◇親子お茶サロン結愉・お菓子部◇ 子育て中こそ愉しもう!茶道とお菓子作りの豊かな時間

健やかな子育てと豊かな毎日につなげるひと時

お茶サロンで日本文化
お菓子部で一緒に作ろう!一緒に食べよう!!

ぷりぷりプリン

2017-07-13 05:18:42 | お菓子部しました

一昨日は、7月2回目のお菓子部、メニューはカスタードプリンでした
下の子の幼稚園の後に、お友達ご家族が参加してくれました。
年中さんの女の子と1歳半の女の子とお母様、年中さんの女の子と7カ月の女の子とお母様
久しぶりの午後開催です。

まずは、卵を割ります。
みんなとっても上手
  
きっとお家でもお手伝いしているのでしょうね

卵をほぐして、

お砂糖を入れて、

バニラビーンズを入れて、温めておいた牛乳と生クリームを少しずつ注ぎます。
 
良く混ぜたら、ストレーナーでこします。

直接カップに入れてもよいのですが、こうすればプリン液も均一化するし、
なにより注ぎ口があって持ちやすい計量カップに入れることで、子どもたちにも簡単に注げます。
お勧めですよ

キッチンペーパーかラップをかぶせて、細かい泡を取り除きます。

これでプリン液は出来上がり!あっという間です

私が用意しておいたカラメルタブレットを好きな量でプリン型に入れます。
仲良く一緒にね
 
その中にプリン液をそっと注ぎます。
  
今回使った卵は、2種類。お好きな方を選んでいただきました。
どちらも平飼い卵でとても安心、そしてとても美味しい。
卵でプリン液の色も変わってきます。

奥のは、「えびの高原生まれの卵」宮崎産です。
 
手前のは、生活クラブさんの「平飼い卵 あいだのたまご」長野産です
 
型の半分くらいまでお湯を入れて、オーブンへ。

お菓子部では時間内に焼いて冷まして、みんなで一緒にお茶の時間を愉しみたいので、
少々温度高めの短時間で、何とかギリギリすが入らないように仕上げます

子どもたちは作ったら早く食べたい!待てませんよね
お時間があり、よりキレイになめらかに作りたい時は、
テンパンに張ったお湯がぐらぐら沸かないように150~160℃で型の大きさにもよりますが23~30分くらいでゆっくり焼き上げていただければ、
焼き色もつかず、すも入りませんよ

焼いている間に、牛乳のお話も
今回は、タカハシ乳業さんの「野っぱらの仲間」低温殺菌ノンホモ牛乳

お味見も、好評


さて、焼きあがったら氷水を張ってさらに冷蔵庫で急冷です!


さあ、いよいよお皿に出しましょう
まずは、スプーンか指先でぐるりと一周ふちから生地を外します。
 
次にお皿をかぶせてから

ひっくり返し、親指で型を、他の指でお皿を、しっかりと持ちます

最後に前後にぶるっと揺らすと、
 
かすかな手ごたえが
型をそっと持ち上げると…

きれいに出ました


ニコニコ美味しいお茶の時間。
 
みんなの笑顔もご馳走です

きちんとした材料できちんと作る。
子どもは良いもの、良い素材が分かります。
お菓子作りを通して、少しゆったり子どもと向き合う豊かな時間。
暑くてお忙しい毎日もきっと豊かにしてくれますように

8月は、お休みをいただきます。
暑い夏をたのしんで、また元気に9月にお越しくださいね!

みなさまのご参加をたのしみにお待ちしております
ジャンル:
お菓子
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七夕さまに願いを込めて | トップ | プリンもお好み次第 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お菓子部しました」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。