勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

大学は家庭の子育てを補完する場所ではない

2017-10-10 | Dr.ノリコ流教育論

こんにちは、勇敢な女・ノリコです。

 

大学でいろいろな学生を見ていると思う。

「なぜ、こうなってしまったのだろうか?」

時にはその親の話を耳にすることもあり、子育ての難しさを痛感する。

 

大学教育と子育てと言われても、ピンとこないかもしれない。でも私は大学業界に長くいて、確信するに至った。

「大学ではもう遅い…」


具体的に詳しくは書けないが、酷い学生は多い。成績が酷いというよりも、社会的なマナーがなっていない。一般的な常識に欠ける。規範意識というものが薄い。自分さえよければいい。自分のしたことは棚にあげて教員に泣きつく。大学という場にいるのに、自ら学ぶ(行動する)意欲がない…。などなど。

改めて並べると、書いているこちらがウツになりそうだ。これは、日本の私立大学の底辺校の話ではない。全体的に見れば比較的上位の私立大学でさえ、こうだ。印象としては年々増えている気がする。

大学に入学する年齢は、日本では早くて18歳。十分に成熟した大人である。私が日頃接する機会のある学生は20歳を越えている学生がほどんどだ。

20歳以上の大人に、一般常識から「教育する」義務が大学にあると私は思えない。こんなことは、少なくとも大学に入る以前に最低限身に付けてしかるべきだし、その役割を担うのは学校教育ではなく、家庭のはずである。


最近は学校教育に何か過度に期待する保護者が増えているのかもしれない。しかし、一般常識やマナー、礼儀、規範意識など社会で生活する上で重要な要素を教えるのは、本来家庭がメインだと私は思っている。家庭での基礎ができている前提で、学校教育でさらにそれらが深まると考える。

であるから、学校教育に勉強以外のことも含めて、すべてを期待するのは筋違いだと思うし、ましてや、高等教育・研究機関である大学に勉学(や研究)以上のことを求められる社会はおかしいと感じている。


例えば大学で勉強ができない学生にその科目(内容)を指導するのは大学の役目の一つだが、やる気がなくて単位を落とす学生への丁寧なケア(精神的なケア、フォローアップ)などは本来の役目から外れている。そのケアは私から見ればとても過保護であり、あるいは過干渉にすら見える。やる気がないのは、学生本人の問題であって、大学が直接関知することではない。成績が悪く留年したり、卒業できないのはその学生の責任であって、大学のせいではない。

(悪質なハラスメントがあれば話は別である。純粋に学業の面でいえば、単位を落とすのは本人にやる気がない、とか単に勉強不足でできなかっただけ)

もっと基本的な話で言えば、挨拶ができない学生に大学が「挨拶するよう教育する」というのはおかしいのだ。礼儀を知らない学生に、懇切丁寧に「指導」しなければ会話すら成り立たないような状況は異常である。カンニングがばれて単位を落とすのは学生の責任なのに、大学を非難するような言動を取る学生が恥知らずなのだ。

 

始めの話に戻ろう。

大学教育と子育てがどうつながるのか?

学生の学業以外の問題点を大学でケア、フォローアップしなければならない状況というのは、幼少期からの子育てが大きく影響を及ぼしているはずである。

18~20歳の大人が、最初からそうであったわけがない。みんな裸で、まっさらな状態で、母のお腹から産まれてくるのだ。(私は性善説を支持している)

自分では生きていけない赤子が、いきなり不遜な20歳になるわけがない。それまでの、特に幼少期の家庭での養育環境(子どもへの関わり方など。ここでは「家庭教育」とする)が学生の性格や言動に影響を及ぼしているであろう。


目上の人、あるいはお世話になる人には挨拶をする。自分の名前を名乗る。嘘をつかない。自分のしたことの責任を他人になすりつけない…。

社会生活を送る上で大切な、基本的なことは家庭教育が重要な柱になって育まれるはずである。

大学という場に対する考え方も、親の影響を受けるだろう。「親が学校教育にすべてお任せ」のスタンスだと、子どもの自分で学ぶ意欲も育たないだろう。自分で学ぶ、そういう風に教育していないのだから。

 

私のそういう考え方を研究室のある先生は「いまに変わる」と言う。「自分の子どもが大きくなればその考え方も変わりますよ」。

いまの大学に、私のような主張は「理想論」であり、それでは大学経営が成り立たないという指摘も受けた。

(そんなことで成り立たない大学ならなくせばいいとすら思っている。日本の大学は数が多すぎるから。無駄な「大卒」を量産しても、今後の競争社会では生き残れないだろうし。医療系学部も同様。資格があるから安泰という時代はもはや終わったと思う)

 

私も出産するまでは、もしかしたら自分のこの、ときに原理主義と捉えられる大学教育への考え方が変わるのかと思っていた。


しかし、出産しても何も変わらなかった。

それどころか、むしろ「自分の子どもをこんな学生たちのような人間に育ててはダメだ!」と決意を新たにした。

 

私の子どもが大学に進学したいと言うかどうかはわからない。したくないならしなくてもいいと思う。好きなことをすればいい。

でも。

挨拶もできない、自分のことしか考えない、一般常識に欠ける、規範意識もない、教養もない…そんな人間には絶対にしたくない。


大学はそれまでの家庭教育、家庭の子育てを補完する場所ではないのだ。

 

学校(もちろん大学も)は子どもにとって重要な場所だが、そこで充実した時間を過ごし、自立して勉学に励めるように、親(保護者)は家庭教育をないがしろにしてはいけないと思う。

幼少期の家庭教育、もっと言えば親子関係は、子どもの人生に大きな影響を及ぼすから。

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

食事に手を抜けない我が家のワケ

2017-10-09 | 女性のライフスタイル

こんにちは、勇敢な女・ノリコです^^

共働き家庭だと「食事に手を抜けばいい」というアドバイスをよく耳にするかもしれませんが、

 

我が家は無理です!

 

先日、あまりに私の体調が悪く夜何もできない状態が続いた時、運悪く、もともと忙しい夫がさらに忙しくなって2人で余裕がなくなってしまうことがありました。

普段は私が家事の大部分を引き受けていて(料理は夫メイン)、それに不満はないのですが

「具合悪くて動けない時くらい、料理以外の家事もやってよ(怒)」

と言葉にも態度にも出た結果、夫と険悪なムードになりました。

 

普段ワンオペで、さらに身重の妻が言ってもいいセリフだと思う、いや、ホントに。

 

夫は夫婦の料理を担当しているのですが、自分が忙しいからって片づけしないで放置したんですよ。

それを片付けるのは、気持ち悪かったり、ひどい頭痛でしんどい私。

ゴミ捨ての前日に家中のゴミを集めるのも私。

…。

……。

 

いや、怒りたくもなるでしょ!

そんなに片づけしないなら、変にこった料理とか作らなくていいし!と思ったわけです。

本来夕食の時間が違うところを、夫婦の時間を取るために頑張って合わせている我が家ですが、

 

「もう一緒に食べなくていい」

「各自、食べよう」

 

そんな最悪の結論になりそうだったのです。

 

さすがにそれはない、とお互い思ったのか、

 

「ものすごく簡単な夕食にしよう」

 

という妥協点を見つけて、とりあえずそれに落ち着きました。

 

それからの夕食は、ラーメンだけとか、お弁当だけとか

 

極力洗い物を減らす!

ゴミを捨てるだけでいい食事にする!

 

で実践していたのですが、ある日二人で気づくわけです。

 

「つまらない…」

「何か、違う…」

 

確かに食事の手間は減りました。食器洗いの量もぐんと減りました。

それと同時に私たち夫婦の胸の中には、何だかはっきりわからないけれど、ぽっかり穴が開いたような感じが…。

 

だいぶ前に家事代行サービスの利用を検討する記事か何かでも書いたかと思うのですが、

我が家の食事にかける情熱は並々ならぬものがあります。

(だから家事代行をお願いしても、作り置きは頼みません。掃除や片づけのみ。)

 

私たち夫婦から家での充実した食卓を排除すると、何も残らない…。

満たされない気持ちだけが募っていくということが改めてわかりました。

 

外食も同じ。「食事は外食すればいい」とか言う人も世の中いますよね。

まぁ、確かに楽ですよ。

朝食と昼食はそれでいいかもしれない。

 

でも夕食はそんなに外食したくないというのが本音。

飽きるし。

値段に見合う味のお店ってそんなにないし。

家でゆっくり(時にはダラダラしながら)食べたい。

出前(デリバリー)だって飽きますよ、毎日だったら。

 

うちにはその辺の下手な料理人より美味しいごはんを作ってくれる夫がいます。

その日の気分や私の好きなもの、冷蔵庫に残った食材を考慮して、美味しい食事を出してくれます。

仕事から帰ってきて、私が息子を寝かしつけている間にささっと夕食を作ってくれます。

 

…たまには私も作るけどね(笑)

 

二人で楽しく、美味しい食事を家で食べるという行為が、我が家がうまくいく秘訣なので、


よほどのことがない限り、食事に手を抜けません!

 

二人とも余裕がない時だけ、手軽に済ませます。できれば、その期間は最小限にとどめて。

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ATAOはやっぱり市松でしょ

2017-10-01 | バック研究科
こんにちは、勇敢な女・ノリコです。

私はすでにATAOから卒業宣言しましたが、一応新作はチェックしています。

また、友達とATAOトークをよくLINEでしてます(笑)

ブログに書くのを憚られる、厳しい会話が多いですがw

(冷静な分析と考察だけは、今度記事にしてもいいかなぁ、とは思ってます)

今期の新作が出たからか、このブログもまたATAO関係の記事へのアクセスが増えているようです。

でも、言うわ。

やっぱり市松よ!!




だいぶクッタリしてきた、愛用のnoldy。収納力が素晴らしいので、荷物が多い私にはぴったりなアイテム。


もう、みんな市松を買うといいよ。笑


Comment
この記事をはてなブックマークに追加