遊工房・雑感

日頃のあれこれを綴る日記です

笠間

2017-03-13 09:36:56 | ただの記事

美術館はこの彫刻の丘を隔てて

二区画

私たちがいつも講座で使うのは

眼下左の建物の5階

右の建物はフランス館と言って外国の作品と館主

長谷川氏の所蔵品などが展示されている

右下に見えるスカートを翻してる少女を作った彫刻家は

彼が学生時代 私がデッサンを習ってたところで

教えてくれてた人だ

この丘を登って

ランチしに行くところ

真ん中の帽子の先生が大塚先生だ

ランチの後

「昭和洋画のパイオニアたち-前田寛治と佐伯祐三を中心に-」の画像検索結果

これを見て来た

私は若者時代銀座の日動画廊の

ウィンドウを覗いては佐伯祐三とか

須田国太郎とかを覚え

シャトレ劇場

こういう絵を見て憧れて

銀座でこんな風なのがあるところ描いたっけな

と思いだした

あの絵はどこ行っちゃったか?

大正末期から昭和の初めって

アバンギャルドの時代でもあったんだよなあ

その辺のことは詳しくないけど

面白い!

だからお絵かきはやめられない

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淡彩画って 全然わかってないや | トップ | 昨日の当番 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ただの記事」カテゴリの最新記事