悠の食虫植物 ネペンテス普及委員会 (和名 ウツボカヅラを世に広める会)

食虫植物のネペンテスを広めていくためのブログ。

ネペンテス栽培記 389 決めました

2017年06月17日 03時29分43秒 | 悠のネペンテス栽培記
色々と考えた結果、


人生をやり直すことにしました



あ、

なんか大きな決断をするとか、

今の生活にお別れを告げるとか、

そういう大層なものじゃないですよ。



もう全部が嫌になったとか、

すべてを捨てて逃げたいとか、

そういうネガティブなものでもありません。



いや、

考えたんですけどね、

たぶんですけど、

このままいっても、

数年後も同じことをしているか、

もっと活動範囲が狭くなってるか、

どちらかしかないと思うんですよね。



あ、

このブログの内容というわけではなく、

私の全体的なライフスタイルという意味でですよ。



つまり、

10年後の8月には、

今を超えることのない、

ただのおっさんになった私がいるだけだと思うんですよ。



いや、

思うんですよというか、

まずそうなるでしょう。



病気や怪我のリスクや、

突発的な事故はあるかもしれません。



むしろ、

明日も生きていられますという保証も、

どこにもないわけですよ。



そういう意味では、

何事もなく10年後を迎えられるだけでも、

非常に幸運なことだと思いますが、

そういう論題はまず置いておきまして。





結局、

私は今後、

どうなっていくのか、

どうなりたいのか、

どうありたいのか、

そういうことをですね、

ふと漠然と考えた時、

自然と出た結論が、




人生をやり直す



ということだったわけです。




まぁ今までですね、

自分を変えるために、

色々なことを試してきましたが、

どんなことをしてもですね、

また同じ場所に戻ってくるの繰り返しだったんですよ。




毎日、

ちょっとずつ変えていこうとか、

新しい習慣を身に着けるとか、

何事も継続すれば、

大きなことができるようになるとか、

そういうことを信じて実行してた日もありました。



それ自体をですね、

否定する気はありませんし、

得るものもありました。



実際に、

変わったこともあります。




でもですね、

これまでのことを振り返ると、

それで何かが変わるわけではないということに、

ようやく気づいてしまったわけです。




そう、

足元の石ころを転がし続けても、

目の前にある大岩を動かさない限り、

何も変わらないということです。




確かに、

継続や積み重ねで成功した人は大勢いますし、

逆にそういった期間がないと、

本当の成功はないと思います。



でも、

そういう人たちは、

その大きな石をどうやって動かすか、

高い目標や突き抜けた好奇心を持って、

日々考えて実行してたわけで、

とりあえず小さな石ころを転がしていれば、

そのうち大きな石も動くのではないかという、

そういう楽な思考の、

打算的な考えではなかったと思うんですよね。



気が付いたら、

ここまで来てました、

という人もいますが、

それはそれだけ夢中になっていたか、

大きな目標を前提として、

目の前の小さな課題を、

一個一個クリアしてきた人だと思うんですよね。





そこまで考えたとき、

自分を変えようとか、

生活を変えていこうとか、

新しいことを始めようとか、

何かに挑戦してみようとか、

そういうことは、

今まで何もしてこなかった自分にとって、

あまりにも漠然とし過ぎていて、

あまりにも荒唐無稽すぎて、

イメージすら追いつかず、

何もできない日々が続いてるんじゃないかと、

そう思ったわけです。



じゃあそれが、

今までの何をかを変えようとする行為と、

人生をやり直すことと、

何が違うのか。



やり直すという意味は、

再出発と言い直せると思いますが、

まさにその通りで、

今のスキルや経験、

地位や環境、

財力の元で、

スターとできるということです。



つまり、

今のステータスを引き継いだまま、

冒険の書を新たに開始できるということです。




そう、

人生をやり直すとは、

今までやりたかったこと、

出来たことの一つ一つを、

最初から、

初心の気持ちで、

もう一度やってみようということです。



それが今までと何が違うのか、

正直、

私にもよくわかりません。



でも、

今のままでは、

この小さな石を転がしてるだけでは、

目の前の大きな石は、

到底動かせそうにないなと思ったのです。



そして、

この大きな石の後ろには何があるのか。




道があるのか、

崖があるのか、

山なのか谷なのか、

川か海か湖か、

はたまた、

ずっと石が続いていくのか。



そもそも、

この石は動くのか、

石を動かさずとも、

乗り越える、

迂回する、

砕くといった、

他の選択肢はないのか。



そして、

一番が、

私はこの石と向き合って、

結局どうしたいのか。



この石を攻略することで、

どうなりたいのか。



私は今まで、

ただただ、

この石をどうするかだけ考えてきたと思います。



でも違ったんですね。



これからは、

その石を動かすことによって、

どうなっていくかを、

考えていくべきだったんですね。



まぁそういうわけで、

ちょっと光が見えてきました。



新しいことを始めるのも大事ですが、

これからは、

今までやってきたこと一つ一つを、

もう一度やってみようと思います。


やり直す気力がまだ十分にあるということが、

いかに素晴らしことなのか、

そこはまず実感しました。






ていうか、

もうとんでもない時間なので、

もう寝ます。



ではでは、

また次回、

お会いしましょう。



ジャンル:
観葉植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネペンテス栽培記 388 ... | トップ | ネペンテス栽培記 390 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (わらびもち)
2017-06-18 04:01:34
悠さん、こんばんは!
なにやら、今回は凄まじい覚悟を感じます。
出口のない部屋で、ふと見方を変えたら、外界からの光が目に射し込んできたような、といいますか、
悠さんからとてつもない後光が差しているといいますか、
「悠さん」という物語の第二章が、今、始まるッ!!予感がしてるというか、

とにかく圧倒されているわらびもちでした。

打破打破で、頑張ってみてください!(><ゞ
わらびもちさんへ (yuunoyume_001)
2017-06-19 10:54:30
こんにちは!

お久しぶりです(^^)


ありがとうございます、

さっそく朝型人間になろうと、

いつもより早く寝て、

いつもより遅く起きてしまいました笑


何か変わったわけではありませんが、

朝起きて、

そうか、

人生をやり直したんだと思うと、

けっこう新鮮な気持ちになります(^ω^)


それだけ疲れてたのかもしれません笑


わらびもちさんから頂いたサラセニアとディオネア、

ようやく草体が立ち上ってきました!


非常に喜んでいるのですが、

プルプレアだけまったく動きがありません(^^;


生きているのかもわからない状態で、

毎日ハラハラと見守っておりました(^ω^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL