ゆうゆうDAYS

好きなことをしなくちゃ。
どきどき、わくわく。
とびきりの笑顔を追いかけます。

やり抜く力

2017年04月30日 | 羽生結弦くん
こんばんはー。
ゆうゆうです。

初夏のような好天の日曜でした。

そうじ。(ほとんどルンバ様がする)
冬物のお洗濯。(クリーニング代節約)
買い出し。
めっちゃ久しぶりのヨガ。


合間に咲き誇る牡丹を見に
ご近所へ。

パープルに心惹かれる……

はあー。
今日は久しぶりにがんばれました。


ちょうど
あの世界選手権から一か月が過ぎました。





正直に書きますが。



ゆうゆうは

ヘルシンキ・ロス
一か月を過ごしてしまいました。


だって
あんなに
エモーショナル(話題のこの言葉を使ってみる)な時間
を過ごしたあと。


日常生活が
色褪せて感じられてしまい。

もう
あれ以上に
楽しいことが
ゆうゆうの人生に起こるのか?
もう、マックスかも?
(行けたことへの感謝をこの時点で見失ってますよね。あかんなぁ……)



仕事して。

家事して。

寝る。



仕事。

家事。

時々Yuzu。


寝る。



このルーティンに
喜びを見出すことが難しく感じられておりました。


寂寥感。


終わっちゃった感。


糸の切れた風船のようにふわふわしておりました。




あかんやーん!


ロスとか
言ってる場合じゃない。



先へ進まなければ。

生産性のない時間はもういやだ。

ちょっとだけ
気分が上向いてまいりました。


きっかけは
NHKの
【スーパープレゼンテーション】の動画でした。

この番組、すごいですよね。いつかオーサーコーチ出演されないかしら。
やり抜く力が成功の秘訣
動画こちらから

この回で
プレゼンテーションされてる
アンジェラ・リー・ダックワース さん(ワンピースがよくお似合いで素敵)の話の中に


やり抜く力とは 超長期目標に向けた 情熱や忍耐力で スタミナがあることでもあります やり抜く力は 明けても暮れても 自らの将来にこだわることです その週だけとか その月だけではなく 何年もの間 一生懸命に取組み その夢を 実現することです やり抜く力は 短距離走ではなく マラソンを走るように生きることです


はい。
まさに
このかたですよね。





結弦さんご自身にとって
ヘルシンキワールドは
勝ち得た一つの成功体験ではあるにしても
もう
過ぎ去った勝利なのかも知れないてすね。



なら。


レベルは違いすぎるけど

ゆうゆうも

ゆうゆうなりに

やり抜こう。


ぼちぼちいこか。



明日から5月。



家族や周囲への感謝を忘れないこと。
結弦さんを応援すること。
自分のスキルを上げること。

そして
最近興味が出てきた




旅をしながら
モノではない
何かを見つけていくことが
これからの
人生のひとつの目標になりそうな予感が
しています。


とりあえず。

すぐに挫ける

ラジオ英会話。

毎日聞こう。

※羽生さんの画像はお借りしたものもあります。

※最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

国別対抗戦エキシへレッツゴー

2017年04月23日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。

国別対抗戦、またまた結弦さんの魅力炸裂でしたね。

Yuzuコースターあり。
史上初あり。
ピンクリボンあり。
几帳面お片付けあり。
富士山あり。
第2の修造さんあり。
女子躍進あり。

神大会でしたね。

全てこの目で見させていただきましたとも。

ライストの画面ごしにね
テレビの画面、録画の映像を通してね!




しかーし。

ゆうゆうには
この楽しみが待っておりました。


国別対抗戦エキシ。
B席チケットが当たっておりました。


ヘルシンキへ行ったばかりなので
お泊まりは諦めて
日帰りプチプラ旅を決行しました。

今回は
スカイマーク【いま得プラン】利用して羽田へ着き
昼前に原宿駅に着きました。

結弦ファンのお友達と待ち合わせしました。

しかし。


人だらけ………。
さすが、東京。


お昼どきでしたが
あたりのお店はもう混雑してそう。

というわけで
明治神宮内の
軽食コーナーを利用することに。

空が青い。新緑が目にしみます。


関西ではお目にかからない【コロッケ蕎麦】を注文しました。ふやけたコロッケが
お蕎麦とからむ。ううむ。これがお江戸の味なのか。




結弦ファンのお友達は
TOIから親しくしていただいています。
彼女と話すときに流れる穏やかな時間。
なぜなんでしょう、このヒーリング感は。

短くても
年に一度だけでも
私にとって、かけがえのないひとときです。

ありがとうございます。



さあ。
いよいよ代々木第一体育館です。
ゆうゆうは初めて行きました。
ずん。

ずん。


ずずん。

近づくにつれて胸が高鳴ります。




中に入るとこんなコーナーも。


エキシは
とっても楽しいショーでした。
心に残ることがたくさんありました。


開場して席に着いたら
結弦さんの曲かけ練習だったこと。

どのスケーターもすばらしい演技だったこと。
(メドベちゃんのセーラームーンは最高潮に盛り上がりました。)

村上佳菜子選手の引退表明。
寂しいなあ。
(かなちゃんの笑顔、大好きでした。)


遠い二階席だったけど
だからこそ
第2部の間
入念にアップをする
ジャージYuzuがたまたま見え続けていたこと。
(ヒソヒソ声で中継したくなった)



そして
念願の
珠玉のスワン。


今日のスワンは
その羽根でお客さんを包み込むような
慈愛のスワンに見えました。

涙腺崩壊でした。


からの
クレージー。
最後に上を向いて何か結弦さんが呟かれていたのが見えました。プリンスさんへの言葉かしら。


この数週間続いてた
ハードな仕事も
このショーを見ることができたことで
すべて意味のある日々に変わりました。


また、頑張れそうです。

ありがとう、結弦さん。

ありがとう、選手の皆さん。

ありがとう、スタッフさん。


ありがとう、代々木。

ショーの後
若い(ゆうゆうより)お友達と待ち合わせて
二人でパンケーキのお店に行きました。



かなーり並びました。
帰りの新幹線の時間を気にしながら
パクパク食べました。

…ショーで改めて結弦さんの超絶細身を目の当たりにした直後
パンケーキ五枚を平らげてるYuzuファン。
ううむ……。



若いお友達とは
MOIでお知り合いになったのですが
お互いが観戦した試合のことや
来シーズンの予定とかを
おしゃべりできました。

Yuzuファンの方々って

ほんとにいい方ばかりです。
ありがとうございました。


パンケーキ五枚を完食し
お腹と心がいっぱいで帰りの新幹線に飛び乗りました。


これでシーズンも終わり。
結弦さんが笑顔で締めくくれて
本当に良かったです。

来シーズンも
さらに成長され、飛躍される結弦さんを
ゆうゆうなりに追い、
応援したいと思います。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

弓弦羽神社へお礼参り

2017年04月16日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。

今日は
仙台にYuzuスマイルが咲き誇ったようですね。
お天気も良かったようですね。
荒川さん、結弦さん、おめでとうございます。



さて。
今日は
ようやくここへ行けました。
神戸市の弓弦羽神社です。


昨年の
ボストン・ワールド。
逆転されての2位。


何だかたまらなくて
足を運んだ
弓弦羽神社。
花びらに思いを2016.4.3

記事を読み返して
改めて
一年前の思いが蘇ってきました。



あれから一年。



今日は
久しぶりに春らしいお天気。
※雲がスケート靴に見えるYuzuオタであります。

青空が気持ちよかったです。

昨年見事だった桜は
もう盛りを過ぎて散り初めていました。


桜の花びらのシャワーを浴びながら歩きました。

買い物袋を下げて
鳥居に面する道を歩いておられた
地元の方が
鳥居の前で足を止め、一礼されてから
神社から遠ざかられていたのが
心に残りました。

ほんとに地元の方に
昔から大切にされてる神社なのだろうと思います。



ゆうゆうも
一礼してから
鳥居をくぐりました。


咲き誇る花々が
【よかったね】

【おめでとう】

って
ささやいてくれてるような気持ちでした。



青空に
のぼりが映えますね。



弓弦羽の神様
本当に
ありがとうございます。

おかげさまで
ワールド奪還出来ました




これからもずっと
結弦さんを
どうかお守り下さいませ。




ゆっくり
心をこめて
お参りさせて頂きました。


本殿横の絵馬コーナー。

絵馬の中には
結弦さんの健康や勝利を願ったり

世界選手権の優勝をお祝いする内容のものも
たくさんありました。



ゆづ丸くんです。


仙台と神戸。


結弦さんを育んだ街と

結弦さんと縁のある街。
過去記事 神戸から東日本へ しあわせ運べるように


どちらの街も
今日は
初夏のような
爽やかな青空。


お参りに行けて 良かったです。


結弦さん晴れ男かしら?



国別対抗戦も
楽しみです。

(一週間、また頑張ろうっと。)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルシンキの夢

2017年04月10日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。


ワールド観戦記も最終です。
お読みいただいている方々、ありがとうございます。




仕事の都合で
エキシを見ずに帰る
ゆうゆうは
最終日に
ホテルをチェックアウトしてから
お友達と別れ(Mさん、本当にお世話になりました。ありがとうございます。 )


ヘルシンキの街で
お土産や
自分の思い出用に
すこしだけお買い物をしました。


寒い季節のフィギュア観戦旅で
スーツケースは既にかなり膨らんでたのですが
圧縮パックでダウンをぺったんこにして
お買い物に備えました。



定番のチョコレートは
S・マートで。



ホテルの部屋に置かれてて
美味しかった
リプトンシトラス味の緑茶ティーバッグ

これ、超美味しかった!
お値段も手頃だし
もっと買ってくれば良かった。
調べたけど残念ながら日本では売ってない。



ムーミンショップでは
給水ふきん。これもプチプラで軽い。





お昼前になったけど
この日は日曜で
かもめ食堂はお休み。


なので
カフェ・アアルトへ行って
ゆっくりコーヒーを飲んだりしていました。ガッチャマン……歌いたくなったけどがまんしました。



あと、マリメッコマリクルマ本店を
のぞいて
ちょこっとお買い物。

ヘルシンキなのに

最後に店員さんに
【アリガトウゴサイマシタ】って言われて
笑笑。



お買い物はこれでもう充分。


満足して
ホテルでスーツケースを引き取り
フィンエアーバスで
空港へ。


旅の最後に
やっぱり
シナモンロールを食べました。

セルフでシナモンロールを取り、
マグカップ(イッタラ!白かグレーを自分で選んで取れる)に自分でサーバーから注いで
お会計しました。


空港の免税店マリメッコで
家族に頼まれていたマグカップと
自分用に小さなカップ(Siirtolapuutarha )
を最後に購入しました。

これは機内に持ち込みました。



マリメッコ公式を調べたら
Siirtolapuutarha コーヒーカップのお値段より
ほんの少しだけリーズナブルでした。





毎日使ってます。



というわけで。

北欧の観戦旅は
とても実り多いものになりました。



唐突ですが

ゆうゆうは
【夢をかなえてドラえもん】の歌が
大好きです。動画こちらから
歌詞も曲も
とても良くできてると思います。

特に2番のこの部分。
やりたいこと
行きたい場所
見つけたら




迷わないで
靴をはいて
出かけよう





大丈夫さ
一人じゃない
僕がいるから





キラキラ輝く宝物探そうよ♪





スケオタ(Yuzuオタ)やってるけど

お金はかかるし、
行きたいところに全て行けるわけでもないし。
チケットなかなか手に入らないし。



でも
せっかく
働く大人をやってるんだから

限られた条件、マイルールの中でも
【靴をはいて出かける】ことは
幸せなことだなあと思います。


夢。


一人じゃない。





キラキラ輝く記憶こそが宝物。




平和。
健康。
友情。
理解。


いろいろな
【あたりまえ】でない 恵みに
心から感謝して

このつたない
ゆうゆうDAYSの
ワールド観戦シリーズの結びとさせていただきます。ありがとうございました。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルシンキで悲願達成

2017年04月09日 | 羽生結弦くん
こんにちは。
ゆうゆうです。


あの歴史的勝利から
一週間が過ぎました。






まだ
心の深いところが
ずーーっと温かいです。

改めて

結弦さん、
本当に良かった!
おめでとうございます。



信じていました。




あのフリーの日。
最終グループの6練の少し前

日本で応援されている
美しきYuzu友Kさん
ラインが繋がりました。






どんなに
ささやかなファンにも
言葉の力ってあるんですね。



あの日
会場に居合わせることが出来たことは
幸運でしたが


日本から
そして世界じゅうから


ワールドのタイトルを譲ってから二年間の
結弦さんの思いを見続けてきた
たくさんのファンの
結弦さんの幸せを願う【気】
あの日
アリーナに集結し
伝わったのだ(ドラゴンボール?)
ということを
しっかりと心に持っていたいと思います。


ワールド奪還は
ファンの悲願のひとつでもあったと
思います。

これからも
ご一緒に応援させてほしいと願います。







さて



フリーの翌朝。

結弦さんのことが載ってるであろう
新聞を探しに
中央駅へ行ってみました。


しかし、
めぼしいものは
もう売り切れていました。


がっかりしていたら
お友達が
宿泊してるホテルのレストランにあると教えてくれました。



あったーーー!

しかし、
持ち出しは禁止でした。
しかも、フィン語なので意味不明。

写メを撮っていたら
従業員の若い女性が通りかかったので
新聞を握りしめて

【What does it mean?】
と聞いたら
「なんたらかんたら、never seen フィギュアスケートショー」と、教えてくれました。(たぶん)


【 Very good? Great show?】
と確かめたら

笑顔で
【YES! Congratulation!】

と言ってくれました。(たぶん)
優しい……




結弦さんは日本の誇り。



新聞を買うことはできなかったけど満足でした。


しかーし!


帰りのファンエアーに乗り込んだら
なんと、この新聞が機内に
置いてありました。


なので
連れて帰ってきました。


ラッキーでした。

帰りの機内では
ほぼ寝ていましたが

行きと違って席が詰まってて
なかなかの狭さでした。

そこで
お隣に座っておられたかわいいお嬢さんに
少し話しかけてみました。

すると
結弦さんも好きだけど
中国のボーヤン選手の大ファンなのだと
教えてくれました。
彼を見るために中国やヘルシンキに
足を運ばれているそうでした。

今回
ボーヤン選手も素晴らしかった。

会場で
中国人のYuzuファンの方と
日本人のボーヤンファンであるその方が
盛り上がって
交流されたという
素晴らしいお話を聞かせて頂きました。




今回の旅では
相変わらず
英語はダメダメで
通じないながらも
言葉ってだいじだなぁと思うことがたくさんありました。


違う世代の方と日本語でお話しするときも
新しい発見がありました。



言葉って、すごい。


こうして
ブログに書くことが
いいのかどうかわかりませんが

書いているうちに
気持ちが落ちついてきます。

もう少し
旅の記憶を綴ろうと思います。


※お読み頂き、ありましたございました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加