頑張って生きる。

元気だった主婦がある日突然、障害者になり、余命を宣告された。でも、頑張って生きようと心に決め一日を大切に過ごしてます。

人の気持

2016-09-15 11:31:23 | Weblog
昨日、京都に行って来ました。私が車いすを利用しているという、不自由な体にもかかわらず自由に移動が出来るというのは、皆の気持があるからと、感謝してます。地元でも、バスのりばまで送りに来てくれる人や、行った先でもいろいろとお世話をしてくれる人がいるから、何不自由なく目的地まで行くことが出来、安全に帰ってこられるのだと思います。

それと、もうひとつ、昨日、感じたことは言葉でした。

お医者さんと話をする中で、原因がわからないし、レントゲンやMRIには以上がなかったから、大丈夫!様子をみてて!と、次の予約をとるでもなく、薬を処方するわけでもなく、まるで、痛みを訴えていることが嘘をいっているかのように感じとられていることのように、思えるように感じたDrがいた中で、検査的には以上がないことには同じだけど、痛みに対してきちんと向き合ってくれる話し方がありました。
そして、安心させるかのように、「たまに、そういう方がおられます。原因はわからないけど、痛みがある方が・・・」と、話して頂きました。

足首の痛みが取れず、仕事にも影響が出てくるようになったので、回りからの勧めもあり、片道2時間かけて通院してみる気になった息子ですが、今回は、その診断に納得したようです。

今、飲んでいる痛み止めでは効かない事を話すと、薬の辞典ようなものを見ながら、「ちょっと、きつい薬ですが、そういう痛みにはよく効くようです。」と、副作用の事もしっかり説明され、それが効くようなら様子見て量を加減していきましょう!しばらく、飲んでみて効かないようなら、違う痛み止めも考えます。と、痛みに対して向き合ってくれたことに信頼を得たようです。

30才近くになった息子の病院に車いすの身の母親が付いて行くのって、どう?って、思われる方もたくさんおられるかもしれません。

今まで、地元の病院に何ヶ所も行き、どこも、痛みに対して何も言われなかったようで、市販の痛み止めで我慢していた息子を近くで見ていて、結果だけは私も聞きに行こうと思いました。

結果は同じだったかもしれませんが、医者が患者が訴える痛みに対して真剣に受け止めてくれたことが、嬉しかったようです。

言葉一つで、悩んだり、落ち込んだり、前向きになれたり、モチベーションが上がったりするものだと言うことを、つくづく、感じました。

私も、人の気持を大切にできる人間でありたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成長 | トップ | 台風接近 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
痛み (義之)
2016-09-18 21:20:46
医学の発達した今日でも腰痛の痛みの原因すらよく分かっていないらしいですし人間の体って本当に複雑なんだなって感じです。漫画ですけど不明の病気が患者にとって一番辛いって書いてました。病気ではなく自分で痛みをつくりだしてるのではないかと。同じ漫画で院長が医者の道具はメス、薬、そして言葉と言い主人公の新人外科医が感銘してるシーンがありました。医者と患者の歩み寄りが大事なんでしょうね
Unknown (ゆうママ)
2016-09-19 10:18:24
技術や知識ももちろん大事ですが、それと、同様、信頼できる医者に巡り会えることが、大事ですよね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL