大山レンゲ

花の歳時記

母と従姉達と

2017-06-30 20:23:19 | Weblog

母に「明日TちゃんとRちゃんが来てくれるよ」と言うと「気にかけてくれてありがたいね」と言う。長年、姑さんの介護をして看取りをしたTちゃんは「あなたが用事がある日に行くからゆっくりしてね」といつも言ってくれる。電話では度々話しているが、しばらく会っていないので、今回は母の所で会うことにした。

                     

久しぶりに会った従姉達は元気そう。持ってきてもらったケーキを皆で頂いた。母も美味しそうに食べている。従姉達も母と話しながら「叔母さん、元気そうね」と言ってくれた。レクレーションの時間になっても母は楽しそうに従姉達と一緒に過ごした。お別れの時、母は玄関まで送って行くと言う。従姉達の姿が見えなくなるまで名残惜しそうに手を振り続けていた。

                  

伯母さんは母の姉、街に住んでいたので私達兄弟も何かにつけてお世話になった。幼い頃、夏休みには暗いうちに家を出て一番列車に乗り伯母の家に連れて行って貰った。私は同じ年のTちゃんに繁華街に連れて行ってもらい、大きな本屋さんで本を見るのが好きだった。母はその時、伯母と積もる話をしていたのだろう。母は父を伯母と一緒に家で看取った。数日後、伯母は交通事故で急死した。突然の別れに母の嘆きは大きかった。いつも「姉さんには世話になった」と口癖のように言っている。Tちゃん、Rちゃん、遠いところを来ていただいてありがとうございました。母は度々あなた達の事を話しています。

 

画像は今庭に咲いる花。  上左 アルストロメリア  上右 花菖蒲

                  下左 サンダーソニア  下右 サフランモドキ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕暮れのひと時 | トップ | 写真展と山ゆりを見に »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (ノリノリ)
2017-06-30 22:21:17
こんばんは♪
良かったですね~~~お母様の嬉しそうなお姿が想像出来ますよ~~
姉妹の子供同士でよく遊ばれたのでしょうね。
お姉様の突然の別れを悲しまれたでしょう~~
お母様もお姉さまの姿を姪っ子さん達の姿をダブらせておられたかもね~~
お母様昔を思い出して、とても嬉しい一日だった事でしょう~~~

ありがとうございます。 (ゆう)
2017-06-30 22:34:12
ノリノリさんこんばんは。
怠けていたブログに早速コメント頂き
ありがとうございました。
母は従姉達に会って嬉しそうでした。
いつも伯母の事を話していました。
昔、電話のない田舎で、いつも手紙を書いていました。
思いだすと切ないです。
そうですね。従姉達に伯母の姿をダブらせて
いたのでしょう。従姉達のお陰で母の嬉しい日でした。
送って玄関に出た時はきっと別れがたかったのでしょう。
お早うございます。 (ととろ)
2017-07-02 06:53:08
ゆうさん、お母さまにとって嬉しい一日でしたね。
実家の母も妹たちと仲良くて、結婚してからも
戦後の生活助け合っていたことを思い出します。
私もおば(母の妹)宅に子供の時から
よく”泊り”に行っておりました。おじが映画好きだったので
近くの映画館へ何度もつれて行ってもらいました。
美空ひばりの「悲しき口笛」なんてのも(笑)

お母さま、仲の良かった妹の急死、どんなにか
悲しかったことでしょう。
その娘さん達の姿に亡き姉の姿を重ねながら、
幸せなひと時だったと思います。
 お母さま、お元気でしっかりしておいでで
ゆうさんにとっても、励みとなりますね。

お庭の花達、梅雨の間も元気で色添えてくれて
心和ませてくれてるようで何よりです。
湿度の高いこの時期、私も苦手ですが、
お互いに元気で乗り切りましょうね。
暑い七月の始まりです。 (ゆう)
2017-07-02 15:39:08
ととろさんこんにちは。
お帰りになって、お疲れの所すぐにコメント頂き
ありがとうございました。楽しい時間を過ごされた
事でしょう。

母は久しぶりに従姉達と会って喜んでいました。
戦後の厳しい時代を伯母も母も助けあって
生きてきたのでしょう。子供の頃は気付かなかったことを
この歳になって想像しながら思いを馳せています。

ととろさんの見られた「悲しき口笛」「あの丘越えて」
主題歌とともに白黒の画面を思い出します。
懐かしいですね~。

急に暑くなって体にこたえます。
本当に元気で乗り越えましょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL