絵入り随筆 エッセィ・つぶやき

自作の油絵・水彩画、デジタル写真等を入れて、季節の移ろい、雑感などを書いていきます。

イルド・フランスへの旅 2016 藤田嗣二の旧住居兼アトリエ ②

2016-03-03 21:18:19 | 海外旅行

タイル壁の欠損部分に藤田が描いたタイルが填め込まれています。

藤田がこの家をいかに大事に使っていたかが分かります。

ステンレスの調理台は当時としては最新モデルだったのでしょう。

卵のパックが紙の繊維で作られています、懐かしいです。

隣にあるのは牛乳の入れ物です。名前が書いてあるから、藤田家専用の入れ物で

おそらく毎朝牧場から配達された物でしょう。

電気炊飯器が見えます、二人所帯ではこのサイズが丁度良いのでしょう。

パンだけでは無くご飯も食べていたことが分かります。

鍋などの調理器具の多彩さは藤田夫妻が豊かな食生活をしていたことが偲ばれます。

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イルド・フランスへの旅 2... | トップ | イルド・フランスへの旅 2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オススメの記事