絵入り随筆 エッセィ・つぶやき

自作の油絵・水彩画、デジタル写真等を入れて、季節の移ろい、雑感などを書いていきます。

雑魚の唐揚げ

2017-06-14 05:59:13 | Weblog

雑魚という魚は居ません。

小鮒、クチボソ、タナゴ、その他雑多な魚たちをそう呼ぶのです。

雑草と同じ発想で、草たちにはそれぞれに名前が付いていて、虫たちの卵のゆりかごになったり食料になったり

土壌の流出を抑えたりと、それぞれが大切な存在なのですから、雑という一文字で十把一絡げにしたくはありません。

私の食卓に上ったこの小魚たちはもう亡くなってしまったE君が、元気なときに近くの沼で獲って私に呉れた形見の魚たちです。

もったいなくてずっと冷凍庫に保管していましたが、悪くなってしまう前に思い切って食べることにしたのです。

佃煮にするか、かき揚げにするか、唐揚げが良いか、悩んだのですが魚の形が一番崩れないだろうと思い、薄く片栗粉の衣を纏わせて

唐揚げにしました。

もう二度とE君の獲った魚は食べられないと思うと、勿体なくて一匹一匹じっくり味わいながら戴いています。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山葡萄の若葉を食す | トップ | 6月の恒例行事・・・なんて大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。