勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

マンガは高度な思考力を育てる最強のツール

2017-06-28 | Dr.ノリコ流教育論

こんにちは、勇敢な女・ノリコです^^

 

皆さん、マンガはお好きですか?

私は大好きです☆

子どもの頃からマンガばかり読んでいる(笑)

大人になってもやめられなーい^ - ^

 

子どもにマンガを読ませることを躊躇しているご家庭が多いのかどうかはわかりませんが、

マンガはそんなに悪いものじゃないよ

とお伝えしたいと思います。

 

その主な理由

1.読解力を必要とされる

2.思考力が身に着く

 

こう書くと面白みが全くないので、私の中学生の頃の話と浦沢直樹先生の名作『MONSTER』を交えて書いていきたいと思います。

 

私が中学生の頃、ある同級生Sちゃんと読書の話になりました。

私が源氏物語を想定して「光源氏」と発言したのに、アイドルの「光GENJI」だと思ったらしいSちゃんには大いに笑わせてもらいました。

 

その時点でだいぶ噛み合っていないのですが、なぜそんな流れになったのでしょう、私が「何か貸そうか?」という問いかけることになりました。

そのSちゃんから「本を読みたいけれど読めない」と返ってきました。

 

(なるほど、本を読みなれていないから長い文章が苦手なのかな。じゃあ、マンガなら大丈夫かな、絵もあるし!)

 

私「マンガならどう?面白いの、いっぱいあるよ!」(ニコニコ)

 

Sちゃん「え?マンガ?マンガも読めない」

 

読めない?

マンガを読めない??

読めないってどういうこと????

 

ハテナマークが頭上を駆け巡りました。

そう、マンガすら読めないという衝撃の告白でした。

普通の本は読めない、マンガも読めない…彼女は一体何の本なら読めるのでしょうか?

(Sちゃんが今何をしているかは全く知りませんが、彼女は学校の勉強はできなかったと記憶しています。)

 

この事件で、私は悟りました。

(私にとってはかなりの事件でした…)

 

家庭で本を読む習慣がない子どもは、マンガすらも読めなくなるのだ、と。

 

本を読まないと読解力は身につかないでしょう。

読解力がないと本を読めないでしょう。

「卵が先か、鶏が先か」…どちらかかはわかりませんが

本を読む ⇔ 読解力

は相互に強く関係し合っていることに間違いはありません。

 

マンガを読むことができるとは、ある程度の読解力がある、との証なのだと痛感しました。

 

次に思考力が身に着くとはどういうことか。

ここで『MONSTER』の登場です。

すでに古い作品なので、読んだことがある人もいらっしゃるでしょう。

読んだことがない方のために、ストーリーに触れることはやめておきますが、この作品を一言で表現すると

 

深い!!

 

です。

ざっくりしすぎですね…(笑)

 

なぜ深いのかは、読めばわかると思いますが、ものすごく考えさせられるテーマがちりばめられています。

 

私が『MONSTER』を読んで思い浮かんだテーマを簡単にいくつか挙げておくと、

・子どもの発達心理

・「名前」があること(「名前」を呼ばれること)の重要性

です。

読んだことがある人には「なるほど~」と思って頂きたいところなのですが、皆さんうなづいて下さったでしょうか?笑

 

特に「名前」に関しては、すごく哲学的というか…うん、深いよね、と当時関心しながら読みました。

(いろいろとざっくりしすぎ…笑)

 

「名前のない怪物」。怖いけれど、とても哀しい。

 

最後の「本当の怪物は誰?」という問いは、何だか本当に悲しい気持ちになったのを覚えています。

一体誰が悪かったのか?

「彼」が被害者ではなかったのか?

 

などなど、読了後まで様々な視点から考えさせられるテーマや問いが多い作品だと思います。

 

「たかがマンガと侮るべからず」なのです。


広げようとしたら、いくらでも広げて考えることができる優れたマンガは日本には他にもたくさんあります。

 

知らない人はいないであろう、手塚治虫先生の 『ブラック・ジャック』は、医療倫理や生命倫理を考える上でも、とても難しいテーマを扱っていると思います。

例えば、

「無免許だけど必ず治す医師」と「免許はあるけれど絶対失敗するヤブ医者」のどちらに診てもらいたいですか?

人の命を救うことが絶対に正しい医療なのでしょうか?

こんな風に問われたら、皆さんはどうお答えになるでしょうか。

 

 

ということで、私はめちゃくちゃマンガ推しです。

マンガを読める子は

・知的好奇心がある

・自分で考える力を持っている

と考えています。

 

マンガの国・JAPANでマンガを教育に利用しない手はないでしょう。

 

優れたマンガ作品を題材にディスカッションさせるというのも楽しい教育だと思うわ、私(笑)

MONSTER 完全版(ビッグコミックススペシャル) 全9巻セット
浦沢 直樹
小学館
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みな平等に時間は過ぎる。バ... | TOP | イケダン化する夫、海外出張... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL