定年ジジイの夕焼け人生

朝日ほどの力強さはなくてもいいが、人生の黄昏期をせめて夕焼けほどに輝いていたい。

マッドマン・セオリー

2017-02-12 08:08:37 | Weblog
裏に冷徹な合理性をかくして、狂気を装った振る舞いによりうまく人を騙し、それに目を取られている内に本来の目的を達成する様な振る舞いをマッドマン・セオリーと言うようだ。

織田信長の若い日のバカ殿振りはその典型と言われる。



トランプの常軌を逸した様な言動は、そのセオリーに則った深慮遠謀なのか、と穿った見方が出ているが、どうだろう?

やはり只の馬鹿だと見たほうが正解ではないか・・・・・・

もし前者ならば、大した役者だし、アメリカは、いや世界は多少救われるかもしれないが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Alternative Facts | トップ | 陽の光は確実に暖かくなってきた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL