夕螺の一言日記

毎日心に浮かんだことなどを書いてみたいと思います。。。(2014年3月13日開設)

しりとり俳句 2017年 春

2017年05月04日 22時28分38秒 | 「しりとり俳句」
       2017年 春

*明日5日は立夏です。しりとり俳句も夏となります。春の句は43句でした。皆さん、投句ありがとうございました。春の最後の句の下五文字「足元に」からつなぎます。

    音立てて木枯らし去りて春来る 夕螺
    春来る花瓶の花は淡き色 碧
    淡き色立春の風は通り過ぎ 夕螺
    通り過ぎてよあれやこれ春炬燵 静香
    春炬燵物音遠し目の重さ 夕螺
    目の重さ腰も重たい春の夢 静香
    春の夢カーテン開けて思い出す 夕螺
    思い出す祖母の写真に春の海 被衣
    春の海のらりくらりと眺めおり 夕螺
    眺めおり二月の家のチュ-リップ かさね
    チューリップ蕾の中の心地よさ 夕螺
    心地よさ背なの春風ペダル漕ぐ 静香
    ペダル漕ぎ曲がる角にも梅の花 夕螺
    梅の花皮算用の日もありて 静香
    日もありてパンジー咲きて猫歩く 夕螺
    猫歩く恋の花咲く春の道 ルイコ
    春の道人の恋しき小雨降る 夕螺
    小雨降り水仙の芽の緑増す 被衣
    緑増し朝日のまぶしき庭の春 夕螺
    庭に春マンサク花びらひらひらと 被衣
    ひらひらと空を見上げて春落葉 夕螺
    春落葉チャック・ベリ-と言ってみる かさね 
    言ってみてでまかせならぬ咲く桜 夕螺
    桜咲く早とちりして頬染めて かさね
    頬染めし卒園児等におめでとう 夕螺
    おめでとう詰め襟ボタンに春の雪 被衣
    春の雪土に溶けゆく切なさや 夕螺
    切なさや咲かぬ桜へ片思い ルイコ
    片思い飛ぶ蝶となり豆の花 夕螺
    豆の花取ってみたいと小さな手 静香
    小さな手親から放し春花壇 夕螺
    春花壇オダマキの葉に里心 被衣
    里心菜の花香る寺の門 夕螺
    寺の門枝垂れ桜に迎えられ 静香
    迎えられ桜吹雪の並木道 夕螺
    並木道しだれ桜の色づきて 被衣
    色づきて緑茶に添うや桜餅 夕螺
    桜餅レシピを聞いて食べるだけ 静香
    食べるだけ筍飯は盛りてあり 夕螺
    盛ってある惣菜を買う春の暮 静香
    春の暮れ夕餉の香り路地の灯よ 夕螺
    路地の灯の見ゆる先には二輪草 被衣
    二輪草老いし夫婦の足元に 夕螺 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 5月 4日(木... | トップ | 「5月 5日という日」 »

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (夕螺)
2017-02-04 09:13:00
音立てて木枯らし去りて春来る 夕螺

2016年冬の句の最後、被衣さんの句の下五文字『音立てて』より注ぎました。
Unknown (碧)
2017-02-05 20:21:27
春来る花瓶の花は淡き色

こんばんは。こちらは暖かい立春になりました。花屋さん 一気にパステルカラーの花が増えました。
Unknown (夕螺)
2017-02-05 21:28:29
淡き色立春の風は通り過ぎ 夕螺

こんばんは。
立春の東京も暖かでしたよ♪
僕も買い物の途中ホームセンターの花売り場によってみました。花はたくさんあるので、3月になったら種まきを使用と思いポットと土を買ってきました。
こころはもう、本格的な春の中。。。。
Unknown (静香)
2017-02-09 12:35:03
通り過ぎてよあれやこれ春炬燵


  

Unknown (夕螺)
2017-02-09 13:28:15
春炬燵物音かすみ昼寝かな 夕螺

『昼寝かな」ではつぎにくいかも。。。「昼寝」でついでください。
Unknown (夕螺)
2017-02-09 13:45:20
すみません。昼寝は夏の季語でした。
以下のように訂正します。

春炬燵物音遠し目の重さ
Unknown (静香)
2017-02-13 09:03:26
目の重さ腰も重たい春の夢

おはようございます
ご訪問200名様になればと期待しています

 
Unknown (夕螺)
2017-02-13 16:09:29
春の夢カーテン開けて思い出す 夕螺

今朝は3本だての夢を見ました。
思い出す (non)
2017-02-13 18:31:02
思い出し写真を探す若き祖母(被衣)

あねさんかぶりで八戸の父の赴任地へ独りで来て、
皆で種差海岸へ行ったのよ。
失礼 (non)
2017-02-13 19:42:30
申しあげました、季語無しで、

思い出す祖母の写真に春の海(被衣)
訂正を願います。

コメントを投稿

「しりとり俳句」」カテゴリの最新記事