勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

自信がある人は、変に自分を着飾らない

2017-09-21 | 勇敢な生き方のためのヒント
こんにちは、勇敢な女・ノリコです。

先日ある女性と「身なりで人を判断すること」の良し悪しについて、少し話した。

ある種の職業の人は、仕事上だけならまだしも、プライベートでも「身なりで人を判断する」らしい。もちろんポジティブな意味ではない。

相手がどんな仕事をしていて、どれくらいの年収があるのかも知らないのに、休日や平日の朝に子どもを遊ばせていたパパ(=その女性の旦那さん)の服装を見て「足元を見た」らしい。明らかに下に見られていい気分になる人はいないだろう。

しかもそのご家庭は、そんな無礼な態度を取られて足元を見られるようなご家庭じゃないんだけどね…。その女性は、一見そんな風に見えないけれど、かなりのバリキャリだし。


「いい格好」をしている人が偉い、丁寧に扱うべき。そんな風に考える人間の器の小ささを感じる。
(そもそも、たとえ自分より収入が低かったとしても、それは相手を見下していい理由にはならない。)

もちろん社会生活をしている上で、TPOはわきまえるべきだと思うし、ある種の場所でドレスコードを守るのは最低限のマナーだろう。

しかし、子どもを遊ばせているパパの服装を見て、バカにするって…どっちがおバカなんだか。


そんな話をしていて思い出した。うちも以前に夫が銀行で適当に扱われてさすがに怒っていたわ。住宅ローンを組む時。夫は服装だけなら完全に職業不詳で、何なら日雇いの労働者ですか?という風貌と格好なのだけど、実際はそれなりに収入もあるし社会的に意義のある仕事もしている。格好でバカにされるのは失礼極まりない。普段温厚な夫もそれは怒るだろう。

まあ、ボロボロのリュックを背負っているのがいけなかったとは思うけど。笑


余談だが、もう亡くなっているけれど、私の大叔父はボロボロの小銭入れ(かそれに近いかなり小さめのお財布)に何万円も諭吉先生を折りたたんで持っていた。その大叔父は、妹にランドセルを買ってくれたのだけど、支払いのときに側で見ていた私もびっくりした記憶がある。母の話によると、いつも10万以上入れていたのではないか。ボロボロの小銭入れに(決してお金持ちではなかったはずだが)。街行く人々は、誰も大叔父がそんなお金を常に携えているのは思わなかっただろう。服装や持ち物で、人のお財布事情は計れない。


実際ものすごくお金を稼いでいる人でも、プライベートの普段着はヨレヨレのユニクロを着ていて、妙に安心したことがある。

最初の「子どもを遊ばせていたときに服装で足元を見られたパパ」の奥様が言っていたことに全力で同意したい。

「自信のある人は、変に着飾ったりしない」。


自信がある人は、無駄に服装や装飾品で自分をきらびやかに見せようとはしないのだ。だって、そんなことをしなくても自信があるから。他人から見えるところだけ着飾っても意味がないことをよく知っているからだと思う。

それに、自分に自信のある人は相手の服装を見ていきなりバカにするなんてことをしない。ましてや、子どもを遊ばせている時のプライベートの服装で相手を下に見るなんて、そんな愚かなことはしない。


そういえば、昔の知人男性は無駄に見えるところにお金をかけていた記憶がある。高いジーンズを履いたり。父親からもらったロレックスを嬉しそうにつけて眺めてたっけ。自分はただの学生のくせにね。自分に自信がない男だったから、高いものを身に着けていると自信がついたように感じていたのだろう。

高いもので着飾ればエライと思ってしまうような人々とは、ちょっと仲良くできないかも。

見えるところだけきらびやかで中身がなかったら、ただのハリボテだよ。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女はやっぱり生きづらい!? | TOP | 銀座で久しぶりの外食・リヨ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 勇敢な生き方のためのヒント