勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

「歳を取ると生き方は、顔に出る」

2017-08-10 | 勇敢な生き方のためのヒント

こんにちは、勇敢な女・ノリコです。

 

私は子どもの頃、機嫌が悪くなるとよく頬をふくらませていて「フグ!」と親に言われていました(笑)

 

そんな私に母が昔から言っていたことがあります。

「若い頃はいいけれど、歳を取ると顔に出ちゃうから気を付けなさい」

と。

フグの顔になるわけはありませんが、要は「生き方が顔に出ちゃうよ」ということです。

 

私、頑固なのですが自分で納得したことは大変素直に受け止め行動する人間でして、この母の言葉はずっと心に留めてあります。

 

以前、何回か「若さ」についての記事を書きました。

主に「女性の若さ」についてでしたが、この母の言葉

「歳を取ると生き方は、顔に出る」

は、「若さ」にも少し関係があります。

 

おおむね20代としておきましょうか、若い時はまだ若さでカバーできると思います。

その人がどんなにひどい人間でも、中身がなくても、「まだ若いから」「若くて経験が少ないから」で大目に見てもらえることもあるでしょう。

でも30代くらいからは、本当に顔に出てしまう。

その人の性格の悪さや深みのなさ…

今まで若さで何とか隠すことができていたものは、その若さがなくなるともうどうしようもありません。

 

怒っていれば怒った顔に。

不幸な顔をしていれば不幸な顔に。

他人をひがんでいればひがんだ顔に。

 

以前の記事の補足のような内容になりますが、「若さ」にメリットがあるなら

「(悪い意味で)顔に出てしまう生き方をごまかすことができること」

なのかも。

 

顔は自分で作るものだ、と身にしみます。

その人の生き方が如実に顔に表れるから。

 

笑っていれば笑った顔に。

優しい顔をしていれば優しい顔に。

他人のことを思いやれば、思いやりのある顔に。

 

 

生き方とは、ライフスタイル・価値観・思想・性格…などすべて。

 

もちろん30代からでも自分の顔は自分で作れると思います。

人生が80年だとすると、私もまだまだ自分の顔を作ることができる時期にあると思います。

 

日々、謙虚に。

日々、学んで。

周囲の人への感謝を忘れずに。

そういう顔を作っていきたいですね。

 

 

 

…しかし、


あふれ出る勇敢さは、もう隠せない!w

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物園が苦手な子どももいる話 | TOP | 合皮は合皮の良さがある »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 勇敢な生き方のためのヒント

Trackback

Trackback  Ping-URL