絵入り随筆 エッセィ・つぶやき

自作の油絵・水彩画、デジタル写真等を入れて、季節の移ろい、雑感などを書いていきます。

山葡萄の若葉を食す

2017-06-13 16:15:14 | Weblog

山葡萄でナチュラルな葡萄酒を作れないかと考え、山葡萄の苗を2本植えました。

山葡萄は生命力が強いからぐんぐん伸びて小さな葡萄の花芽が沢山付きました。

ところが収穫の秋になっても葡萄の房は期待に全くそぐわないか細さでした。

小豆粒くらいの葡萄が1房に2~5粒付いているだけでとてもワインになる量にはならないのです。

そこで今年は山葡萄の新芽を食す事に方針を変えました。

若葉はそれ自身が程よい酸味を持っていて軽く湯がいてマヨネーズを付けたら風雅な一品になりました。

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニューファミリー | トップ | 雑魚の唐揚げ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。