ゆうゆうの教会便り

私の教会のこと、教会生活をボチボチと・・・・

「伝道」

2017-02-13 17:00:04 | 説教
2月12日(日)の礼拝説教 タイトルは「伝道」
テキストは「マタイによる福音書」28章16節~20節でした。





美竹教会では19日(日)に「伝道」をテーマに懇談会をいたします。
イエス様が私たちを伝道の業に押し出してくださっています。
私も、一人でも多くの方に神様の福音をお知らせしたい、神様のブドウの枝である
教会により多くの方が集いますようにといつも祈っています。
リー・ストロベルは、クリスチャンとなった彼の妻の基本的な人間性のかわる姿、
自信に満ちあふれた高潔な女性へと変わっていく様子に感動すらおぼえて、その変化の
原因を知りたいと思うようになり「ナザレのイエスは神の子か」を著しました。
洗礼を受けた後、クリスチャンとしての生活をする彼の大きな変化を見て五歳の娘のアリソンは
「ママ、神様がパパにしたことをアリソンにもしてほしいよ!」と彼の妻に言ったそうです。 
素晴らしい伝道の御業。
伝道を考えるとき、具体的な戦略?を練るのか、それとも日々の生活をクリスチャンとして
相応しいものにしてその姿で神のみ言葉を証しすればよいのでしょうか?

美竹教会のホームページです、クリックしてお訪ねください。
フェイスブックもご覧ください。


笹薮で地鳴きしていた<ウグイス>
ようやく姿を見せるようになりました、春近し。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ヘブライ人への手紙」より | トップ | 讃美歌225番 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。