勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

まさかのホルモンバランス乱れに漢方ドーピングをしてみる話

2016-05-31 | 女性のライフスタイル

こんばんは、norikoです。

当たり前なのですが、女性にとってホルモンバランスはとても大切です。

詳しく語ると長くなるので、はしょりますが、私ホルモンバランスには超自信があります!

体外受精トライ時に、様々なホルモン剤を使用しましたが、自分の自然なホルモンが人工的な薬のホルモンバランスを打ち破ってしまったおかげで、なかなかうまくいかなかったという武勇伝というか伝説を持っている女です(マジです)。

 

「ホルモンバランスはストレスなどで乱れやすい」とか教科書的な表現をよく聞きますが、私自身に限っていえば

ホルモンバランスなんて、ストレスや外的要因に負けるほどやわじゃないわい!

って話ですw

 

これはさすがに生理止まるだろー、なんて思っちゃう状況が人生に何度かありましたが、全然乱れず(笑)

医学的根拠はない!と、よくバカにされるのですが、びっくりするくらい月の周期に合わせて安定している私のホルモンバランス。生理も排卵日もお月さまに聞いてみよう!って感じ。

 

私のホルモンバランス、最強だな!

 

っていつも思ってました。

(体外受精のときに使う、けっこう強いホルモン剤も効かないし。というか薬に抗って自力でいつもの周期に戻そうとしていた…)

 

そんな私でもさすがに、流産したときは乱れましたよ。稽留流産で自然に排出されなかったので、仕方なくオペで出しました。流産オペ後、自然に生理が戻るはずが戻らず。1度目のホルモン剤を服用しても戻らず。2度目にさらに強い薬にして、やっと生理が回復。という流れで、さすがにホルモンバランスは乱れに乱れてました。

でも、流産したときくらいです、バランスが乱れている自覚があったの。

それ以外は「お月さまに聞けばすべてわかる!」という最強のホルモンバランス女でした。

 

出産後、母乳がそれほど出なかったので2か月で完全ミルク育児へ。その一か月後には生理が回復して、周期も安定している!と思っていたのに…

 

あれ、最近身体がなんか変…。

うーん、おかしい。

ホルモンバランスが乱れている感じがする!!!

 

ホルモンバランスって不思議ですよね。なんて表現していいのかわからないのですが、「身体の中の何かがおかしい」感じなのです。

 

やはり出産するとホルモンバランス乱れる女性が多いというのは真実なのだと思ふ…。

 

というわけで、かなり気休めですが、漢方ドーピングしてみるよー!!


トウキシャクヤクサン。

はい、ツムラの23番です。

婦人科でよくもらえる漢方薬です。

確か流産オペ後にもらった記憶が…ものすごく余っているので飲みます(もったいないし。笑)

 

原因は出産後のホルモンバランスの乱れと、最近の多種多様なストレスのせいだと思い、昔のホルモンバランス最強女に戻る日を夢見ています。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

私がいまさらほぼ日手帳カバーを変えた理由

2016-05-30 | 日記

コマンタレブー、norikoです。
(いい加減フランスかぶれはやめろw)

私の手帳はここ数年、ほぼ日手帳。今年、2016年もほぼ日手帳を使っております。

ほぼ日手帳に不満がないわけではないのですが、毎年手帳を検討するも、いつも「総合的にほぼ日手帳が使いやすい」という結論に達し、現在に至ります。

2016年手帳選びの話はこちら→★

ほぼ日手帳とEditの比較はこちら→★



今年はこちらのカバーを使っていました。

キティちゃん( ´∀`)トリコロールでかなり可愛いのが決め手でした。




が、このタイミングでカバーを変更することにしました。

新しいカバーはこちら!
革カバーのrossoです。



えっ、いま5月よ?というかもう6月よ?
これからさらに暑くなるのに、赤って暑そうじゃない??

って思った方、きっといるはず。

なぜ変えたのか?
いや、むしろ、なぜ変えなければならなかったのか?



赤で気合いをいれるのだーー!!!

 

皆さん、色の影響・効果についてご存じですか?

あまり意識しない方が多いのかな~って気がしますが、色の効果は絶大なのです。色にはすごい力があります。

実は私、色にはちょっと詳しいのです(えへん)☆

 

…のはずだったのですが、最近全く色のパワーの恩恵を受けておらず。

悩み多きお年頃で(!)もやもやした日々を送っておりました。

 

もともと私は「攻め」のタイプ。

でも、いろいろなことに精一杯で、どうやらかなり守りの姿勢を取っていたようです…。

 

そんな時こそ、赤!!

 

攻めるのだー!!(笑)

 

赤は積極性や行動力を表す色です。攻撃力が増す色でもあります(笑)

エネルギーにあふれる色、赤。

今こそ赤のパワーを使うとき!

 

そんな感じでカバーを気合の入る赤に変えました☆

私はいつも手帳を傍らに置いておくので、いつでも赤が目に入ります。

 

気合だー!! 

 

そもそもキティちゃんでは、色がうんぬん以前に、力出ないですよねー。あははっ。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

生物学的な時計の針は決して止まらない、戻せない。

2016-05-28 | 生殖医療

コマンタレブー、norikoです(フランスかぶれ風に)。

昨日ネットサーフィンしていて、とある妊活中だという女性のブログを目にして思ったことがあったので書きますね。

 

すばり

「今のあなたが一番若い!」


何か前にも書いた気がするのですが、これ何度でも言います。

今日より明日のあなたのほうが若いなんてことは絶対にない、です。

これは妊活に限ったことではないですが。何をするにしても、今のあなたが一番若いのです。

 

妊活を「子どもを欲しいと思って努力すること」だとすると、高度生殖医療を利用すること(いわゆる不妊治療を受ける、かつ体外受精以上のことをすること)を含むのかしら。

私は「妊活」と「不妊治療」は別物だと思っているのですが、「子どもを欲しい!」という一点のみに集中すると、不妊治療も妊活の中に入るという前提で話を進めますね。

 

そのブログの女性は20代後半、もうすぐ30歳近いようでした。

3年ほど妊活をしていて、なぜ妊娠しないのか苦しい思いをしたことも多かったようです。

そんな時にどのように妊活に向き合うかということを教えてくれるメンターに出会ったのか、食生活の見直しや体質改善に励むことにしたようです。

今後もしばらくその方針を取るらしい。

 

食生活や生活習慣全体の見直しや、体質改善をすること自体はいいことだと思います。


でもね、言わせてほしいな。

そればかりに集中して後悔しないように!!

 

というのも、規則正しい生活や質の良い睡眠、適切な食生活、体重管理や体質改善は、別に妊活女性に限らず、すべての人間にとって良いことだと思います。

特に妊娠したいと思っているカップルは、重視しても良いかもしれませんが、妊娠・出産は(私のかかりつけ産婦人科ドクターの言葉を借りると)「神のみぞ知る」領域の話なのです。

どんなに健康で、規則正しく、パーフェクトな生活を過ごしていても、自然妊娠しないカップルはいます。何年経っても、一度も自然妊娠しないということもざらです。

一方、自堕落な生活をしていて、喫煙飲酒がどれだけ半端なかろうが妊娠する人はします。どんなに多大なストレスがかかっていても妊娠するときはします。

 

生活習慣や食生活が、必ずしも直接妊娠に結びつくわけではないのです。直接結び付く人もいるとは思いますけど。

カフェイン抜きの生活にしても、妊娠しない人はしません。そもそも、ある程度のカフェインなら妊娠に影響はないようですから、大好きなのにコーヒーや紅茶を我慢する必要はないのです。

 

ぶっちゃけていうと、子どもを欲しいと思っているのに20代で3年も妊娠しないなら、すぐに病院に行くべきです。

悠長に体質改善とかやってる場合ではないと個人的には思う。病院での検査と並行して体質改善を試みるのは良いけれど、生活習慣の見直しや体質改善だけだと時間を浪費するだけになってしまう危険があります。

月経不順や排卵障害があるのに放っておくのは論外ですが、普通の生活をしていて妊娠しないのであれば、何か問題がある可能性が高いと思います。

男性不妊は女性が努力してもどうにもなりませんし、月経があり、排卵もちゃんとしていそうでも、卵管性不妊(卵管閉塞や狭窄)であれば病院で検査しないとわかりません。

 

「積極的に治療を受けるのは抵抗がある」という人は多いと思いますし、理解もできます。

でも若いからこそ、望んでいるのに妊娠しないのであれば一度検査を受けたほうが、今後の戦略を立てやすいのは間違いないです。

 

一度しかない人生だから、後悔のないものにしたいですよね!

あとで「もっと早く知っていたら…」なんて後悔するより、様々な可能性を考慮して行動しておくのが良いのでは!

特に妊娠・出産はタイムリミットがあります。

生物学的な時計の針は決して戻せないので、お忘れなく…。

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

私の活躍はあるのか?我が家の保育園問題というかほぼ愚痴。

2016-05-22 | 女性のライフスタイル

「保育園落ちた、日本死ね」の匿名ブログが話題になったのは記憶に新しいかと思います。

保育園に申し込むか否か、当初我が家で様々な意見が飛びました。

 

去年、一応ではありますが、区役所に行って申請書類はもらっていたのです。

預けるとしたら、自宅から一番近くで第一希望の園がありましたが、息子の月齢だと申請もできないということでいきなり萎える。

そして続けざまの攻撃が。

私のような身分上「大学院生」だと、申請に不利かつ面倒くさい!

一応学内で仕事もしているので、そちらは「パートタイムで勤務」していることになっても「就学」の際の届け出が本当に面倒くさい。在学証明書はともかく、スケジュールを出せとか言われ、「スケジュールってなんだよっ」状態です。大学院で研究しているので、授業なんてないし。いや、ないし。うん、ないよ!!

学位研究のために大学院生してます、と区役所で主張しても何も意味がないと悟る…。

「で、どういうスケジュールで動いているんですか?週何回授業に出ないといけないんですか?」

みたいな質問をされて…。

「とりあえずなんでもいいから大学に行っているという記録を添付してください」だそうです。何よ、それっ!!

 

学位を取るまでは夫婦双方の親が子どもの面倒を見てくれるので、何とかなるかな、と思ったのです。

あとね、保育料が高いの。けっこう高くなるの。私が稼いでいないのに保育園預けると、どう考えても世帯的には赤字。

申請するまでがまず面倒で、申請しても入れる保証はないし、入園できても保育料は高いし、もうなんていうか保育園問題を考えたくなかったんですよね。

 

学位さえ取れれば、あとはゆるく社会につながりながら、のんびり子育てしよう!

くらいのテンションに一瞬なってた私。

 

そこに降ってきた、うちのボス(教授)からのありがたい一言。

 

「学位取ったら、うちでポストあげます」

 

わぁお!


教授が退任するまでの2年ほど??という期限付きですが、ものすごいありがたいことを言っていただいて嬉しかったです。

 

が同時に焦った。

「あれ、ポストもらったら、さすがにもう少し大学に行かないとまずいよね…?」

いや、絶対マズイでしょっ!!

という感じで、保育園に子どもを預けないとやっていけない状況に陥ったのであります。

 

でも、今の大学院生プラスパートタイマー的な立場で申請することのハードルが高くて、テンションはダダ下がりです。

学位研究は目的地を見失い、完全にさまよっていて精神的に余裕がありません。(時間がないのにー!)

そんな中でどうして母親である私だけがこんなに大変な目に合わなければいけないのか、ちょっともやもやしています。

日々家事や育児をして研究に集中できないのに、保育園の申請書類を書いたり集めたりするのが本当にストレス。

マルチタスクができても、さすがにそろそろ余裕ないよ、私。

 

もっと申請を簡単にしてほしいし、さくっと入れて欲しいなぁ。世帯単位だとそこそこ税金払っているしさぁ。。。

申請してもし落ちたら私が「日本死ね」状態になりますよ。だって活躍できないもん!

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ブログに関するもやもやの件

2016-05-21 | 日記

前にも少し書きましたが、書きたいことはたくさんあるのに、書けないことが多すぎてこのブログどうしよー、と悩んでいます。

 

育児ブログを書きたいわけではなく。

いまさら我が家の不妊治療を振りかえってもなぁ…と思ったり。

専門である生殖医療について意見を書いても、誰も幸せにならない…。

 

特に書きたかったはずの生殖医療の話がずいぶんご無沙汰で、このブログ意味あるのかと常に自問自答しています。

私の専門範囲だとどうしても倫理的な議論になる上に、自分のスタンスは「苦しんでいる人々」には愉快なものではないからです。

特に第三者が関わる生殖医療は、ヘテロだろうがセクシャルマイノリティだろうが、基本的には反対の立場なのです。

今回その内容には詳しく触れませんが、第三者が関わる生殖医療の話は研究だけでしようかな、と。

 

今年博士号を取得したら、幸運にも同じ研究室でポストを頂けるという話になっています(これ、私の学術的バックグランドを考えるとかなりすごいこと!)。

研究は堂々と続けられるので、生殖医療は学会発表や論文でだけにしよう。うん。

 

知り合いから個人的に生殖医療のことで相談を受けることもあるので、まあ、もし個人的に相談したいという方がいたらメッセージ下さい。

特に第三者が関わる生殖医療に関しては、どのようなリスクや問題点があるか、基本的に厳しい話しかしませんが客観的にいろいろな側面から、それらの利用を検討したい方々のお力にはなれると思います。

それらを支持している医療者やビジネスとしてやっているエージェントは良い話しかしませんからね。

 

目下研究が大詰めでゆっくりブログを更新している余裕が今はないのですが、学位を取得したタイミングでブログをリニューアルしようと思っています。

構想を練っているところです

バックの話しかしないブログとかどうだろう?(笑)

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加