みっく・じゃがの「ひとりごと日記」

日々思うこと、考えること、時には写真も

私は腱鞘炎で猫はワクチン接種

2017-06-20 13:58:34 | 日記

腱鞘炎に苦しむ私の治療は、すわっ!手術か?と思っていたら

医師の指導と私の努力により、回復の兆しがあります。

どんなことをすると腱鞘炎に見舞われるのかわかりませんが、

私の場合は何十年にも及ぶ『織りの仕事』によるものだと診断されています。

部位は手の親指第二関節ですが、右利きのため、左手に無理がかかってきたのか

左手だけです。

ちなみに、右手中指は第二関節が、いわゆる『ばね指』と思われ、

これも腱鞘炎がこじれるとなる症状だそうです。

周りの方々の「ばね指だけど・・・」というお話は散々聞きましたが、

この『ばね指』も腱鞘炎だそうです。

痛みがないので、軽く考えている人がいれば、こういうことなのですよ。

 

医師に「こんなにひどい症状は久しぶりです」と言われるくらいですが、

毎週1回左手親指の第二関節に直接注射をしてきました。

この注射は言葉で表現できないほど痛いもので、この1か月、よく我慢したと

我ながら感心しています。

そのうえ、毎日お風呂に入ったとき熱いお湯の中で右手で左手親指を曲げました。

100回曲げてから第二関節を50回さすります。

そして日常は痛みが出ると痛み止めの薬を塗りつけます。

これを1か月してきて、

昨日、医師から「これで注射は休みましょう。お湯の中でやっていることは

毎日続けてください。またひどくなってきたら考えましょう」

と言われました。

これからもお湯の中で私のすることは終わらないし、実際に、まだ痛みがありますし、

完全に治ったわけではないのですが、とりあえず、手術は回避できました。

まだ固い左手親指の付け根は、油断するとまた元に戻ってしまうかもしれません。

もし、腱鞘炎で悩んでいる人がいたら、お湯の中でマッサージするといい方向に向かう、

ということをお知らせしたいです。

 

そして、毎日向かっていた織り機には、1週間に2回と決めていました。

そのせいで、細い糸を使った現在の織りがなかなか進まず、いつ織り上がるのか、

絶望的になりながら織っていましたが、終わりが近くなりました。

            織っている側

 

  織り終わりの側

  白い『はたくさ』までですから、あと1mくらいで織りあがります。

 

前回にも載せましたが、この間 猫のKUUが心配げに見守ってくれました。

心配げというにはあまりに人間ぽい表現です。

最近、作業部屋を開放しています。あんなに締めきっていたのに、

今は開けっ放しなので、猫も自由に入ってきています。

いざ開放してみると、そんなに滅茶苦茶ないたずらもせず、おとなしく私を見つめています。

私が週2の間隔でしか 織り機に向かわないので、「ニャ~」と呼んでは

私を織り機に向かわせようと先導して走ります。

その様子が可愛くて、可愛くて。

 

そのKUUが1年前に我が家にきて、ちょうど1年と1か月経ちました。

本日は1年ぶりのワクチン接種の日でした。

家ではあんなにお転婆なのに、おとなしく病院に行き、おとなしく注射を受けました。

大人になったものです。

久しぶりに写真を撮りました。

 

写真はイヤだって言ってるのにぃぃ

 

イヤ!イヤよ!

 

もう、しょうがないか、これでいい?

 

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆっくりと織り機に向かって... | トップ | 殺処分の猫 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心配してました (茉那)
2017-06-20 15:24:10
手術しなくてすんだそうで本当によかったですね。
みっくさんの努力のたまものです。

織も美しく仕上がってきているようで何よりです。出来上がりを見せていただくのを楽しみにしています。
なんだか見透かされそう! (RIN)
2017-06-20 16:15:32
やっぱりおなか辺りがキレイです!
目は こちらの心の奥底まで見てますね!

もう 13カ月ですか! はやい、、
KUUちゃん可愛い~~!! (TANAKA)
2017-06-20 19:33:26
こんにちは。お久しぶりです。
バネ指は私も2年経ってようやく治りかけています。
私の生徒さん達も還暦を過ぎた方は、
殆どと言って良いほど、バネ指になるようです。
ほっといてもいつか治るようですが、
織りをするのにはそうも言ってられないですね。
治りつつあるようですので、とりあえず良かったです。
もう少しですね。無理は厳禁です。
開き直ってゆっくり頑張って頂きたいです。
茉那さま (みっく・じゃが)
2017-06-20 22:19:20
ご心配おかけしています。
この状態で行けば手術しなくていいようですが、
「またおかしくなれば考えます」と脅されています。
もうすぐ織り上がると思います。
感想を聞かせてくださいね。
RINさま (みっく・じゃが)
2017-06-20 22:25:05
いつもありがとうございます。
最後は諦めて写させてくれました。
ベンガルの成猫のメスは6キロくらいと言われていましたが、
KUUはいまだ3.4キロです。
1歳から変わらないので、これで定着するかと思っていましたが、
医師の話では個体差があるとのこと、小ぶりの美猫です(笑)。
3月20日生まれなので1歳と3ヵ月になりました。
TANAKAさま (みっく・じゃが)
2017-06-20 22:28:06
こちらこそご無沙汰しています。
ばね指はほっといても治るんですか?

腱鞘炎とつながりがあるっていうこと、初めて知りました。
歳はとりたくはないですね。
KUUちゃん! (林檎)
2017-06-20 22:34:06
みっくさん、こんにちは~

ご無沙汰してます。

酷い腱鞘炎なんですね。
手にする注射は、悲鳴を上げるほどの痛さです。
以前、左中指の付け根にガングリオンが出来て、太い注射器を刺して中のゼリー状のものを吸い出したことがあります。
ものすごく痛く、大きな悲鳴を上げました。
今現在は、みっくさんと同じく左親指ですが、第一関節に針を刺したような痛みがあります。
骨のかけらがあり、いたずらするようです。
注射は嫌いなのでお断りしてます。
お風呂で教えて頂いたようにやってみます。

KUUちゃん、一年ですか~、早いなぁ。
大きくなりましたね。
すっかり女性らしくおしとやかに見えます。

一年に一回はワクチンなんですよね。
家から出さないのに必要ないと思うのですが、ハナもやってます。

みっくさん、お大事になさってください。
林檎さま (みっく・じゃが)
2017-06-20 23:08:31
こちらこそご無沙汰しています。
なんか、毎日痛くて、ご無沙汰ばかりなんです。

注射は痛いんですが、この痛みが軽減するならと、我慢して打ち続けました。
ひとまず、休もうと言われてホッとしています。

KUUは大人になりました。
でも女性らしいどころか、相変わらずのお転婆で、
夜は大騒ぎで走って回り、プイっと姿を消します。
まるで忍者みたいと言っているんですが、
翌朝、どこからか現れるので、私たちもほおっておきます。
遅ればせ (やっほ)
2017-06-21 12:43:41
「牛歩織り」
地道に、完成のあかつきは一番思い出深いものになるのでしょうね。

最近国会でも投票時間を設定されて、オーバーしたものは無効にされるみたいですね。
これは余談でした |д゚)

マッサージ治療を毎日続けるのは、大変な忍耐ですよね。
必ず完治する保障がほしいものですね。
曖昧な医療は何とかして欲しいものです。
って文句を言っても仕方がないですね。

やっほさま (みっく・じゃが)
2017-06-21 16:22:07
牛歩織り  
なるほどいいことをおっしゃいますね。
まさに!
織りをすることを止めるように言われているので、
いずれにしても記念するべき作品になりそうです。

確かに、誰かにやってもらうと楽なことなんでしょうが、
この痛み、経験した者にしか理解できないでしょうから、痛みが戻って来ることは嫌なので
頑張ってマッサージしていきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。