晴れ上がった空のように・・

日常の出来事や読んだ本の紹介

大きな鳥にさらわれないように

2017年05月10日 | 
大きな鳥にさらわれないように  川上弘美 著

人類滅亡・・いえ衰退の未来の世界をえがいたお話。
このSF感はファンタジーのようで近い将来を警告したようでちょっとそら恐ろしくなる。
でも、文章は美しい・・けれどはじめのうちは理解しにくい。

短編集だけれど、前作につながっており小説のうまさが憎い感じです。
工場で人間を製造するなんて想像もつかないような世界ですが・・
やはり女が強い。。男はどうなってるの?

無機質なようで叙情豊かで、不思議な世界観です。
返却が迫っていてゆっくり読めなかったので、今度じっくり再読したいです~


いつも・私のつたないblogを読んでくださっているHさんに感謝します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 365日の紙飛行機 - AKB48(フ... | トップ | 東京會舘とわたし 上・下巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事