ゆうゆうの教会便り

私の教会のこと、教会生活をボチボチと・・・・

「意外な王」

2016-09-14 20:25:45 | 説教
先々週9月4日(日)の主日礼拝説教です。
テキストは「サムエル記上」10章17節~24節 「マタイによる福音書」11章28節~30節
タイトルは「意外な王」でした。





「私たちは今、ここから、楽園にいることができます。神のように愛すること。神のように
人を助けること。神のように与えること。神のように仕えること。神と共にいる幸いとは、
このことなのです。」マザーテレサの言葉を実践するのは私のような信仰の弱い人間には
とても難しいです。
そして「君臨するよりも仕えるものとなられたキリストに倣って、愛し、助け、与え、奉仕する
ものへと召されている」このことを常に思いながら生活していくのも大変です。
「主に探し求められ、問い求められ、召されたものとして」生きることは苦しい時もあります。
でも、今日のこの命は主が神が与えてくださったものであることを思うなら、私たちはそのように
生きなくてはならない・・・・・・のでしょう。 アーメン。

美竹教会のホームページです、クリックしてお訪ねください。


夏の終わりの<アカボシゴマダラ> もう翅がボロボロです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「秋のお楽しみBBQ会」 ご案内 | トップ | 「天と地を結ぶ方」 »

コメントを投稿