嬉々快々

小さなニコニコ探し!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

波志江祇園

2008年10月21日 | お祭り

そもそも波志江祇園ってどんなお祭りか、毎年参加してる伊勢崎祭りとどう違うのかと言うと、まず屋台が違います。

いつもの夏祭りの屋台はトラックに木枠と屋根を乗せて飾り付けた車屋台。
祇園で使うのはエンジンの付いてない木製の本屋台です。

大きさも全然車屋台とは違って大きいし、彫刻なんかもしてあって、なかなか趣もあるんです。
歴史もあって、本屋台が作られたのは江戸末期から明治にかけて。それが今も動くのだからすごい!の一言。
曳いて歩くと屋台がギシギシなって揺れます。それに乗って囃子をしながら会場となる愛宕神社まで一時間以上かけて行くんです。
その様子が、離れて見るとなんともいい雰囲気で私は大好きです。
まっすぐの道もどうしたって少しカーブしてたりするので、それを少しずつ調整しながら押したり曳いたりしながら進みます。

ダンナ君も頑張ってくれて昨日も今日も全身筋肉痛と戦ってます

方向転換をする時は大きな丸太のテコを2本つかって屋台を傾けて、その隙にチャンと呼ばれる支軸を下に差し込んで屋台を回します。
このとき屋台はすごく不安定で、ちょっと間違えば倒れるような大事故につながります。
なので大勢で屋台を支えたりぶら下がったりしてバランスをとります。
もちろん上で囃子をしてる人たちも、落ちないようにしっかり踏ん張って頑張ります!
この方向転換が一番の見せ場!上も下も見てる人もドッキドキで、怖いんだけど目が離せない!
私はこの方向転換が大好きで、子供達(危ないので高学年以上限定)にもぜひこの楽しさを味あわせてあげたいと思ってたんです。

でもね、この波志江祇園は毎年できるお祭りではありません。
今回は前回からは8年ぶり。実はまだ屋台の完成から今回で6度目の開催。多分。
前々回はその20年前。初回はさらに50年前です。
私は運良く前回と今回で2回の参加。
今回は、波志江の屋台が市文化財に指定された記念で開催できたので、次は一体いつできるのかなー。
今回を機に盛り上がって、定期的にできるといいな・・・・。
このままじゃ屋台を継承していけるか心配だなー。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祇園祭り | トップ | 波志江の屋台 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祇園祭 (しょうちゃん)
2008-10-22 23:49:28
祇園祭ご苦労様です。
自分も参加してました(中野面)
googleで波志江祇園祭の検索で見つけました。

[GOいせさき]というホームページでもコメントしましたが、やっぱり他の行事に便乗してでも祇園祭等をしないと屋台を継承出来なくなりますから同感です。
追伸 (しょうちゃん)
2008-10-22 23:58:50
波志江沼のフェスタも参加(中野面で)しました。
はじめまして (ユウコ)
2008-10-23 10:31:33
しょうちゃんさん、コメントありがとうございます。

祇園祭、お疲れ様でした
私は本屋台の雰囲気が大好きなんです。同じように屋台をかわいがってくれる人が今回のお祭りやこれからのイベントで増えてくれたらいいなと思っています。

中野面の方なんですね
私は画像でもお分かりかと思いますが宿組です。
はい。私は何でもしますが主に笛吹きです。
うちの組には笛吹きが5名ほどいますのでそのうちの誰か・・・になります。
中野面の屋台は彫り物がすごくて羨ましいです
また来年、伊勢崎祭りでお互い楽しみましょう

お宝発見 (まこ)
2008-10-30 18:58:21
 はじめまして

 私も、屋台の継承を心配する一人です。
 そのためのアイデアとして、貴ページのような情報を体系化し、相互リンクすることで、有形・無形の民俗文化の保存に役立てることができないか、と思案中です。

 屋台は有形民俗文化財の指定を受けましたが、本当は人間の技(屋台囃子)も含め保存すべきでしょう。
 それらの伝承に危機感を持っているのは、私達だけでは無いはず。

 その手段として、10台の屋台に関する過去の歴史、愛宕神社、苦労話、晴れ舞台の曳き回しと屋台囃子、等々を体系化したら、歴史的価値が上がるのではないでしょうか?

 注目度が高まれば、屋台囃子の練習にも力が入り、誇りを持って演奏できると思うのです。
 大人も子供も、参加者が増えれば、伝承も容易になります。

 まだ未熟なアイデアですが、ご協力頂けませんでしょうか?
 申し送れましたが、私は宿の「屋根の上の変なおじさん」です。
 ご連絡は、下記までお願いします。
aawbase-fc2(アットマークに修正)yahoo.co.jp
お世話様です (ユウコ)
2008-10-31 22:27:18
まこさん、コメントありがとうございます
宿の「屋根の上の・・・」ということはとってもご近所さんですね
先日の祇園祭りと慰労会では夫婦揃って大変お世話になりました

改めてご連絡先へメールさせて頂きます。

あわせて読む