定年ジジイの夕焼け人生

朝日ほどの力強さはなくてもいいが、人生の黄昏期をせめて夕焼けほどに輝いていたい。

モラルハザード

2017-07-15 08:32:13 | Weblog
トルンプの犯した(しつつある)最大の過ちは、イスラム教徒の入国制限に代表される宗教差別・人種差別や、TPP/パリ協定からの離脱による国際的孤立の問題や、オバマケア廃止やメキシコ国境壁建設等の財政を無視したでたらめな政策ではなく、彼の妄想癖・過多な自己愛的性格から来る「平気で嘘つく」、「平然と他国・他人を恫喝する」などを米国大統領としてごり押ししている点であろう。

これがまかり通るアメリカになれば、「嘘をつくな」、「人に親切にしよう」等の人間社会の最低の倫理観が崩れ去るであろう。

アメリカの子供達にとっては、学校教育や教会などを通して最初に教えられる基本的道徳観ではないだろうか。

アメリカ社会の道徳観・倫理観の崩壊に繋がりかねないことをトランプが推し進めている点が、トランプが犯しつつある最大の罪であろう。

アメリカ社会に「モラルハザード」を引き起こしている点が、彼のアメリカファーストの主張の帰結だとしたら、これほどの皮肉はない。


とここまで書いて「Moral Hazard」を辞書で引いてみた。
日本人が英語だと信じて使っているJapanishの代表みたいな言葉だと判明した。

「Moral Hazard」と言う英語には、「倫理的破綻」とか「倫理の欠如」とかの意味はないようだ。
(自分で調べることをおすすめします。)

しかし日本で広く使われている「Moral Hazard」という言葉は、このような使われ方が全く適正のように思われる。
この際、アメリカでは逆輸入して日本的解釈で「Moral Hazard」という言葉を使っただらどうだろう・・・・・・









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折り畳み式キーボード | トップ | 梅雨が開けた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL