筑紫文化財研究所

筑紫における歴史的文化の探求と漫遊

古代大宰府の羅城3

2017-03-20 21:23:14 | 古代西海道研

※大宰府羅城新案(北側)

池田遺跡の土塁は下大利の小水城より北東側の谷を塞ぐ位置にあり、
さらにその西側の丘陵上、記憶では九大筑紫キャンパスのトライアム実験棟
(現在の春日野中学校東側)辺りで、調査を担当した林田氏の言によれば、
「地山に切り込む版築状の遺構が出た」とされている箇所があった。
当時は周辺の谷から寺院の存在を示す8世紀の墨書土器が出ていたこともあり、
寺院に絡む掘り込み地業でないかということが取りざたされたが、
それも尻すぼみとなり、この所見も残念ながら報告書では取り上げられられぬままとなっていた。

私にとって前畑遺跡での丘陵上での版築土塁の認知は、まさに九大筑紫キャンパスでの
あの事案をフラッシュバックさせるかのような衝撃的な出来事だったのである。
土塁に天武7年のものと目される地震痕跡があること、丘陵上に版築遺構があることなどから、
これらの事案は明らかに連関しており、池田遺跡の土塁は丘陵を越えて西進し、
推定春日の小水城に連なるプランであったことが想起され、
前畑遺跡の土塁はさらに丘陵を越えて南進し、基山の関屋土塁に繋がるものと理解された。

※大宰府羅城新案(南側)

つづく・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古代大宰府の羅城2 | トップ | 古代大宰府の羅城4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。