今日もパタパタママ・・・

ゆうき・げんきの育児日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

会いにきてくれた!

2016年04月15日 | 育児日記
最近声が聞こえ始めたと思ったら
今日、玄関で帰りを待ってくれてました。



お墓に来てくれた皆さん、
おうちに来てくれた皆さん、
チラッとでも思い出してくれた皆さん。

ありがとうございました。

Yちゃん、いつもお花をありがとう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弦 小学校卒業に寄せて。

2016年03月20日 | 育児日記
先日、弦が無事小学校を卒業しました。

快晴で4月のような暖かさ。
悠の時は雨だったなあと思い出しながら


悠の時から8年お世話になった小学校ともお別れです。

式の後、クラスの子達と大写真撮影会。
「写真撮るよー」
と弦に声をかけると
次から次へとみんな集まってきて、みんなで掛け声。

他のグループからも
「弦ちゃん、弦ちゃん!」
と呼ばれてあちこち移動。

先生も生徒に混じってみんなでワイワイ。

みんなとってもいい顔でした。

先生はクラスの子一人一人に手紙と写真をくれました。

弦季さんには周りの人を大切にする美しい心があります。
弦季さんはどんな人とも温かく接することができていました。

中略

弦季さんから人の悪口を聞いたり、他の人から弦季さんの悪口を聞いたことがありません。
心の美しいには安心して声をかけてくれます。多くの人が寄ってきてくれます。
助けてくれます。
中学でのさらなる成長を楽しみにしています。




何よりも嬉しい言葉でした。
そして、お兄ちゃんから受け継いでる人に優しい心を、私もこれからもっともっと育てていきたいと思いました。

弦、2学期以降は辛い日もあったけど、たくさんの友達に囲まれて生き生きとした笑顔で卒業できたこと。

全てきみの頑張った証だね。

ありがとう。
きみのこと、ほんとに誇りに思うよ。
本当にありがとう。
そして
卒業おめでとう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年3月

2016年03月15日 | 育児日記


ありがとうの日。

もう7ヶ月も話をしていない。
これからどんどん話をしてない期間が延びていくんだな。

3月は次から次へとイベントがあってついていくのに必死です…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12歳!

2016年03月13日 | 育児日記
3/10 弦 12歳のお誕生日でした!

マンゴー大好きなので、

「マンゴーケーキがいい!」

とここ何年か要望があったんだけど、近くのケーキ屋さんではこの時期はないってことで諦めてもらってたんですが…



ネットで注文。
アイスケーキ。
便利な世の中になりましたね。

夕ご飯は、これまた
「食べたい、食べたい」
といつも言ってる鰻。

プレゼントはSTAR WARS ミレニアムファルコンのプラモ。
これもずっと欲しがってたものなので大喜びで抱きついてきました。

きっときっとお兄ちゃんもお祝いにきてたと思うよ。

いつも弦のこと見守っていると思うよ。

弦、お誕生日おめでとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安心してください(^^)

2016年02月27日 | 育児日記
なんとかやってますよ。

今月から仕事もほぼ完全復帰しました。

仕事を始めればやることも増える。

やることが増えれば悲しんでる時間は少なくなる。

行動範囲も広がったし

ごはんもちゃんと食べられる。

弦とふざけて笑うこともできる。

中学の説明会も行ったし
学生服も採寸しに行った。

一見、以前のような生活が戻ってきたきたよう。
そこに悠がいないだけ。

悠季がいない。

その事実はどうしても変えられなくて
だから、どんなに以前と同じ生活をしているようでも、決して以前と同じではないんだ。

どんなに笑っている時でも
頑張って仕事してる時でも
おいしいもの食べてる時でも

頭の片隅ではいつも悠季のことを思ってて、
いつでも涙がスタンバイしてて、
会いたい会いたいって気持ちが爆発するのを待ってる。

みんなにいっぱい心配してもらって

ブログに書くことでいつまでも心配させちゃうと思うと書けなくなって

でもずっと書いてないことでまた心配かけちゃって。

でも、なんとかやってるので
これからも書いたり書かなかったりだと思うけど

安心してくださいね。

ありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の日のドライブ

2016年01月29日 | 育児日記

ちょうど1年くらい前かな。
冬晴れの日曜日。

少し前に「秘密のケンミンショー」で見た「くずシャリシャリ」という葛菓子が気になって、少し離れた町まで買いに行こうと張り切っていた。

まあくんと弦はそれぞれ出かけていて、悠季がたまたま家にいたのでドライブに誘い出した。

中学になって部活が始まってからは、休日に家族で出かけることがめっきり減ってしまって、悠季と出かけるのは部活の遠征やピアノなんかの送迎の時くらい。

だから私はちょっとウキウキしていた。
途中で電気屋さんに寄って、英語で使うCDラジカセを買った。
一緒に選びたいのに、悠季はどんどんゲーム売り場に行っちゃって、ひとり寂しくあれこれ選んでいた。
でも、最終的に悠季も一緒に選んで買ったんだよね。

そして目的のくずシャリシャリのお店に向かう。
悠季は助手席でいつものようにカーナビをチョビチョビ触っていたと思う。

車の狭い空間は、家族の距離をぐーーんと縮める。
お互い向き合ってない分言い易いのか
普段、話さないようなことも話してくれたりする。

小さい頃SLを見によく来た国道を抜け、山道をぐーんと上って行くとお茶畑が広がっている。
いつかはお茶摘み体験もしたっけ。
お茶畑と青い空しかない中をまっすぐ走る


カーナビを頼りに山道を下っていく。

JRの線路沿いに走っていくと駅が見えた。
お店は駅前にあるって。
あ、ここだ。

そんなに大きくもなく小さくもない和菓子屋さん。
駐車場に車を停めて、お店に入るドアのところで貼紙を見つけた。

「くずシャリシャリは只今予約での販売のみとなっており、店頭での販売はしておりません」

ええええええーーーーー

どうやらTVで放送されてから注文が殺到して製造が追いついていないらしい。

「あらら。がっかりだね。」

でも折角来たので、お店の中を物色してどら焼きを買って帰ることにした。

何種類もの生どら焼きはこのお店のもう一つの名物らしかった。

弦にはフルーツ
お父さんには生クリーム
ばーばには和栗だったかな。

悠季は栗と抹茶ですごーく悩んでいたよね。
結局どっちにしたんだっけ?

葛シャリシャリは残念だったけど、またリベンジで来ようね

って言ってたのに。

帰り道。
どこかに寄って、お茶ソフトクリームでも食べて帰ろうかって言ったけど、きみは

「コンビニのアイスでいいよ」

って言うから、コンビニでアイスを買った。
車の中で食べる時は、「クーリッシュ」って決めてた悠季が助手席でおいしそうに食べてたのを思い出すよ。

あの冬のドライブ。

どんな話をしたのか
そもそもそんなに話をしたのか
全然覚えてないのが残念だけど、でもあの日2人で過ごしたあの雰囲気を忘れることはないと思う。

近々、リベンジしにあのお店に行ってみようかな。
悠季と走った道を思い出して。
きっと隣に乗っていると思うから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年

2016年01月12日 | 育児日記
久しぶりの更新になってしまいました。

悠季がいた2015年が終わり
悠季のいない2016年が始まりました。

世間の華やぎに気持ちがついていかなかった年末年始が過ぎ
ホッとしたのもつかの間
弦が「中学説明会のお知らせ」と「在学兄姉調べ」の用紙をもらってきました。

遂にきたか…

今年あるいろんなことを思うと

大丈夫?私…

とにかく1つ1つやり過ごしていくしかありません。

弦季のことを第一に考えていきたい。

なかなか更新ができないかもしれませんが、なんとかやっているのでご心配なく!

ただ、
新年だから前向きなことを書こう
というのはまだまだ無理な話でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しかったね

2015年12月20日 | 育児日記
今、また電話くれたね。
いつもの無言電話…

「STAR WARS楽しかったよ」

ってメッセージかな?
お母さんも一緒に見れて楽しかったよ。





ほんとに連れてっちゃった(#^.^#)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のフェスティバル

2015年12月19日 | 育児日記
今日は1年に1度のヤマハのフェスティバル発表会。

ピアノじゃなくてエレクトーンでアンサンブルでの演奏。

幼児科の時の可愛らしい歌とダンスから始まって、2年生からは楽器になって、年々レベルの高い曲になって成長を感じることのできるコンサート。

6年で情熱大陸やった時はソロもあったりして、ワクワクしたなあ。

今年はみんなで順番にスタンドしてソロやるって聞いて、ますます楽しみだった。
曲は「GET AWAY」
7月に楽譜が配布されたばかりだったから、悠季が練習してるのはあまり記憶にないけど…

悠季が演奏できなくなったから、悠季のパートを他の子に弾いてもらわなくちゃいけなくなって迷惑かけちゃった。

今日、本番。
先日、先生がチケットとプログラムを持ってきてくれた。
グループレッスンのクラスの子達がメッセージを書いてくれてあった。

「一緒に弾こうね」

お通夜の時、先生がパート譜を持ってきてくれて

「棺に入れて下さい」

って言ったから、空まで宿題持っていったんだ。
お空で練習できたかな?

「みんなで心をこめて、一緒に演奏してるつもりでやるので是非来てください」

って言ってくれた。

ここ何日か、行けるのかずっと自問自答していた。
行きたい、聞きたいという気持ち。
そして先生の気持ちも受け止めたい。

でも、フェスティバルにはあまりにも思い出が多すぎる。
思い入れが強すぎる。
一緒に演奏してるとこを想像してみても、実際に姿がないのをこの目で見るのは辛すぎる。
悔しい。悔しい。悔しい。
見たかったのに!
聞きたかったのに!

だから、やっぱり先生に折角ですが行けませんって伝えた。
昨夜はフェスティバルのこといっぱい思い出して、いっぱい泣いた。

今日の朝、9:00にホール入りで忙しいのに、先生はうちに寄ってくれた。

「頑張ってくるよ」

って悠季に言って、

「お母さんの気持ちはもちろんです。私でさえ全然進めてなくて…。」

って言うから朝から二人で号泣しちゃった。

夕方17:33
悠季の出番の時間には写真の前に楽譜を置いて、you tubeで曲を流した。

きっと悠季はステージにいたね。
みんなと演奏してたね。

先生が言ってた。
レッスンの時、未だに悠季が座ってたエレクトーンはみんな空けてくれてあるって。
1番前が空いちゃうから不自然なのに、悠季の席だからって。

7月。
保護者参観月間のお知らせが来たから、はりきって見に行った。
でも中2にもなって見にくるお母さん、他にいなかったんだよね。
恥ずかしいなーと思いつつ、グループレッスンの様子が見れてすごく嬉しかった。

先生は翌週悠季に

「お母さんいてどうだった?」

ってからかって聞いたら

「嬉しかった」

って答えたって…

ああ、もうエンディングの「ふるさと」(嵐の方ね)を歌ってる頃だ。

またイベントがひとつ終わった。
悠季がいないのにね。
今年のフェスティバルは全く違う意味で心に残るものになりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよだよ

2015年12月18日 | 育児日記
12月18日
STAR WARS フォースの覚醒 公開。

1年以上前からずっと楽しみにしてたよね。

STAR WARSにはまったのは、TDLのスター ツアーズがきっかけ。
何通りかのストーリーの組み合わせを制覇するために7回連続で乗ったんだよね。

その後家で6シリーズを見て、すっかりファンになったあなたたち。

GW
六本木ヒルズのSTAR WARS展に行ったね。
部活がない唯一の日が5月4日
May the force be with you.
STAR WARSの日だった。

朝1番の新幹線に乗って
長い行列に並んで
あなたの弟は、はりきってハロウィンの時使ったアナキンのコスプレしちゃってさ。
どこかのTV局にインタビューされちゃって。
そんな弟を笑いながら見てたっけ。

久しぶりに家族揃って写真撮ったね。

屋上ではダースベーダーと戦ったね。

展示物をゆっくりじっくり見てまわったね。

グッズを販売するお店は人でいっぱい。
遠慮がちなあなたは、なかなか目的のものに近づけなくて

「買うものきまった?」

「まだ」

「もうそろそろ行くよ」

「えーまだ。待って待って」

ものすごーーーーく長い時間グッズを吟味して

次に私が見に行ったら
ニコニコしながら限定販売のイウオークのぬいぐるみを抱えてた。



「そ、それ買うの?」

「俺、限定品に弱いんだよねー」

って。
他にもシルバーのブックマーク。さすが本好き。

ストームトルーパーのプラモ。

「こんなに買えるの?」

「うん。大丈夫。」

普段からよく言えば倹約家、悪く言えばケチでお小遣いを貯めこんでいたあなたは、ここぞという時に豪快に使うのね。

ご満悦なあなた。

夕方、六本木ヒルズアリーナでSTAR WARSの曲のコンサート聞いたね。

曲も大好きで車の中ではいつもサントラ聞いてたから、生の演奏はとても嬉しそうだった。

家族揃ってのお出かけは、これが最後になっちゃった。

完璧な日だったよ。

こんなことになって、病院で看護師さんに

「ベッドにお気に入りのもの置いてもいいですよ」

って言われて、イウオークを持ってきてもらった。
最期の時まで一緒にいたね。

週末、イウオーク連れて、映画観に行ってくるよ。
ちゃんとついてきてよ。
一緒に観ようね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

将来の夢

2015年12月16日 | 育児日記
弦が、学校で「将来の自分」のフィギュアを作ってきました。



ディズニーシーのキャストです。
海底2万マイルのアトラクションのコスチューム。

3年前から揺るがないなあ。

ディズニーでバイトしたいから千葉か東京の大学に行くそうです。

早くバイトしてる弦を見に行きたいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとうの日

2015年12月15日 | 育児日記
毎月15日
ありがとうの日。

皆さん、お心遣いありがとうございました。

そして悠季、弦季、

お母さんの息子でいてくれてありがとう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノコンサートに行った

2015年12月14日 | 育児日記
ミュージコに牛田智大くんのピアノコンサートに行ってきました。

ほんとは、悠季と一緒に行こうと思ってたコンサート。

ショパンを弾き始めた悠季に、

男でピアノ弾くのは…って言ってた時がある悠季に

聞いてほしかったから。

6月。
私の親友のAちゃんとクラリネットのコンサートに行った時
「牛田くんのコンサートに悠季と一緒に行こうと思ってるんだ。でも部活があったらきっと部活優先で断られるだろうけどね」
って話をした。

悠季がいなくなって、コンサートもどうでもよくなっちゃって、10月にチケット発売になっても買いに行くことはなかった。

でもAちゃんが私の言ったこと覚えててくれて、

「行くなら一緒に行くよ」

って声をかけてくれた。

どうしよう。

あのホールには思い出が多すぎる。
小1から中1まで7年連続で出場したピアノマラソン。
でんじろう先生や金谷先生の講演もそこだった。
ピアノの発表会も何回かやった場所。

でもね、今日、行ってきたよ。
大丈夫。
泣かなかった。

牛田くんが白いシャツに黒のベストで登場した時は、悠季の姿がダブった

悠季も立ったあのステージ

生のピアノの音色は次から次へと悠季のことを思い出させた

牛田くんの音色はそれは美しくて
技術は凄くて
和音の響きはオーケストラのようだった

不思議なことに、ほとんど満席だったのに私の隣の席が一つだけ空いていた。

これは悠季の席だ
悠季も聞きに来たんだね
そう思って時々悠季の反応を探りながら牛田くんのピアノに引き込まれていったよ。

コンサートの帰り道。

雨が上がった空に虹を見つけた。

やっぱりきみは来てたんだね。

虹は「そうだよ」って悠季のサインだね。

一緒に行けて幸せだったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐクリスマス

2015年12月14日 | 育児日記
いつもの年と同じように
クリスマスツリーを飾りました。



家を建てた時に買ったツリーは2mもある徳大サイズ。
きみたちが生まれる前からこの家にあるんだよね。

ツリーはずっとあなたたちの成長と共にあった。


子供部屋のクロゼット高い位置から下ろすのを手伝ってくれたのはあなただったね。

いつも張り切って飾ってくれてたね。

小さい頃は届くところが限られてたからオーナメントが一箇所集中してたことも

「もっと飾りを増やそうよ」
っていって探しに行ったことも

1番上の星は届かないから、飾らせてもらえなかったことも

全部ツリーは知ってるね。

毎年、毎年、ツリーの前で笑顔で映る写真。

1人から2人に。
お友達と一緒に。

今年も例年通りツリーを飾ったよ。
ツリーは

「あれ?」
ってあなたがいないことに気づいて驚いたかもしれない。

でもきっとあなたは天使のお友達を連れてくるでしょ?

だから、これからもずっと飾っていくよ。
あなたがいた時と同じように飾っていくよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パイナップル

2015年12月11日 | 育児日記
夏休みだったから、悠と弦は日~月と私の実家にお泊まり。

仕事がえりにお迎えに行って、
家へ向かう車の中では、サンマルクに行って何を食べたかをあなたたちは競って教えてくれたっけ。

月曜日は1階でばーばと一緒にご飯を食べる日。

急いで支度して1階に運ぶ。
悠はソファーに座ってじーじからもらった臨時収入を嬉しそうにお小遣い帳に記入していた。

「運ぶの手伝ってよー」
って文句をいう私。
「小遣い帳書けって言ったのおかーさんじゃん!」
ってブツブツ言う声が聞こえる。

夕食を食べ終わるといつものように
「あーうまかったあ。これまた作って!」
って嬉しいことを言ってくれる。

その日は、ばーばがカットパインを買ってきてくれてあった。

弦が
「これスムージーみたくしたい」
って言い出した。
ばーばがミキサーを出してきて
パイナップルや牛乳、バナナなんかを入れてミックスミックス。

悠は
「もっとパイナップルを入れろ!」
とか相変わらず口だけ出してる。

2階にあったバニラアイスも持ってきて、もうなんでもミックス。

みんなでちょっとずつ味見しながら、配合を変えたりして3種類作った。

結局それはその場で食べず、製氷機に入れて凍らせて次の日に食べることにした。

2階に上がりながら、悠に
「どれが1番おいしいかなあ」
って聞いたら
「アイス入れたのじゃない?」
って言ってたね。

ねえ、あれ食べずに逝っちゃったね。
お母さんもあれ食べれなかったよ。

今、うちにお供えに頂いたパイナップルがある。
もう食べ頃だろうから切らなくちゃいけないけど、パイナップル見ると、あの夜のなんとも幸せな時間を思い出しちゃって切れないでいる。

それとも悠は待ってるかな。
結局食べれなかったパイナップルを食べたいって。
早く切ってよって。
待ってるかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加