遊工房・雑感

日頃のあれこれを綴る日記です

marshaさま

2016-09-19 15:20:45 | ただの記事

画学生以外も

多くの学生が学徒動員で戦争に行かされましたね

 

これは職場を離れてもつるんで遊んだ仲間ですが

(あと二人いたな)

この私の隣の帽子のオジイ 

仏文科出身の英語の先生

この彼はものすごい引っ込み思案で

しゃべり方もぼそぼそ

生徒に話通じるか?というほどなのだが

実は 生徒の力を引き出すの超名人だった

あるとき 分会長に推され(組合の職場のまとめ役)

ええ!〇〇じい(現役時代からそういうあだ名)できるかなあ

と引っ込み思案の彼を心配したが

詳しい人は良く知ってた

後で直に彼から話も聞いた

学徒動員で 勉強を中断させられた恨みは

すごいのだ

教え子を再び戦場に送らない

というスローガンを

今や馬鹿にする人が多いけど

私はこの引っ込み思案の彼から

勉学を中断させられた苦しみ恨みというものを

よく教わった

平和への思いは筋金いりだったのだ

今や

教育界にも

特高でも出入りするのかって勢いですよね

今 子供に渡す写真仕分けしてたら

昔の生徒作品の写真が出てきた

なかなかセンスいいねえ

公害追放の文字は見えにくいけど

明視度は 明度差と教えたがなあ


当時 先ほどの野党連合のような勢いで

革新統一で美濃部都政が実現した時だった

東京の空は酷い汚れよう

隅田川なんて 臭くって!

こんなほとりで スケッチなんて

苦しくってできなかった

今じゃ

厩橋のほとりのスケッチ何枚もあるよ

公害をなくそうという運動も盛んにおき

学校では様々な教科を通じて

公害について学び

美術科では 区で ポスターを作って展示する

などという取り組みがあった


いまだと

都の様々な問題

平和についての問題

学校で考えさせ学びあう授業やったら

偏向教育だとか言っちゃって

特高が 現れそう


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無言館 | トップ | ああ 私も泣いてしまった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ただの記事」カテゴリの最新記事