夕螺の一言日記

毎日心に浮かんだことなどを書いてみたいと思います。。。(2014年3月13日開設)

しりとり俳句 2016年 秋

2016年11月05日 21時03分14秒 | しりとり俳句
                 2016年 秋

明日は立冬ですね。
 秋の句は23句となりました。皆さんの句そしてお話を楽しませていただきました。
 ありがとうございました。

      惑えけり時に押されて秋迎え 夕螺
      秋迎え見上ぐる空に筋雲や 碧
      筋雲や筆を走らせ高き空 夕螺
      高き空菊芋の花を遊ばせて 被衣
      遊ばせる仔犬は走り彼岸花 夕螺
      彼岸花けしかけられて現れり かさね
      現るるコスモスの種花柄に 被衣 
      花柄の秋雨降るや草の花 夕螺
      草の花紅や真白にこぼれけり かさね
      こぼれおり秋の夕焼けガラス戸に 夕螺
      ガラス戸に矢羽薄の影の揺る 被衣
      影の揺る桜紅葉に顔を上げ 夕螺
      顔を上げ並び立かな秋桜は 夕螺
      秋桜星の雫にひそと揺れ 碧
      ひそと揺れ秋寒の夜に小花咲き 夕螺
      小花咲き枯れ畑に紅の色を差す 被衣
      色を差す十三夜の残り花 夕螺
      残り花秋を深めて風に揺る 被衣
      風に揺る落ち葉吹雪も近かりし 夕螺
      近かりしボブの受賞や秋の風 かさね
      秋の風冷たくもありさわやかに 夕螺
      さわやかにアボガドの葉の重なりて かさね
      かさなりて八百屋に夕日秋茄子 夕螺  new!


 7日からは冬の句となりますが、最後の句の下五文字『秋茄子』から次ぎたいと思います。
 秋の季語から冬の句というのは難しいですが、一応つないでみました。
 1日早いですが、冬のしりとり俳句とします。
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「寝言」blogramから。。。。... | トップ | 2016年11月 7日(月... »

38 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (夕螺)
2016-08-08 09:02:29
惑えけり時に押されて秋迎え 夕螺

夏の句の最後「惑えけり」からつなぎました。
Unknown (碧)
2016-08-16 11:00:21
秋迎え見上ぐる空に筋雲や

暑い中にも 雲の形が筋雲に変わってきました。
秋に入ったんだなと感じます。
Unknown (夕螺)
2016-08-16 17:24:47
筋雲や筆を走らせ高き空 夕螺

今年は秋の深まりが早いのかと思わせるような涼しさです。
さっと筆を走らせたような筋雲。。。。。
Unknown (被衣)
2016-09-27 14:28:15
高き空菊芋の花を遊ばせて

勉強させて下さいませ。
Unknown (夕螺)
2016-09-27 19:01:39
うわっ!Pさんですよね!!
ご無沙汰ばかりでした。すみません。
とりあえずごあいさつ。。。。。
Unknown (夕螺)
2016-09-27 21:42:03
遊ばせる仔犬は走り彼岸花 夕螺

散歩コースに彼岸花が満開です。
Unknown (花てぼ)
2016-10-03 23:45:59
彼岸花けしかけられて現れり

句はPさんのことです。
私、号が何かついていましたっけ?
今度考えておきます。

賑わってますね~ (non)
2016-10-04 09:22:31
現るるコスモスの種花柄に(被衣)

小さな種も見逃さない婆の暇時です、
花てぼさん、さすがです、ご指導願います。
Unknown (夕螺)
2016-10-04 13:48:55
花てぼさんこんにちは。
Pさんのこと?
以前から号は「花てぼ」です。。。。

一句ありがとうございます。
Unknown (夕螺)
2016-10-04 13:51:26
うん?

Pさん=被衣さん=nonさん
紛らわしくて (non)
2016-10-04 15:31:19
ごめんなさい、その通りです、以後もよろしく願います。

↑の婆とは私のことで、暇時も、私の暇という意味です、
小さな種とは、コスモスの吹けば飛ぶような種のことです
<m(__)m>

紛らわしくて again です。 
Unknown (夕螺)
2016-10-04 18:14:03
了解です。
こちらではnonさんとお呼びさせていただきますね。俳号は被衣さんで。

おっと、次の句をつながないと。。。。。
ベランダを秋模様にして1日中忙しかったです。
Unknown (夕螺)
2016-10-04 21:25:05
花柄の秋雨降るや草の花 夕螺

Unknown (花てぼ)
2016-10-08 15:58:19
彼岸花けしかけられて現れり
句はPさんのことです。

「Pさんがしばらく姿を隠していたころ、私が「夕螺」さんのところへ行きなさい」とけしかけていたのですが、なかなかこちらへこなかった」
そしてこの度現れたのでそう句にしたのです。」

草の花紅や真白にこぼれけり  
                 かさね
ははは「かさね」としました。
Unknown (夕螺)
2016-10-08 20:30:23
こぼれおり秋の夕焼けガラス戸に 夕螺

「かさね」♪了解です。
そこでPさんの句が「現るる」なんですね。
一句です (non)
2016-10-10 13:47:11
ガラス戸に矢羽薄の揺るる影 (被衣)

かさねさん、以後もよろしゅうおたの申します。

夕螺さん、快諾して頂き深謝です。
訂正です~ (non)
2016-10-10 18:16:43
・・・・揺るる はありませんので、
・・・・影の揺る として下さいませ、
能書き多くてすみません<m(__)m>
Unknown (夕螺)
2016-10-10 18:27:13
nonさん、訂正了解です。
Unknown (夕螺)
2016-10-10 18:38:05
影の揺る桜紅葉に顔を上げ 夕螺

なんだか、最近、了解するまでに時間がかかるようになりました(笑)
Unknown (花てぼ)
2016-10-10 23:39:35
顔を上げわかりましたと秋桜  かさね

碧さん、よろしくお願いします。
Unknown (花てぼ)
2016-10-11 15:39:57
何がわかったと言うのでしょう。
この句。ちっとも意味がわかりませんね。
あさってから一週間ほど留守します。
その方に頭が行って他に句が浮かびません。私のこの句は一応、削除してください。
Unknown (夕螺)
2016-10-11 18:18:59
了解しました。本文中から削除させていただきます。
花てぼさん、お気をつけてお出かけください。




(次の方は「顔を上げ」からつないでください。)
Unknown (碧)
2016-10-11 18:39:29
秋桜星の雫にひそと揺れ

花てぼさん nonnさん 宜しくお願いします。
Unknown (夕螺)
2016-10-11 22:45:56
顔を上げ並び立かな秋桜は 夕螺

この句を入れて碧さんの句につながせていただきます。
Unknown (夕螺)
2016-10-11 23:00:51
ひそと揺れ秋寒の夜に小花咲き 夕螺
Unknown (夕螺)
2016-10-11 23:03:08
碧さんいらしていただきありがとうございます。
小花咲き (non)
2016-10-16 16:36:02
編集業務ご苦労さまです。

小花咲き枯れ畑に紅の色を差す(被衣)

季語に疎いので枯れ畑が秋かは分からないですが。

Unknown (夕螺)
2016-10-16 16:50:51
「編集業務」♪管理人の仕事です。
Unknown (夕螺)
2016-10-16 20:42:26
色を差す十三夜の残り花 夕螺

「色を差す」素敵な言葉ですね。ワンポイントのおしゃれ。
「紅を差す」も素顔に紅を差すだけの色香がいい。。。。
残り花 (non)
2016-10-27 14:30:14
残り花秋を深めて風に揺る(被衣)
シュウメイギクももう終わりそうなのよ。
Unknown (夕螺)
2016-10-27 17:42:33
風に揺る落ち葉吹雪も近かりし 夕螺

シュウメイギクあまりなじみがないのですが、調べてみたら近くの団地の空き地に咲いていたような?似ているだけかな。。。。
秋の花も終わりですね。
さて、冬の花の準備♪ビオラがだいぶ成長しました。
Unknown (花てぼ)
2016-10-30 18:46:12
近かりしボブ受賞とてそぞろ寒  かさね

碧さんのブログのご紹介(私には初めてでしたので)ありがとうございます。
早速、「お気に入り」に入れました。
Unknown (花てぼ)
2016-10-30 18:46:50
近かりしボブ受賞とてそぞろ寒  かさね

碧さんのブログのご紹介(私には初めてでしたので)ありがとうございます。
早速、「お気に入り」に入れました。
Unknown (花てぼ)
2016-10-30 19:19:50
句の訂正です。
近かりしボブの受賞や秋の風

「風にふかれて」を意識して。
Unknown (夕螺)
2016-10-30 22:37:46
ボブティランの平和賞受賞は、ボブ自身熱くもならず突っ張りもせずさわやかな秋風のように。

秋の風冷たくもありさわやかに 夕螺
Unknown (花てぼ)
2016-11-05 18:12:42
さわやかにアボガドの葉の重なりて 

「爽やか」は秋の季語ですね。
種から出たアボガドの木の鉢は室内に入れた方がいいのでしょうか。
Unknown (夕螺)
2016-11-05 19:43:57
我が家のアボガドの木も1メートルを越えました。もちろん種からですよ。
観葉植物のようにきれいな葉ですね。
昔は出窓で育てていたのですが、今の木は外です。
部屋に入れた方が良いのか。。。。僕も迷ってます。

「さわやか」は季語でしたかぁ。
季語が重なってしまいました。
Unknown (夕螺)
2016-11-05 21:01:37
かさなりて八百屋に夕日秋茄子 夕螺

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。