ゆうゆうDAYS

好きなことをしなくちゃ。
どきどき、わくわく。
とびきりの笑顔を追いかけます。

羽生さんの新しい旅

2018年02月20日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
四年前、ソチオリンピックで
結弦さんの素晴らしさに開眼し
(いわゆるソチ堕ち)
以来、ずっと
結弦さんを応援し続けてきた
ゆうゆうです。

同じように
結弦さんを応援するお仲間にも出会え
時には大喜び
時にはハラハラドキドキ
時には心配や不安を振り払えず
時にはじっとこらえて待ち
待ち望み
そして
最高の喜びを味わいました。




今日
週明け。

出勤したら
同僚から
「おめでとう!」
「良かったねえ。」
「すごかった!感動したぁ!」
と声をかけてもらいました。





また
上司からは
「天にも昇る気持ちだろうなあ。」

と言われました。


ゆうゆう
「それがねえ……
なんだか、寂しいんですよ。
気がぬけてしまったのかなぁ。」


上司
「手の届かない人になったから?」



「うーん、
いえ、もともと手は1ミクロンも届いてないんで……,。
なんだろなぁ。
私の手を離れていった、って感じかなあ?」


こんな会話をしました。
ありがたき、よき職場です。



そう。
歴史的快挙、
羽生さんが金メダルを獲得され、
有頂天な気持ちから2日。



ゆうゆうの胸には
徐々に
寂しさがこみ上げてきて
気づけば
寂しさの湖から出られなくなっていました。



白鳥……←例えが良すぎ





な、なんなんだ。

なんで、こんな気持ち?


ゆうゆう、混乱。

そして考えました。


この切なさの原因は……。




足の怪我が完治していなく
痛み止めなしではジャンプが出来ない
という

羽生さんの足首の現状についての
発言に驚き、心配がまたつのり。


【ほんとのほんとの気持ちは
嫌われたくない
いろんなことをしゃべるほど嫌われるし、
書かれるし、うそみたいな記事も出てくるんだろうな】

という

羽生さんに浴びせられていた
心ない報道や
批判的意見に傷ついておられることを
ご自身で明かされたことへの

衝撃が主な原因だろうと
自分でも思っていました。




そして
今夜帰宅してからテレビやネットで見た
羽生さんのご様子から


この切なさの
原因が

わかりました!





それは





【慣れてない】だけ



だと。


これまでの四年間で
見続けてきた
貪欲で
課題大好きで
逆境に燃える結弦さん。


勝っても
どこかしらに成長の課題を見つけ
自分を奮い立たせる結弦さん。



そして

大願を成就され



清々しく
満足しておられる結弦さん。






その穏やかな輝き。
幸せ


この二文字に表れる
充足感。




そう、
Yuzuコースターは

終着駅【幸福】に
静かに
着いたのです。




四年間
激揺れコースターに
乗り続けたから

まだその景色に
ゆうゆうが慣れてないだけなんです。


なーんだ。
そうだったのか。


寂しさではなく
不慣れなだけ。



また
結弦さんの旅第2部
静かに始まるのでしょう。


そう気づいた瞬間
ゆうゆうの頭のスイッチが
くるっと切り替わりました。


それなら
今は
羽生さんと一緒に
勝利の喜びと達成感に
どっぷり浸ろう。





なんて、満ち足りた笑顔。




羽生さん、
ほんとうに良かった。

あなたの幸せが
ファンには一番のギフトなんです。

しあわせがぎっしり詰まったギフトを
胸に抱いて
ゆうゆうも

満ち足りて眠れそうです。

羽生さん、
心から
ありがとう。



※羽生さんの画像はお借りしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おめでとう。そしておめでとうの向こう側へ

2018年02月18日 | 羽生結弦くん
こんばんは。

ゆうゆうです。


いろんな感情がぐるぐると去来して
眠れません。


羽生さん、

オリンピック二連覇おめでとうございます。



四年間の不断の努力。
日常の積み重ね。
努力が実るとは限らないトップアスリートの世界で
勝利を取りにいって
ちゃんと勝ち取る。


つらいことがあっても
感謝と笑顔と前向き思考で乗り越える。

あなたのアスリートとしての偉大さを
演技で、発信する言葉で
世界に示してくれました。

あなたの願いが叶ったことが何より嬉しいです。




今日は
お友達の好意で

大阪グランフロントの

8Kパブリックビューイングで



昨日の
ショートプログラムと

あなたのフリー演技を見ることが出来ました。

※ この画面までは撮影OKでした。


さすが8Kの高画質。
音響も立体的、
カメラワークもおそらくテレビ放送とは違ってて、臨場感たっぷりでした。


第1グループから
きちんと全部の演技を見られました。


日の丸や
バナーも掲げて
手拍子もしながら
たくさんの同好の方々と
応援できて幸せでした。




羽生さんの
フリー【SE IME I】。


後半、苦しそうな表情に見えました。
『頑張れ!』
と声が出ました。


演技終了後の
荒ぶる表情からも
苦しかったことが伺えました。




ちゃんと結果が出て
本当に良かった。

悲願達成ですね。



結弦さん、
あなたに出会えて本当に良かった。

応援できる幸せを
ありがとうございます。



表彰式後の
テレビでのインタビューから

足の怪我の深刻さを知りました。

無理を承知で
弱音を吐かず

【今を貫く】
姿勢で連覇を勝ち取られたのですね。



【おめでとう】の向こう側にある

あなたの【選手生命】という
言葉に悄然としております。



とうぞこれからは
あなたの【未来】に橋を架けて下さい。

これから先に開くあなたの人生を。

スケートを楽しめる未来を。

ご自分の思う演技を追求できる未来を。






ちゃんと約束を果たしてくれてありがとう。
オリンピック金メダル行きの
フライト、あなたは名パイロットでした。




これからは
どうぞ治療に専念され
また、素晴らしい演技を見せてもらえる日がくることを
願っています。

エキシもワールドもアイスショーも無理しないで。

気長に待ちますね。
この笑顔を見せてもらえたんですもの。
何よりのファンへのご褒美てした。


YUZUファン共通の得意技は
【前を向いて待つ】
かも知れませんね。
M M M。トリプルM…(笑)


※羽生さんの画像はお借りしました。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

時は満ちた

2018年02月12日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。


4年前。

ほとんど結弦さんについて
予備知識もなく
ソチオリンピックを観て

じわじわとファンになりました。

あなたのスケート



あなたの表情



あなたの言葉






あなたの勝ち方




あなたの乗り越え方





全てに
心を揺さぶられ

惹きつけられ

共感して


励まされたからです。




何をしていても
心のどこかに
いつも
あなたのことがありました。



もちろん

いつもあなたが

心の優先順位の一位であったわけでは
ありません。




毎日の暮らしの中で



あなたのことを考えたり

情報を追ったりする時間や

熱量も


増えたり減ったりしていました。






そんなふうに

片隅で

そっと応援するひとりのファンにも


あなたは


ちゃんと心を届けてくれました。






羽生結弦さん





昨日の空港での会見。
歩き方、立ち姿。



会見での
明瞭で
配慮に満ちた言葉の紡ぎ方も



見事だなあと

改めて
誇らしい気持ちになりました。


あなたは

日本人の賢さ
美しさ
清潔感
前向きさを

全世界に発信されています。



あなたは

やはり

金メダルに一番ふさわしいと
思えます。





どうか
あなたと
あなたを支えられてきた方々が

積み重ねられた尊い時間が

蓄積されてきたエネルギーが

実りますように。




ただただ
祈ります。



現地へ行かれる方々


どうぞ

お気をつけて。


応援、よろしくお願い申し上げます。




※羽生さんの画像はお借りしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日常を愛おしむ。〜神戸オリエンタルホテルのアフタヌーンティー〜

2018年02月05日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。

寒いですね。
厳しい寒気の地方の方々
お見舞い申し上げます。



〈NHK19時のニュースより〉



いよいよ
2月になりました。


結弦さんは
オリンピック
SPからの登場とのこと。

【決戦は金曜日】ですね。


あと10日あまり。


祈る。
願う。
信じる。


思い切り滑ることができる喜びを
結弦さん自身が味わってくれることを。


このための4年間の【日常】の積み重ねが
ちゃんと身を結ぶこと。




先日発売された
家庭画報を買いました。



羽生さんの
姿勢の良さを一番に感じました。
(シャングリラホテルて
ソファの肘掛けに
ちょこんとお尻だけのせて
腕組みしてる結弦さんのお写真です。)




あと
文章で一番心に届いたのは

【五輪を二連覇するという目的があるからこそ、今の日常がある】

という結弦さん自身のメッセージでした。


結弦さんの選ぶ言葉は
いつも
ゆうゆうの心に
さざ波を起こします。


そのさざ波が
波紋のように広がって


少しだけ
新しいゆうゆうが
アップデートされる


ちょっと大袈裟だけど
そんな感じです。


その言葉を知らないときより

その言葉にふれたときの自分が


前に進めるような。


結弦さんの言葉にふれると
背筋を伸ばしたくなります。




ゆうゆうの
目的ってなんだろう。


ゆうゆうの
日常って
これでいいのかな。


そんなことを
すこし
振り返っております。


ささやかすぎる
日々の
暮らしを

ふと振り返る



そんな
2月の初めです。


休みを利用しての
金沢旅は
寒波や、交通網の乱れを予想して
事前にキャンセルしておりました。



いろいろ相談に乗って頂き
金沢のリアルタイムの様子などを
教えて下さった羽生さんファンのお友達には
ご心配をおかけしました。
みなさん、どうぞお気をつけて下さいね。



楽しみにしていた
金沢旅のかわりに
せめて
豊かな時間を


というわけで

お友達と
神戸オリエンタルホテルの
アフタヌーンティー

行ってきました。






窓からは
海も山も空も見られます。

神戸ならではですね。






上段は
ロールケーキ、アップルパイなどの小さくてかわいいスイーツ。


このマカロン!細かーい金箔が繊細にトッピングされているのです。
金箔。

金…………。




何をしていても考えてしまいます。



下段は
ミニハンバーガーや
クロワッサンサンドなどの軽食









途中からは
温かいスコーンがサーブされます。



どれも小ぶりなので
思ったほど満腹になりすぎず
ちょっと良かったです。



そして
いろいろな紅茶やフレーバーティを
ふんだんに味わえました。

ゆうゆうは
【オリエンタルティー】の甘めな香りが
気に入りました。



マンゴーやグアバジュースも。
濃厚。さわやか。


2時間
ゆっくりとおしゃべりできました。

仕上げにコーヒーを頂きました。

飲み物は五杯目でした。
アフタヌーンティーの前に温泉に寄っていたので、そんなにお腹チャポチャポにはならなかったです。


お店を出ると
夕方の神戸の海が見えました。



アフタヌーンティーは
豪華で優雅で
【非日常】なひとときでしたが





穏やかな時間を分かち合える
仲間に恵まれた【日常】を

無自覚にではなく

自分の【目的】に向かっていく
エネルギーにしたいと思います。



明後日の
NHKスペシャルが
とてつもなく楽しみです。



※お読みいただきありがとうございました。
いくつかの画像はお借りしました。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憧れの人に名前をおぼえてもらった記念日

2018年01月28日 | 羽生結弦くん
こんばんは。
ゆうゆうです。

ゆうゆうの二大憧れの人。
尊敬してる人。
スケーターの羽生結弦さんと
料理研究家の行正り香さん。


今日は
行正さんの英語レッスンでした。


ゆうゆうが
ダメダメな英語を勉強し始めた
きっかけをお話しします。



三年前、2015年の春。

結弦さんが世界選手権で
惜しくも二位だったときのこと。


ゆうゆうは
試合の後
偶然にもオーサーコーチとすれ違ったのです。

オーサーコーチは
上機嫌そうな微笑み(ハビとYuzuでワンツーでしたから)でゆったりされていました。

祝福の声かけをされてる
日本の方もいらっしゃいました。

なのに!


なのに!


ゆうゆうは

なーーーーーんにも話しかけられなかったのです。



………だって、英語が話せないから。





このまま
英語が話せない(聞けない)人生を送るのかと
諦めていたのですが


もうひとりの憧れの人
行正さんが
昨年の7月から
英語のレッスンを始められた 過去記事 憧れの人に会って来た のをきっかけに(1度だけでも行正さんにお出会いできたらそれでいい、と思って上京)

少しずつ
亀の歩みで
英語を学び始めました。



今日も
東京へ。
12月におやすみした分の振替でした。


今日は雲が多く、富士山は見られませんでした。




今日は
レッスンに来られてる方の数が
いつもより少なめでした。


そして
ゆうゆうは
心優しき行正さんに
【○○○さん(←苗字でなく名前)、発音良くなりましたねー!】
と声をかけて頂きました。

憧れの人。
本やネットや画面でしか見たことのない
その人に※行正り香さんの新著より。


お出会い出来、


その方の声をリアルで聞き。


その方からメールが届き。


ついに


名前を覚えてもらう。


信じられないこの展開。


幸せだーー!



しかし。
ふと思う。
これがもうひとりの憧れの人だったら………?
妄想-—。


いやいや。
夢すぎますから。




レッスンのあと
いつも通り
羽田空港へ。

第2ターミナルにいらっしゃいました。

平面パネルにするとほんとに細い……



今日は
【憧れの人に名前をおぼえてもらった記念日】なので

第2ターミナルにある
これまた憧れのお店、
千疋屋さん(関西には店舗ないんですよね。
関西の片隅に住むゆうゆうにとっては
お値段を含めてハードル高いお店です。)で


憧れのフルーツサンドを買って
イチゴのジュースとともに
イートインのテーブルで食べました。
さわやかな甘さ。パンは適度にしっとり。クリームなのにしつこくない。


素敵だからアップで。



あれ、間違えた。
失礼しました。
サンドイッチのアップでした。





イチゴのドリンクの美味しいことったら………。

大好きだーーーーー!



学びの道は遥かで
また
だめな自分に凹む日も来るんだろうけど


今日は
ANNIVERSARYなので
浮かれててもお許し下さいね。




……………………………………………………

さあ、2月が近づいてきました。


次のANNIVERSARYは

【4年間応援してきた憧れの人が
夢を叶えた記念日】




です。


それまで

祈って
信じて
(働いて)
待ちます。
羽田に凱旋帰国されるのはいつかなあ。
……せめてお出迎え行きたいなあ。平日だよね…すごい人だよね………。





※お読み頂き、ありがとうございました。
羽生さんの画像は一部お借りしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加