勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

「自信」とは何か

2016-12-28 | 勇敢な生き方のためのヒント

こんにちは、勇敢な女・Dr.ノリコです^^

先日自宅で食べた生牡蠣で感染性胃腸炎になった模様です。昨夜、本気でダウンしていました…。

しかし、二度と生牡蠣を食べるまい!と思うほどではなく、比較的軽めの症状だったので、私はまた懲りずに生牡蠣を食べます。

だって生牡蠣が好きだから!!

 

さて、私、よく「ノリコは自分に自信があるね」と家族や友人など親しい人に言われるのですが、

はい、

自信がありますけど、何か問題でも?^^

 

このように書くと、すごく「自信家」のように聞こえるかもしれないけれど、実は違います。

私が自信があるように見えるのは、また実際自信があるのは、私に「自信があるね~」と言ってくれる親しい人々がいるからなのです。

 

博士号まで持っているというと「すごいね!」など何だかすごく優秀な人だと思われることもあるのですが、実は全然優秀ではありません。時代が時代なら、博士号なんて取得できなかったレベルの頭だと冷静に分析しております。周りの助けがあってこその、博士号。

英語はできません!できるように扱われるけれどね…。(怪しい英語もどきで空港カウンターでは戦えますが。。。)

デジタルに弱いので、パソコンや機械操作はほぼできる人に丸投げ!!触ると機械が壊れるレベルのデジタル音痴です。

困ると「誰か助けて~~~!」ってすぐに言っちゃう。とりあえず、何でも困ると誰かに助けを求めるタイプです。

お金にあまり興味がないせいか、金勘定が苦手で、Theどんぶり勘定。母方の祖父の信条を受け継いで「宵越しの金は持たない」。酒代と買い物にはそれなりに支払い、「よくお金ない、ヤバい~~」ってなってます。

料理は普通にできる(と思う)けれど、夫の方がうまいから、なるべくやらない。

強そうに見えて、意外とメンタル弱い。

当たらないと言い張って生牡蠣を食べて、感染性胃腸炎になったり…(笑)

 

などなど…。

 

他にも書き出すときりがないのだけど、ダメダメなポイントっていっぱいあるんです。

当たり前だと思いますが、人には長所も短所もあります。両方あるのが、当たり前だと私は思ってる。完璧な人間なんてこの世にはいません。

 

私なんて自分ではできないことの方が多いと思っているので、助けを求めることを躊躇しない。

 

「あれ、それって自信がある人なの?」

ってちょっと疑問に思いませんか?自信家のイメージと何か違う気がしませんか?

 

「自信とは、何か?」

気になってきましたね!?

 

この質問にとても素晴らしい答えを提示してくれた、ある本の一部を引用させてもらいます。

今後別の話でご紹介しようと思っていた『いい子に育てると犯罪者になります』(岡本茂樹著、新潮新書:2016)。本のタイトルはすごく気になるものですが、内容はとても真面目で、犯罪者の矯正教育から健全な子育てとは何かを考えさせてくれる良書です。

この記事を書こうと思っていた時に、たまたま読んでいた本の中に、「まさに!」という指摘を見つけたので使わせて頂きました。

以下、引用です(p.214より)。

--------------

自信とは、揺るぎがないものです。人より何かが優れていると感じることは、本当の自信にはなりません。また、人から「自信を持ちなさい」と言われて、自信が持てるわけでもありません。

結局、自信とは「自分は自分でいいと思えること」です。私たちは、弱さや弱点や幼さをいっぱい持っています。弱さや弱点や幼さを持っていても、「こんな自分でもいいんだ」と思えることです。

-----------

 

これです。

私が自信があるように見える理由。実際、「自信」がある理由。

 

私は私でいいと思っているから

ダメなところもいっぱいあるけれど、私は私だからいいんだと思っているから

 

だから、私は自信があるのです。

そして、こんな私をありのままに受け止めてくれる周囲の親しい人々がいるから、自信があるのです。

 

「私、何もできないんです…だから自信がない…」とか思っている方。

まず、自分が自分であることを認めてあげてくださいね。何ができるとか、できないとか、それは関係ありません。

 

「自分が自分でいいと思えること」が自信です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保育園問題の衝撃を受けた忘... | TOP | 全部手に入れたいと思うのは... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 勇敢な生き方のためのヒント

Trackback

Trackback  Ping-URL