悠々茶房ブログ

名古屋市東区にある中国茶カフェ・語学教室のブログ!教室イベントの記事、中国茶の記事、中国・アジア各国の文化も紹介します♪

中国茶と私

2016年09月28日 11時05分11秒 | 現中国語講師

今回は中国語担当で海南省海口出身の張 雅講師と遼寧省大連出身の趙 雅へい講師に、中国で生活していたときに中国茶とどのように関わっていたか、周囲の人はどのようであったかなどについて尋ね、語り合っていただきました。

Q:中国にいたとき、中国茶はよく飲みましたか?両親や友人はどうでしたか?

張:我が家では毎日夕食後に家族揃ってお茶を飲む習慣がありましたので、毛尖などの緑茶や鉄観音などの烏龍茶をよく飲みました。もともと両親がお茶を飲むのが好きであったので、私もその影響をうけてお茶を飲むようになったような気がします。私の友人の中にも紅茶や緑茶などを好んで飲む人は結構いましたが、どちらかと言えばコーヒーやコーラ、ジュースなどを好む人が多かったのではないかと思っています。

趙:私はお昼の休憩時間などにお菓子を食べながらお茶を飲むことが時々ありました。よく飲んだお茶はジャスミン茶や鉄観音などですが、夏になると麦茶もよく飲みました。私の友人も紅茶や緑茶を飲む人はいましたがどちらかと言えば少数派で、高校生になるとコーヒーなどを好んで飲む人も多く、ソフトドリンクを飲む人を含めるとお茶を好む人よりもずっと多かったのではないかと思います。中国でも私たちの年代はお茶好きは少ないのですが、両親の年代になるとお茶を飲むのが習慣になっている人が多く、祖父母もお茶好きでのんびりお茶を飲んでいた光景を目にしました。

Q:地域のなかではお茶は生活のなかでどんな役割を占めていましたか?

張:私の住んでいた海南島には「老爸茶(ラオバーチャー)」というお茶を楽しむ文化があります。これは道端の置かれたテーブルと椅子に友人たちと集まり、一日中お茶を飲んだり御菓子を食べたりして過ごす習慣をいいますが、ここではおしゃべりをする人もいればゲームをして楽しむ人もいました。ただ、多くの人がこのように昼間から集まって時間をのんびり過ごしているため、大陸の人からは怠け者であるという印象をうけてしまったという側面もありました。でも、海南島という島であるので、多分大陸とは時間の流れるスピードが異なるのだと思いますし、これが島のライフスタイルであったのではないかと思っています。私も父に連れられてこうした茶館を訪れたことがあるのですが、こうした場所はどうしても年配の人が多く集まる場所でもあったので、私のような若い年代の人は少なく時間が長く感じたという印象があります。ただ、最近ではこのような「老爸茶」の茶館が見直され、お茶ではなく美容や健康に良いドリンクをメニューに加えたり、現代的な店舗デザインやインテリアを採用する店も現れ、若者や女性にも人気になっていると聞いています。

趙:私の住んでいた遼寧省など中国北部地域はお茶の生産地ではないため、広東省や福建省、四川省などの南部地域などのお茶の生産地と比較するとお茶の文化はあまり根付いていません。南部地域ではお茶を飲んだり食事をしたりしながら友人や家族とのんびり過ごすことのできる茶館がたくさんあるのですが、北部地域には茶館もあまり多くはなく、こうした場所でお茶を飲んでのんびり過ごす習慣もあまりありません。ですから、私も茶館に行った記憶はほとんどありません。茶館では服務員の女性が中国茶をおいしく飲むための作法で烏龍茶などを淹れてくれるそうですが、私は烏龍茶をこのような作法で飲んだ経験もありません。

張:先ほどもお話したように海南島には茶館がたくさんあったので、そこに行ったことはあるのですが、私も烏龍茶を「工夫茶」という作法で淹れて飲んだ経験はありませんでした。ですから日本の中国茶の店で初めて烏龍茶を「工夫茶」という作法で淹れて飲むことを知りました。中国ではお茶は気軽に飲む飲み物というイメージがあり、簡単な淹れ方で飲んでいましたので、日本での飲み方を知って少し驚いたほどです。海南島はコーヒーの生産地でもあるので、コーヒーを出す喫茶店も数多くあるのですが、喫茶店のコーヒーの値段は結構高くコーヒーは高級な飲み物というイメージがあり、お茶の方が庶民的な飲み物であるという感覚はそうした理由もあるのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の故郷・海南島紹介

2016年09月18日 12時54分34秒 | 現中国語講師

今回は中国語担当の張 雅講師に、先生の出身地である海南島について紹介していただきます。

Q:海南島はどんな島なのか教えてください。

張:海南島は中国最南端に位置する島で、面積は3万平方キロを超える大きさのある島です。海南島の緯度はほぼハワイと同じなので、その大半は中国でも唯一熱帯気候に属します。平均気温は年間を通して22度~26度と年間を通して温暖であるため、マリンスポーツやゴルフなどをして過ごすことのできる中国随一のリゾート地として知られています。輝く太陽、白い砂浜、澄んだ空気、豊かな緑など美しい自然環境は特に自慢することのできる特色です。そのほか、島には温泉もたくさんありますし、パイナップル、マンゴー、ライチなどの熱帯で育つ果物は種類も豊富で、とても安いので思う存分に召し上がっていただきたいと思っています。このように「中国のハワイ」とも呼ばれている海南島ですが、年中温暖な気候のなかでも10月から4月にかけてが乾季にあたりますので、美しい青空と眩しい砂浜を満喫するのであればこの期間に訪れるのがベストであると思います。

Q:次に海南島の観光スポットを紹介してください。

張:白い砂浜や熱帯林などの自然を満喫したい方には「亜龍湾」や「三亜湾」「大東海」などがありますし、歴史的建築物や文化に関心のある方には「五公祠」や「南山寺」などがあります。また、温泉地でゆったり保養したい方には「西海岸温泉」「南田温泉」「九曲江温泉」などがあります。そのなかで私がおススメするのは、南山寺にある「南山会場観音像」です。この観音像は海南島南岸にあり、海岸にそびえたっています。この像は正面が三方向にあるのが特徴で、高さは108メートル、観音像としては世界で最も高いものですから、一度ご覧になっていただくとそのスケールに圧倒されるのではないかと思っています。お土産品を紹介しますと、海南島は中国有数の真珠の産地ですから真珠製品がそろっていますし、水晶や貝細工のアクセサリー品なども種類が豊富で人気がありますので、観光だけでなくショッピングも楽しんでいただくことができます。

Q:それでは最後に海南島の料理を紹介してください。

張:海南島は海の幸、山の幸が新鮮で豊富であることが特徴ですが、何と言っても海鮮料理は特に人気があります。海南島の四大料理として知られているのは、「文昌鶏」「和楽蟹」「東山羊=ヤギの料理」「嘉積鴨=アヒルの料理」です。このうち、「文昌鶏」はシンガポール料理として知られている「海南鶏飯」の原型であると言われている料理ですから、皆さんもよくご存知かもしれませんね。この四大料理は是非味わっていただきたい料理なのですが、このほかにもおススメ料理がありますので、写真を見ていただきながら紹介させていただきます。

上の写真は「海南粉」という料理です。これは具入り冷やし和え麺で、タレは醤油ベース、具は豚肉や野菜、揚げピーナッツ、ゴマなどが入ったもので、温暖な気候の海南島ではよく食べられる料理です。

次の写真は「清補涼」という夏バテ防止にぴったりの薬膳スイーツです。特に海南島の「清補涼」はココナッツミルクベースの冷たいおしるこタイプであることが特徴です。スープのなかにはナツメ、ピーナッツ、白玉団子、緑豆など10~20種類ほどの具が入っていますので、おししいだけでなく健康増進にも役立つと思います。

今まで海南島の魅力について紹介してきましたが、海南島はリゾートとしての施設が整っていますので、時間をゆっくりとって観光やショッピング、グルメを楽しんでいただいた後の時間は、日常を忘れてのんびり過ごしていただきたいと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インドネシア、ミャンマーの生活習慣

2016年09月08日 10時37分26秒 | 文化・生活習慣

 今回はインドネシア語担当のイッザ ディナルハック プラナタサリ講師とミャンマー語担当のマーナンシュイヌエ講師に、それぞれの国の生活習慣と日本の生活習慣がどんな点が異なるのかについて語っていただきました。

Q:生活習慣の違いについて気づいたことを教えてください。

イッザ:日本ではあいさつするときに握手することはあまりなく、お辞儀をすることがほとんどですが、インドネシアではあいさつのときには握手するのが習慣になっています。握手の仕方も決まりがあって、両方の手を自分の顔の前で合掌し、相手の合掌した手と軽く合わせ、その後右手をゆっくり自分の胸に当てるのが一般的です。

マーナンシュイヌエ:ミャンマーでもあいさつのときにお辞儀をすることはなく、タイのようにあいさつのときに合掌する習慣はありません。以前はミャンマーで握手をする習慣はあまりありませんでしたが、最近は外国人と接する機会も増えてきたため、握手することも珍しくはありませんし、相手が親しい人であるときは抱き合って背中をたたくこともあります。

Q:食事の習慣で違いはありませんか?

イッザ:日本では食事のときに箸を使うことが多いですが、インドネシアでは左手にフォーク、右手にスプーンを持って食べるのが一般的です。そのほか、一部の地域では手で食べる習慣も残っているので手で食べる人も結構います。というわけで、インドネシアでは箸を使うことはほとんどなく、まれに麺類を箸で食べる人がいる程度です。あと、食べる前に日本人は「いただきます」と言ってから食事を始める人が結構いますが、インドネシアにはそのような言葉はありません。ただ、宗教の祈りの言葉をささげた後で食事を始める人は結構いると思います。

マーナンシュイヌエ:ミャンマーでは以前は手で食べる人がほとんどでしたが、最近はフォークとスプーンを使用して食べる人が増えてきました。それでもミャンマー南部地域では今でも手で食べる人は多く、そのような地域ではレストランなどでも手で食べています。箸については麺類を食べるときに使用する人はいますが、麺類でもフォークやスプーンを使用して食べる人も多く、箸が主流と言うわけではありません。

イッザ:インドネシアでは会社や学校の始まる時間が早いため、朝早くから食事の店が営業をしていて外食する人も結構います。しかもこのような店の朝食は値段も安くて早く提供されるので、時間を急ぐ人にも便利です。インドネシアの朝食はナシゴレンやお粥、ミートボール、ラーメンなどです。また、日本人のなかには職場や学校に弁当を持っていく人もいますが、インドネシアにはそのような習慣がありません。 あと、インドネシア人は食事に白いご飯を欠かすことができないと考えている人も多く、三食ともにご飯を食べる人も結構います。

マーナンシュイヌエ:ミャンマーでも早起きする人は多く、朝からご飯を炊いて家で食事をする人が多いのですが、自分が食べる前にまず仏様にお供えするという習慣を守っている人が結構多くいます。朝食には麺類を食べる人が多く、ヤンゴンではモヒンガーが朝食の定番です。モヒンガーはナマズでだしをとったスープに麺を入れた料理です。私の住んでいたシャン地方ではシャンカウッスウェというヌードルをよく食べますが、これはモヒンガーよりもあっさりした味になります。またミャンマーでも朝早くから朝食の屋台が営業しているので、このような店を利用して外食する人も結構います。

Q:風呂の習慣について教えてください。

イッザ:インドネシアは暑い地域であるため、一日2回、朝と夕方にシャワーを浴びます。また、インドネシアの浴室にはバスタブがないのが一般的で、トイレと同じ部屋にあるので水浴びした後はトイレの床も濡れてしまいます。当然日本のようにバスタブで湯を沸かし、湯につかるという習慣もありません。日本での生活ではほとんどの家にはバスタブが設置されているのですが、日本には四季があって冬は冷えるので熱い湯につかって体を温めることを好む理由がわかるようになりました。

マーナンシュイヌエ:ミャンマーも暑い地域にあるため、日本のようにバスタブに湯をわかして風呂に入るという習慣はなく、ミャンマーの入浴は基本的に水浴びになります。都会では家にシャワーの施設を設置してシャワーを浴びるという家庭も増えていますが、全体的にはまだ水浴びが主流になっています。水浴びは家の庭にあるドラム缶に水をため、この水を利用して体を洗うのですが、このときに使用するのが「ロンジー」という布です。したがって、水浴びするときは裸ではなくこの「ロンジー」を巻いた状態でするのが大きな特徴です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイの学校教育

2016年08月28日 11時02分39秒 | タイ語講師

 8月14日に誕生日を迎えたタイ語担当のウィトゥーン シヤダー講師と8月23日に誕生日を迎えたオンアーターワン ニンネート講師の誕生日会をするため、先日タイ料理の店でランチ会を開催しました。

 

左側がシヤダー講師、右側がニンネート講師

そこで、今回は二人の講師にタイの学校教育について語り合っていただきました。

Q:タイの学校教育の概要を教えてください。

ニンネート:タイの学校制度は6・3・3・4制で、義務教育は6歳から15歳までの9年間です。義務教育段階の公立学校の授業料は無料ですが、教科書代、教材費、給食費は原則有料です。学校年度は5月中旬から3月中旬までで、学期は2学期制です。1学期は5月中旬から10月上旬、2学期は11月1日から3月中旬までです。夏休みは3月中旬から5月中旬までの約2ヶ月で、10月にも1ヶ月弱の休みがあります。

Q:小学校の授業ではどのような科目があり、どんな科目が得意、苦手でしたか?

シヤダー:小学校の授業では国語、算数、理科、社会、体育、芸術・音楽、技術、外国語(主に英語)を習います。英語はほとんどの学校で小学校1年生から授業があります。私の得意科目は算数と国語で苦手科目は理科のなかでも化学が特に苦手でした。

ニンネート:そのほかに、タイの学校では特別授業として仏教があるのが特徴です。私の得意科目は英語と社会で苦手科目は算数と体育でした。

Q:長期期間の休みのときには宿題はありましたか?

シヤダー:私の小学校では読書感想文のほか、英語や算数などの科目の学習帳がありましたが、その量はあまり多くないので、頑張れば2~3日で終わらせることができました。

ニンネート:私の小学校では宿題はほとんどありませんでした。作文や読書感想文などの報告はありましたが、国語や算数などの科目の学習帳はなかったように記憶しています。

Q:学校には給食制度はありましたか?

ニンネート:全国的に見ると小学校では給食のある学校とない学校があるようです。バンコクなどではほとんどの小学校で給食があると思いますが、中学校になると給食のない学校も多く、その場合は学校の売店で購入したり弁当持参したりしているようです。

シヤダー:私の場合は小学校も中学校も給食がありました。中学校は寮生活をしていましたので、昼食だけでなく朝食や夕食も学校の食堂で食べていました。

Q:学校の部活動は活発でしたか?

ニンネート:スポーツ系の部活は特に活発であったと思います。私は小学校のときに水泳、中学校では音楽バンドに参加していました。

シヤダー:私の小学校、中学校では部活動は自由参加でしたので、私の場合は部活動に参加しませんでした。

Q:学校の制服について教えてください。

ニンネート:小学校から大学まで公立、私立を問わず制服着用が義務づけられていました。小学校、中学校の男子は半袖シャツに黒色系の半ズボン、女子は白色ブラウスに黒色系スカートで、髪型も男子は坊主頭、女子はショートヘアでした。大学の制服はほぼ全国共通で、男子は白色の長袖シャツと黒色系ズボン、女子は白色ブラウスに黒色系スカートで、髪型は自由になりました。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国人観光客接客の心得

2016年08月18日 13時18分40秒 | 現中国語講師

悠々茶房語学教室では7月から新しく「中国語接客会話速習レッスン」が開講することになりましたが、今回は中国語担当の趙 雅へい講師と董 夏きん講師に、中国人観光客を接客するときの心得などについて語り合っていただきました。

Q:中国人観光客を接客するうえで、中国人の基本的な性格を知っておくことが大切であると思いますが、中国人の人はどんなことを好み、どんなことを嫌うのでしょうか?

趙:中国人は面子を大切にするといわれていますが、店員の人が中国人観光客に気をつけてほしいことがあるような場合、大勢の人の前で注意をされるようなことがあると、中国人は面子をなくすと感じてとても嫌います。ですから注意してほしいことがあるときは、そうしたことを理解して配慮しながら伝えれば問題は起こらないと思います。

董:あと日本人のお客さんと中国人のお客さんとの間で区別するような接客態度はとらない方が良いと思います。なぜなら、面子を傷つけられることを嫌うという話がありましたが、同時にプライドを傷つけるようなことも中国人は特に嫌う傾向があるからです。相手を見て態度が変わるというような接客をすることがないように、心がけてほしいと思います。

Q:それでは中国人の人はどんなものを好み、喜ばれるのでしょうか?

趙:中国人は小さいものよりは大きなもの、少ないものよりは多いもの、地味な色やデザインよりは鮮やかな色や派手なデザインを好む傾向があります。具体的に言いますと、中国の人は赤色や金色は好きな人が多いのです。いずれにしても良い印象を与えるものや、見栄えのするものは喜ばれると思います。そのほか、中国人は縁起の良いものを好む傾向があります。たとえば数字では「6」や「8」を好み「4」は嫌いますので、値段をつけるときに「6」や「8」を並べた金額、たとえば8888円などにすると喜ばれるかもしれません。また、中国人の人は贈り物をするときは奇数ではなく偶数で贈りますので、6個セットや8個セットの商品は喜ばれることでしょう。

董:一方、中国人観光客のなかには自分の好みで選ぶのではなく、日本らしい色やデザインを選んでお土産にしようと考える人もいますので、そのような人のためには落ち着いた色彩のものや、日本の伝統を感じるようなデザインのものも揃えておくことが必要であると思います。あと、中国人は縁起の悪いとされるものを贈り物として選ぶことはありません。たとえば、中国語で置時計を贈るという発音は「死人を看取る」という発音と近いので、置時計をプレゼントされることは嫌いますし、「傘」は「散る」という発音に近いので傘も贈り物には不向きであると言われています。ですから、こうした縁起の良いもの悪いものを知っておくと、品揃えのときの参考になるのではないかと思います。

Q:そのほかで心がけた方が良いことがあれば教えてください。

趙:日本の多くの商店では中国語が話せないという理由で、接客を中国人スタッフに任せているところがほとんどであるように思われます。一方、中国人観光客のなかには日本人と親しく接することや日本人の良質なサービスを受けることをもとめて日本に来る人も数多くいます。ですから、中国人観光客であるからといってすぐに中国人スタッフに任せてしまうのではなく、片言の中国語でもかまわないので一生懸命親しく接しようと言う姿を見せることによって中国人観光客に親しみを感じてもらうことができますし、ひいてはそれが日本に対する印象の良さにつながるのではないかと思います。

董:中国人は親しい関係を築くためには積極的にコミュニケーションをとることによって、お互いの距離感を縮めようと努力します。したがって、中国人観光客を接客するときも、笑顔を絶やさず積極的に話しかけることによってお互いの距離感は縮まり、相手に親近感を感じてもらうことができるようになるのだと思います。そして、そうしたことによって日本のサービスに対する満足感につながりますし、日本人の「おもてなし」の心が伝わるのではないかと思います。

趙:もちろん間違った表現をするとトラブルになるかもしれないので、困ったときには中国人スタッフに相談することは大切であると思いますが、自分は語学は苦手だからという気持ちで逃げないようにしてほしいと思うのです。「接客会話速習レッスン」では接客に必要なフレーズなども学んでいただきますが、私たちも皆さんのお手伝いができるように中国人の考え方や行動パターーン、習慣や社会ルールなども教えるように心がけたいと思っています。中国人観光客の接客を担当する方には異文化を理解することと正確な語学の学習をすることが欠かさないと思うので、皆さんも是非チャレンジしていただきたいと思っています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加