勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

子どもが欲しい?レスではできません!

2017-06-13 | 生殖医療

こんにちは、勇敢な女・ノリコです。

かなり真面目なお話ですよ。

 

子どもが欲しいのに、ずっとレスだという夫婦が多いそうな…

 

そんな話を聞いて、目玉が飛び出ちゃう勢い。

 

当たり前だけど、言いますよ。

 

レスではできません!!

 

子どもを授かりたいなら、レスを解消しましょう。

やることを、やろう。

まずは。

 

「まずは」と書きましたが、結婚した年齢、レスの年数(いつごろから、どれくらいの期間か)によっては

もしかしたら不妊??

の可能性もないわけではないので、子どもを授かりたいと思うなら夫婦ともに検査はしておいてもいいかもしれません。

 

例えば、

 

結婚した年齢

妻:33歳 夫:35歳

結婚1年後には、ほとんどレス状態で2年経過…

 

なんてご夫婦がいたとすれば、レスの解消(のための努力)と同時に不妊の検査はしてもいいのかな、と個人的には感じます。

 

この例だと、最初の1年間は交渉があったわけですし、その間に妊娠はしていません。

その後レスになって2年とすると、すでに妻:36歳 夫:38歳。

もし不妊原因がどちらか(あるいは両方)にあったとするとレスの解消だけでは、間に合わないかもしれません。。。

 

「体外受精でも妊娠するかわからない、無事に子どもを授かるかわからない」…何度かこのブログで書いています。

「生物として妊娠適齢期はある」…これも書いています。

 

 

レスは解消しないと、どんなに子どもを授かりたくても無理です。当然ながら、女性だけでは妊娠できません。

レスになる理由はいろいろとあるかもしれませんが、今回はそれについては言及しません。

 

ただ言えることは、

「子どもを授かるということは、夫婦二人で向き合う問題である」

ということです。

夫婦二人の子どもなのです。

授かるにせよ、結果として授からなかったとしても、二人が同じ方向を向いていないとただ妊娠しても何も良いことはありません。

 

夫婦二人で本当に子どもを授かりたいのか、一度深く話し合う機会を設けてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタリアと沖縄に旅行した気... | TOP | レノアハピネスアロマジュエ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 生殖医療

Trackback

Trackback  Ping-URL