ゆうゆうDAYS

好きなことをしなくちゃ。
どきどき、わくわく。
とびきりの笑顔を追いかけます。

久石譲 ジルベスターコンサート

2016年09月18日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。

羽生結弦選手の今シーズンのフリープログラム使用曲を手がけられてる
久石譲さん


素敵ですよね。

余談ですが
久石さんの
【譲】
と書いて【ゆずる】さんという知人がいます。
結弦さんと譲さん、
対談とかありそうですよね?(萬斎さんの時のように。)


さて、
フリーの曲が久石譲さんとわかった
9月14日の夜。



久石さんのコンサートを探してみたら
eplus
こんな情報がありました。



関西でこれからあるコンサートとしては
久石譲 ジルベスターコンサート 2016 in festivalhall



出演:指揮:久石譲
管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団
曲目・演目:久石譲 作曲
TRI-AD for Large Orchestra
View of Silence
Asian Dream Song

Symphonic Suite PRINCESS MONONOKE(「もののけ姫」より)  など



おおー。
YUZUファンのニーズを
完璧に
わかってらっしゃる選曲‼︎

行きたーい!
聴きたーい!
浸りたーい!



しかし。
12月31日って。
大晦日やーん!


あー。


いろんな【出にくい事情】が頭をぐるぐる。
一瞬ためらったけど。
YUZUスイッチが入ってるので止まらないゆうゆう。

まあ、当たらないだろうし、
当たったらその時考えよう

申し込んでしまいました。


昨日、先行の結果メールが来ました。


フィギュアの時には味わったことのない
第一希望S席当選でした。



おおー!
来ちゃいましたかー!


今年のしめくくりは
結弦さんのフリー曲を
久石譲さんの演奏を生で聴きながら
結弦さんの姿を妄想して終わるんだ。
これは一年前。


出にくい日ではあるけれど
大晦日にピアノとオケを
生で聴けるという贅沢。
それを
味わってもOKと
自分で思えるくらい
周囲に理解してもらえるくらい
仕事も、日々のルーティンワークも
こつこつと
まっすぐに頑張ってみようと思います。







この 久石譲 ジルベスターコンサート 2016 in festivalhall のチケットは
まだこれからも販売があるようです。
チケットぴあ ではまだ先行も間に合います。
YUZUファンの皆様、
会場でお出会いできたら嬉しいです。


※画像はあちこちからお借りしています。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

結弦さん新プロの音楽CD

2016年09月17日 | 羽生結弦くん
おはようございます。
ゆうゆうです。

昨夜、金曜の夜。
CDをレンタルして帰宅しました。


そう、
結弦さんの新プロ関連曲を
じっくり聴いてみたかったのです。

幸い、
SPの曲
プリンスさんの名盤
【THE VERY BEST OF PRINCE
ヴェリー・ベスト・オブ・プリンス】



フリーに使われる
久石譲さんの
【THE BEST COLLECTION】
(「View of Silence」が聴けます)


同じく久石譲さんの
『CURVED MUSIC II』
(「Asian Dream Song」が聴けます )


を借りることが出来ました。
ラッキーでした。






SP使用曲
プリンスさんの
"Let's Go Crazy"

YouTubeこちらから


もう、
これは
結弦史上最強にカッコいい
セクシードヤドヤ大人見せつけプロに
なることはほぼ間違いなさそう。
気が早いけど、
結弦さんの代表作になりそうな予感。


お衣装は
そりゃ、パープル、かな?
ひょっとしてテカテカ素材かも?


このSPは
平昌オリンピックへ持ち越しされるかも、との見方もありますね。






そして
フリー
【HOPE&LEGACY】



結弦さんは
これまで積み上げてきたものを集結してさらにレベルを上げると話されてましたね。


韓国開催の冬季オリンピック。


アジアンテイストを
ジャッジにアピールするのもあり
かも知れません。
Asian Dream Song
を聴きながら
ふと
そんな風に感じました。
YouTubeこちらから


深いタッチのピアノが奏でる
ちょっと
もののけ姫を思わせる主旋律。
印象的で覚えやすく
アジアの香りもします。




もう一つの曲、
View of SilenceYouTubeこちらから


こちらは
流れるような
ピアノの甘美でせつない旋律が
弦楽器と重なりあって
次第にスケール感を膨らませていく。

なんとなく
大自然の中を
疾走してたり、飛び上がったり、
湖畔で佇んだりしてる。

旅人、結弦。

そんなイメージでした。


お衣装のほうは
全くの予想ですが

セクシー全開(倒れる……)のSPとのギャップをねらって
清潔感全開。
得意の透明感キラキラ。

精霊、結弦。



……かなぁ。
水色〜グリーン系のお衣装の予感がします。
または白?



音楽にこめられたテーマを
結弦さんの演技でさらに豊かに表現する。

フィギュアの芸術性の新しい扉を
羽生さんが開けようとされている。


そんな期待に
わくわくが止まりません。

ゆうゆうのYUZUスイッチは
入ったままです。
プリンスと、久石譲さんの
他の曲も
レンタルしたCDで聴いてみようと思います。


※画像、動画をお借りしています。ありがとうございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

結弦スイッチ

2016年09月14日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。


このひとの笑顔に
惹きつけられます。

※[てれまさむね】の動画から
キャプチャーしました。



ああ。
このまっすぐなひとが
たぶん
この先もずっと好きです。



このひとの言葉は
どうして
こんなにも心に響くのだろう。

【自分が今までシーズン前にやってきたことで一個も後悔していることはない。前を向いてしっかりやりたい】




【入れるからには跳べなきゃ】



【五輪まで出る試合数は限られる。1つ1つ、丁寧に、しっかりやっていきたい】



まだ21歳と
ピカピカの若者でありながら


このひとにとっては

競技者としての未来は
《当たり前にやってくる限りない時間》
ではなく

《リミットがある貴重な時間》なのでしょうね。









今朝は
結弦さんから
有り余るエナジーを
いただきました。

スイッチオン!


一日中、
やけにバリッバリ働きましたとも。
(YUZUスイッチはすごい効果)

よく
【YUZUコースター】って言葉で
あなたとともに
シーズンの苦楽をともに味わうことを
例えるけれど。


今日の
練習公開は


ゆうゆうにとっては
【スイッチ】でした。



さらなる高みへ。





たぶん
この先
オリンピックが終わっても

あなたが
松岡修造さんくらいの年齢になられても


ずっと
好きでいると思います。



高みにのぼるあなたを

見続けることで


私の道も
前へ前へと
開けるような
気かします。

※画像はお借りしています。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加