯を御馳走になるなんて何だか悪いですよ!」

真奥「うわ、事実だけど改めて言われるとなんかグサリとくるな」

千穂「あわわ、スイマセン!」アタフタ

芦屋「大丈夫ですよ、それに今日は大勢で食べた方が良い物ですから」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 20:34:38.01 ID:BfqpenIMO

漆原「そういえば今日のご飯何かまだ聞いてなかったね。何なの?」

芦屋「フッ、聞いて驚け、漆原。今日の夕飯はな……」



芦屋「お家で楽しく焼き肉だ」ニヤリ



三人「!?」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 20:41:21.39 ID:BfqpenIMO

漆原「や、焼き肉! つまりお肉が食べられるの!? こ、この魔王城で!?」ドキドキ

真奥「お前から進んで焼き肉なんて……芦屋、お前頭でも打ったんじゃないのか?」

芦屋「私はいたって正常ですよ、魔王さま」

千穂「あの、それなら尚の事私いない方が……せっかくの御馳走なのに私の分だけ減る事になりますし」

芦屋「ご心配には及びません。それに佐々木さんには常日頃から大変お世話になっています」

芦屋「ですからこれはささやかなお返しと思って下さい」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 20:50:04.92 ID:BfqpenIMO

千穂(やっぱり悪い気もするけど……あんまり断り続けるのも逆に失礼だよね)

千穂(それに真奥さんと一緒にご飯食べられるののは正直嬉しいし♪)

千穂「分かりました。なら夕飯、ご一緒させて貰いますね」ペコリ

真奥「あ、それなら親御さんに連絡した方が良いんじゃないか?」

千穂「そうですね。ちょっと電話して来ます」トテトテ

漆原「肉……お肉……ああ、これって夢じゃないよね? 現実だよね?」ニヘラー

芦屋「漆原、ほうけてないでホットプレートの用意をしろ。この前商店街の福引きで当たった奴だ」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 20:57:21.43 ID:BfqpenIMO

千穂「うん、真奥さん達は大丈夫って……うん……あ、ちょっと待って」

千穂「真奥さん、お母さんが真奥さんに挨拶したいと」

真奥「え、俺? はい、代わりました、真奥です。ご無沙汰してます……はい……いえ、大丈夫ですから」

真奥「本当ですって……いえ、無理してません……はい……いえ、大丈夫ですから」

真奥(なんかウチの金銭事情を凄く心配されてる……ウチの貧乏はちーちゃんの家まで届いてるのか)

千穂(なんか申し訳ない……)



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:04:36.69 ID:BfqpenIMO

…………

真奥「プレートが良い感じに温まってきたな♪」

漆原「ねえ、芦屋ー。早くお肉出してよー」

芦屋「急くな。まずはこれを食べろ」ドサッ

千穂「もやし、ですか?」

芦屋「いきなり肉を食べるとあっという間になくなってしまうかもしれませんからね」

芦屋「まずは野菜を食べてある程度腹を膨らませるのです」

漆原「そんなー。僕早く肉食べたいのに……」

真奥(やっぱりなんか貧乏くさくなるな)



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:08:47.86 ID:BfqpenIMO

真奥「…………」シャキシャキ

千穂「…………」シャキシャキ

漆原「…………」シャキシャキ

芦屋「…………」シャキシャキ

真奥「…………」シャキシャキ

千穂「…………」シャキシャキ

漆原「…………」シャキシャキ

芦屋「…………」シャキシャキ

真奥「…………」シャキシャキ

千穂「…………」シャキシャキ

漆原「…………」シャキシャキ

芦屋「…………」シャキシャキ



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:09:57.56 ID:BfqpenIMO

真奥「…………」シャキシャキ

千穂「…………」シャキシャキ

漆原「…………」シャキシャキ

芦屋「…………」シャキシャキ

真奥「…………」シャキシャキ

千穂「…………」シャキシャキ

漆原「…………」シャキシャキ

芦屋「…………」シャキシャキ

真奥「……もやし多くね!?」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:18:08.99 ID:BfqpenIMO

真奥「後せめてなんか喋ろうぜ! 何処のさまぁ~ずと女子アナだよ!?」

千穂「す、すいません。なんか空気的に喋りにくくて……(汗」

漆原「せっかく立派なホットプレートあるのにもやししか焼いてないからテンションでなくて……」

芦屋「文句言うな! 今日はもやしが安かったんだ! こんなにもやしが食べられるの日なんてそうはないぞ!」

真奥「まあもやし好きなら喜ぶんだろうがな」

漆原「そうでもない相手からみると微妙な日だよね」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:23:50.15 ID:BfqpenIMO

真奥「しかしいくら安かったからって多過ぎだろ? 未だにプレートの上がもやしで真っ白だぞ?」

千穂「私、もやしだけでお腹膨れてきました」

漆原「芦屋、そろそろお肉だしてよ~」

芦屋「もやしが先だ」

真奥「いや、さすがにもやしだけだと飽きて来たし、そろそろだしても良いんじゃないか?」

芦屋「そうですか……魔王さまがそうおっしゃるなら」ガサゴソ

漆原「やった! やっとお肉に!!」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:28:02.09 ID:BfqpenIMO

芦屋「どうぞ、肉です」

三人「…………」

芦屋「ん、どうしました?」

千穂「あの芦屋さん、これは……」

芦屋「肉です」ニコッ

真奥「いや、これ赤じゃなくて灰色に見えるんだが……」

芦屋「肉です」ニコッ

漆原「どう見てもこんにゃく……」

芦屋「肉だと言っているだろ、穀潰し」ギロリ



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:34:51.21 ID:BfqpenIMO

真奥「うん、なんとなくこんな展開あるんじゃないかなとは思ってた」

漆原「酷いよ、芦屋! 僕楽しみにしてたのに! 本物の肉出してよ!!」

芦屋「これが肉だ! これが肉なんだ! そう思い込め!!」

漆原「思い込めってなんだよ!」

千穂「あの、私急いでお肉買ってきましょうか?」

芦屋「いえ、肉ならここにあります。そのお気遣いは結構です」

漆原「だから肉じゃなくてこんにゃくだって!」

芦屋「シャラップ!」バシッ

漆原「ぐふっ!?」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:38:08.13 ID:BfqpenIMO

真奥「まあ食べられない事もないんだ。さあ、このこんにゃく……じゃない、肉をみんなで食べよう」

千穂「そ、そうですね。私、こんにゃくも好きですし」

漆原「酷いよ……詐欺だよ……」

芦屋「文句言うなら貴様は食べなくて良いぞ?」

漆原「……食べるよ」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:44:28.65 ID:BfqpenIMO

千穂「それにしてもこんにゃくも凄い量ですね」

漆原(こんにゃく買うならこの金で安くても良いから肉買えよ)

芦屋「こんにゃくはいろいろと応用がききますからね。買いだめしてるんですよ」

真奥「確かにこんにゃくは(料理として)意外といろんなもんに使えるよな」

千穂(こんにゃくがいろいろ使える……)

千穂(そういえば前にクラスの子から聞いた事あるな……男の人はムラムラしたらこんにゃくでも使うって)

千穂「…………」

千穂(まさか真奥さんも!?)



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:49:43.89 ID:BfqpenIMO

千穂(もし、もしこのこんにゃくが真奥さんの、その、そういう事に使われていたものだとしたら?)

千穂(でもそんなものを夕飯に出すかな……いや、ありえる。貧乏な真奥さん達ならありえる!)

千穂(でももしかしたら芦屋さんや漆原さんが使ったこんにゃくの可能性もあるんだよね……それはやだな)

千穂(でももし真奥さんの使ったこんにゃくなら……私は、私は……)

真奥「ちーちゃん、何こんにゃく凝視してんの?」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:52:45.05 ID:A+5T0Jcz0

えっちーちゃん



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 21:57:33.62 ID:BfqpenIMO

真奥「あ、ちーちゃん。このこんにゃく焼けたよ」ヒョイ

千穂「あ、ありがとうございます」

千穂(ん、今自然な流れで真奥さんにこんにゃくを取って貰ったけど)

千穂(真奥さんの箸で掴んだこんにゃく……)

千穂(つまり……間接キス!?///)



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 22:32:33.99 ID:BfqpenIMO

千穂(こ、これを食べれば真奥さんと間接キス……)プルプル

千穂「あ……」ツルッ

こんにゃく「」ユカベチャ

千穂(ああああああああ!?!?)

真奥「あ、何やってんだよ、ちーちゃん」

芦屋(こんにゃくを落としてあれだけのリアクション……よかった、佐々木さんはこんにゃく好きのようだ)



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 22:35:11.52 ID:BfqpenIMO

千穂(何してるのよ、私! 真奥さんのこんにゃくを落とすなんて!?)

千穂(いや、この世界には三秒ルールという素晴らしいルールがある! 急いで拾えばなんとか……)

漆原「勿体ないな、もう」ヒョイパク

千穂「」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 22:39:28.98 ID:BfqpenIMO

真奥「お前落ちたもんも平気で食べられるのな」

漆原「だって勿体ないじゃん」モグモグ

芦屋「出来れば無駄遣いに関しても勿体ないという認識を持ってほしいところだが……」

千穂「…………」

漆原「ん、どうしたの、佐々木千穂?」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 22:41:57.53 ID:ikIReYIMP

ニート終了のお知らせ



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 22:43:09.88 ID:+Ba6j5QPi

空気読めよニート



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 22:45:20.95 ID:BfqpenIMO

千穂「漆原さん、ちょっと左手で良いんで貸して下さい」

漆原「いきなりなんだよ。ん?」

漆原「ねえ、なんで僕の指広げてるの? で、なんでその間に箸を一本一本挟んでるの?」

漆原「まさか……ちょっと待ってよ。それやめてよ。僕が何したっていうんだよ。真奥達も見てないで止め」

ギュー!

<ギャー



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 22:51:49.63 ID:BfqpenIMO

…………

真奥「なんだかんだで腹いっぱいになったなー」

千穂「一生分のこんにゃくともやし食べた気がします」

漆原「まあ何だかんだで美味しかったよ……左手がまだ痛いけど」

芦屋「当然だ。私がチョイスした料理だからな」

一同「…………」

一同(でもやっぱり焼き肉じゃないよな……)



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 22:59:06.26 ID:BfqpenIMO

真奥「……いや、これはやっぱり焼き肉だよ」

真奥「もやしとこんにゃく……これが魔王城の焼き肉なんだ!」

真奥「常識に縛られるな! 俺達は俺達の焼き肉を作ればいいのさ!」

千穂「そ、そうですね!」

芦屋「さすが魔王さまです!」

漆原「無理矢理まとめてきたな~」

ドンドン

真奥「ん、こんな時間に客か? 誰だろう?」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:02:29.69 ID:BfqpenIMO

恵美「ちーす! 魔王達、様子を見にきてやったわよ!」ドアバン

真奥「恵美?」

千穂「何だか何時もと様子が違いますね?」

漆原「うわ、酒くさ!」

芦屋「お前、酒を飲んできたのか?」

恵美「ええ、さっきまで仕事仲間とね~ひくっ」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:05:41.99 ID:BfqpenIMO

真奥「お前、本当は17だろ? 酒なんか飲んで良いのかよ?」

恵美「うっさいわね。魔王が私に指図すんじゃないわよ」

恵美「でも楽しかったわよ。焼き肉屋でやった飲み会」

四人「!」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:12:21.90 ID:BfqpenIMO

恵美「やっぱり焼き肉といえば肉よね、カルビよね」

恵美「食べ放題の店だったけど凄く美味しかったわ」

恵美「そういえば食べ放題の中にこんにゃくやもやしがあったけど……わざわざ焼き肉店まで来て食べる人いないってのwww」

恵美「焼き肉はカルビとお酒があれば十分……ってどしたの、みんな? 怖い顔して?」

四人「…………」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:17:27.71 ID:BfqpenIMO

恵美「ちょっと、なんで無理矢理追い出すのよ!」

真奥「うるさい! お前はしばらくウチにくるな!」

漆原「うらやましくなんかない! うらやましくなんかないんだからな!」

芦屋「ええい、塩を蒔いてやる!」

千穂「遊佐さん、こんにゃくを馬鹿にするなんて見損ないました!」

恵美「え、千穂ちゃんまで……ちょ!?」

ドアバタン!!

恵美「…………」

恵美「……私が何したってのよ」グスン



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:22:04.80 ID:+Ba6j5QPi

ワロタwww



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:23:07.53 ID:+YUFJ1hQ0

勇者かわいい



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:26:36.49 ID:BfqpenIMO

…………

千穂「じゃあそろそろ私、帰りますね」

芦屋「また何時でも来て下さい」

漆原「その時はお土産忘れずにね」

芦屋「漆原!」

真奥「途中まで送ってくよ」

千穂「え、いいんですか?」

真奥「もう遅いしな。ほら、いこうぜ」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:32:42.92 ID:BfqpenIMO

真奥「うわーやっぱり夜も蒸すな~」

千穂「そ、そうですね」

千穂(真奥さんと夜道を歩く。うわ~なんかそのシチュエーションだけで緊張しちゃうな~)

千穂(それにしても今日は楽しかったな。夕飯まで一緒させてもらったし)

千穂(惜しむべきは真奥さんとの間接キスのチャンスを逃した事……漆原畜生め)オクバギリリ

真奥「ちーちゃん、拳固めてどうしたの?」

千穂「え、あ、いや、なんでもないです、あはは」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:36:13.52 ID:BfqpenIMO

千穂「あ!」

真奥「どうした?」

千穂「今流れ星が流れたんですよ。あの辺りに」

真奥「流れ星ってあれだろ? 流れてる間に願い事三回唱えると叶うってやつ」

千穂「はい」

真奥「それ物理的に無理じゃね? 流れるの一瞬なのに三回とか」

千穂「ま、まあそうなんですけど」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:40:23.70 ID:BfqpenIMO

千穂「また流れないかな……」

真奥「何だ、叶えたい事願いでもあるの?」

千穂「え、あ……無いことはもないですけど」

真奥「そっか……」

真奥「よし、ならこうしよう。流れ星を見て5分以内なら願い事言っても間に合う事にしよう!」

千穂「はい?」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:46:15.33 ID:BfqpenIMO

千穂「あの、そうしようっていうのはどういう……?」

真奥「つまりだな、うまく言えないが……もやしとこんにゃくが魔王流の焼き肉であるように」

真奥「流れ星流れて5分間願い事いう猶予があるのも魔王流なんだよ!」ドヤッ

千穂「……ぷっ」

真奥「え、なんで笑うんだ? 俺なんか変な事言った?」

千穂「いえ、真奥さんらしくて良いと思います」

千穂「なら魔王流という事で今からお願いしてみますね」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:48:33.08 ID:UV0XEh0bO

魔王様イケメン



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/22(月) 23:50:39.99 ID:BfqpenIMO

千穂(確かに私には叶えたい願いがある)

千穂(でもそれは自分の力だけで叶えたいもの)

千穂(だからここで願うのはほんのささやかな願い。それは……)

千穂「……真奥さんとこうやって一緒にいる時間が少しでもゆっくり感じられますように」

真奥「え?」

千穂「ふふ、声に出しちゃいました♪」

おわり



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/23(火) 00:46:33.57 ID:A2tfwTP40

乙。面白かったよ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SS在庫

{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset128 HiraKakuProN-W3;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;\red51\green51\blue51; \red204\green204\blue204;} \deftab720 \itap1\trowd \taflags0 \trgaph108\trleft-108 \trbrdrt\brdrnil \trbrdrl\brdrnil \trbrdrt\brdrnil \trbrdrr\brdrnil \clmgf \clvertalc \clcbpat3 \clwWidth25840\clftsWidth3 \clmart10 \clmarl10 \clmarb10 \clmarr10 \clbrdrt\brdrs\brdrw20\brdrcf5 \clbrdrl\brdrnil \clbrdrb\brdrs\brdrw20\brdrcf5 \clbrdrr\brdrnil \clpadt100 \clpadl100 \clpadb100 \clpadr100 \gaph\cellx8640 \pard\intbl\itap1\pardeftab720\sl360\partightenfactor0 \f0\fs24 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 <script type="text/javascript">\ var nend_params = \{"media":18670,"site":91775,"spot":223194,"type":2,"oriented":1\};\ </script>\ <script type="text/javascript" src="http://js1.nend.net/js/nendAdLoader.js"></script>\cell \pard\intbl\itap1\cell \pard\intbl\itap1\cell \lastrow\row}