将棋好きのパパの雑多帳

趣味の読書を子育てとともに徒然につづる雑多なブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

iPhone6plus

2014年11月13日 | 日記
久しぶりの投稿は、機種変更したiPhone6+で。
これ、フリック入力してるんだけど、すぐに間違えて打ってしまう。
片手打ちでは親指が変換候補の左端に届かないのが最大の難点。なので、両手持ちするわけだが、よく間違えて入力してしまう。iPhone5に慣れてたからかな。
ローマ字キーボード入力という手もあるけど、横持ちできるアプリならという限定つき。

まあ、これも慣れか。
そろそろATOKがバージョンアップされて、使えるようになりそうだし、できればそちらも検討してみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

将棋

2014年02月05日 | 日記
マイブーム 将棋
最近、ちょっと頑張っているので整理しておくことにしよ。

今日現在
将棋ウォーズ(10分) 初段
将棋ウォーズ(弾丸) 初段
将棋倶楽部24 12級 R369

将棋倶楽部24は厳しいね。12級とか低級でも勝ったり負けたりしかできない。
当然、定跡はある程度知っていて、さらに得意戦法を持っているのが当たり前、って感じ。
こりゃあ、先が長いわ。

目標 将棋倶楽部で初段
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

このミス2013

2012年12月12日 | 日記
久しぶりの投稿。
なぜ急に書いているかというと、なんとGooから「去年の12月11日は、こんな記事を書いてましたよ!」といきなりのメールが。
普段なら、そんな無理やりなメールはやり過ごすところですが…。
去年の12月11日は「このミス2012」を書いていたんですね。
お陰様で買い忘れていたことを思い出しました、「このミステリーがすごい!2013年版」。

ということで、日帰り出張の帰り道、品川駅でGETして、新幹線へ。

でも、正直、あまり見るとこなし。
いつも楽しみにしている特別書き下ろしも、今回は…。
中山七里さんのは読みたいけど、実は「さよならドビュッシー」を読みたいのに読めてない罪悪感があって、ちょっと後回し。
「哀しき陰謀」は、まぁサクッと読めた。

ちなみに国内ランキングでは、
1位は読みたい。
2位は何だか重そうで食指が…。
3位以下、どうでしょう、うーん。

海外ランキングでも、やっぱ1位が読みたいかなぁ。

そういえば、去年の「ジェノサイド」!読んでないよ。
図書館あるかなぁ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iphoneで。

2012年09月19日 | 日記
iPhoneにgooブログ編集アプリがあったので、使ってみた。

とりあえず、先日mixiにのせてみたやつでも、アップしてみよう。

これ、吹田市のマンホール。さすが万博、岡本太郎。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『聖女の救済』東野圭吾著

2012年04月18日 | 日記
『聖女の救済』
東野圭吾著

久しぶりのガリレオシリーズが文庫化されました。
電車の中で一気読み。
こういう時は、長距離通勤も捨てたもんじゃない。

しかし…あー、湯川先生が福山の声にしか聞こえない。

内容は伏線や仕掛けも含み~の、ガリレオミーハー度もプラスされ~の、でまあまあ面白かった。
いや、ミステリーの仕掛け的には、なんだか今ひとつ物足りないけど、読み終わって一言。
『女は怖い』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漫画雑誌講

2012年03月06日 | 日記
僕が小学生の頃、いつも近所の散髪屋さんで髪を切ってもらっていた。
その田舎町の小さな散髪屋さんは、おばちゃん一人でやってるお店だったので、兄弟で行くといつも待たされた。
でも、その時間は至極楽しみの時間でもあったのだ。
それは、棚に置かれた漫画雑誌のこと。
ジャンプ、サンデー、チャンピオン、マガジンと…。家では買ってももらえない漫画が一杯。
毎月毎月、楽しみにしていた。

中学生にもなると塾の行き帰り、バスの待ち時間に本屋によった。
月刊マガジンもよく読んだ。ちょっといやらしい頁もコッソリと好んで読んでいたのは青春。マガジンspもしかり。

中学、高校辺りではヤングジャンプ、ヤングマガジンも読んだだろうか。20歳前後ならビジネスジャンプも読んだ。ヤングサンデーは好きだった。いやらしい頁も堂々と読めるようになった。

ヤングサンデーの廃刊には、心が切なくなった。
ビジネスジャンプもグランドジャンプになってしまった。

若い頃はヤング、オトナはビジネス。そういう区分けはわかりやすかった。だって、子供は読んじゃいけないから。
でも、最近はどこ見てもエログロばっかり。
ガンツ見て、成長期の心は何を思うんだろう。

そして、なんで3月のライオンがアニマルなのか。(あれを堂々と読める小学生はいまい。)
これも謎だ。せめて、ヤンジャンならもっと売れるだろうに。


今でも、漫画雑誌は大好きだ。暇があれば読みたいと思っている。
でも、なぜかヒーローズは読みたい心が湧かない。申し訳ないが、湧き出さない。

特撮に燃えていた小学生の自分が、ザ・ウルトラマンを見ても熱くなれなかったからかもね。
ヒーローズのターゲット層ってどこなんだろう?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

このミス2012

2011年12月11日 | 日記
1位はあまり興味がなかったので、とばして。
2位『折れた竜骨』米澤穂信、読みたし。
あー、読みたし。

あと、キャラ立ちユーモアミステリーのコーナーにあげられていた『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』も気になるところ。

毎回楽しみにしている『このミス特別書き下ろし』は、海堂尊。
そっか、そっちにも繋がるのね、Aiって。…という感想だが、いやいややっぱり面白い。

なんと、巻末に10周年記念本の広告が!
2012.2月だと。
覚えておこう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枕草子

2011年11月19日 | 日記
春は、あけぼの。
やうやう白くなりゆく山ぎは すこしあかりて紫だちたる雲のほそくたなびきたる。
夏は夜。
月のころはさらなり。やみもなほ。螢の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。
秋は夕暮れ。
夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて……これ以上出てこない。

お兄ちゃんは第一段全部言えてるのに…悔しい(T_T)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地元で将棋大会

2011年09月12日 | 日記
昨日は、ブドウ大会。
毎年この大会は子供達の力の入りようが違う。
それは敬老の日のプレゼントにするために、賞品をGETしたいからにほかならない。

おまけで僕も参加。

おとうとくんはA、お兄ちゃんはB、おまけはC。

結果は、二人とも3位でブドウとフルーツ盛合せが二箱。
さすがに気合いが違いますなぁ。

帰宅後はママから「あれ、どうして3箱ないの??」という叱咤激励(イジメとも言う)を受けたが、そんなことはどうでもよいのだ。
おばあちゃんは、大喜び。
僕らもしばらくデザートには困らない。(^_^)

よく頑張りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JTの思い出

2011年07月17日 | 日記
昨日はJT北陸信越大会に行ってきた。
もう去年からおとうとくんだけになってしまったが、この大会は思い出がいっぱい。
おとうとくんが小1の時が大阪大会に初参戦。お兄ちゃんは小3。この時は二人とも10級くらいだったと思うが、ともに予選落ち。

翌年は、小2と小4。大阪大会に出場し、初の高学年入りのお兄ちゃんは惜しくも予選落ち。おとうとくんは決勝トーナメントベスト16。この頃は2~3級か?

小3、5は夏休み旅行をかねて四国大会へ。
この年はおとうとくん低学年優勝、お兄ちゃん3位。この結果に味をしめ、翌年からも四国大会へ出ることに。

弟小4、兄小6ともに高学年の部に出場した2009年は四国大会で予選落ち。リベンジの大阪大会でも予選落ちといいとこなし。

2010年は中学生になったお兄ちゃんをほうっておいて、おとうとくん小5だけが、四国大会へ。
2年振りに袴の栄誉も、惜しくも準優勝。

そして、今年は初の北陸信越大会へ。
初めてとはいえ、実際大阪大会よりも近いかもしれない金沢だったので、知った顔もチラホラ。
たしか、以前は新潟だったんじゃないかなぁ

今回、低学年の優勝が同県のN君で活躍がとても嬉しい。

また、今年もお兄ちゃんは家でおばあちゃんとお留守番。
予選を無事勝ち抜き、決勝トーナメントはなんと10分切負け!前からそうだったっけ?
それを聞いた時、おとうとくんは「おぉ、デスマッチだね。」と武者震い。
なんだか意味不明な戦法で、危なっかしく勝ち抜き、決勝戦へ。
二年連続の袴はなんとも嬉しいものでしたが、相手は同じ研修会でC2の強豪。
まあ、善戦したと思いたいが、これまた二年連続の準優勝。
でも、小学生最後のJTで袴を着れたのがとても嬉しい。

よく頑張りました。
☆☆☆☆
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加