勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

【再掲】ベビーシッターと保育園、結局どっちが良いの?

2016-10-18 | 女性のライフスタイル

先日初めてベビーシッターを依頼してみたという話をしました(こちら→☆

その後ストレスになりながらも、いわゆる「保活」しましたが、我が家は保育園に入れそうもないので、第三の選択肢(?)に進むことにしました(それについてはまたいつか)。

しかし、改めて保育園とベビーシッターを比較して、検討してみました(ざっくりね)。

夫婦共働き、平日週5日・9-17時勤務という設定で考えました。実際は我が家の状況と全然違いますが、サンプルとしてご参照ください。

今回の比較ではベビーシッターを依頼するというのは、もちろん家と子供を預けて出かけるという想定です。

 

なお、私自身はベビーシッターを適宜、今後も利用しようと思っています。スポット的に、息抜きしたいときとか、自宅で作業したいときとか。

 

【保育園のメリット】

費用が安い。※あくまでベビーシッターと比較しての分析です。

認可保育園、0歳児、週5日、保育料MAXでも、自治体によって差はあるとは思いますが7-9万くらいですよね。

 

子供が集団生活に触れる良い機会になる。 



【ベビーシッターのメリット】

慣れている自宅で、子供にストレスが少なく保育可能。

安心の我が家

 

簡単な家事などの依頼・交渉も可能で、忙しい家庭にはシッティング以外のプラス要素がある。

簡単な掃除や洗濯、洗い物など、やってもらえると助かる~! 

 

天候に左右されず、親は自宅に帰宅するだけでよいので送迎の手間や負担がない。

これ意外と重要だと思いますね~。保育園の送り迎えはかなり大変だと思います。いつも晴れているわけではないし。自分は普通に帰宅すればいいだけなので、気が楽ではないでしょうか。

 

病児保育可能なシッターさんもいるから、子供が体調を崩したときも対応してもらえる可能性がある。

保育園だと病児を抱えると親は頭を悩ませます。37.5度の壁…。

 

 

【保育園のデメリット】

集団生活で病気をもらってきやすい。

病児対応できる保育サービスや家族の助けなどがないと、子供が病気になったときが大変…。途中で呼び出しがかかったら、仕事を抜けて迎えにいかねばならない…。

 

多くの保育園は飽和状態で、保育士の目がすべての子供に行き届きにくい。

実際、問い合わせたところ東京都の認証保育所は、定員オーバーで受け入れて対応してくれているところも多いようです。受け入れてくれるだけありがたいとはいえ、子供ひとりになかなか目が届かない状況でしょう。保育士さんも大変だし…。

 

保育園が決まるまで「保活」が大変。←

これね…多くの働く女性が苦労しているわけですよ。もっとすんなり希望したところに入ることができれば、このストレスが減りますよね…、いや、本当に。 

保育園に入れなくて、仕事を辞めざるを得ない女性も多いですから、本当に何とかしてほしいです。

(オリンピックとか築地市場の移転とかに税金使っている場合じゃないって…)

 

【ベビーシッターのデメリット】

費用が高い!!!

これがまず挙げられるでしょう!

例えば、時給1,500円のシッターさんに、(親の通勤帰宅時間を考慮して)8-18時お願いするとします。週5日ですよ。

ざっくり計算しても1,500円×10時間=15,000円

これにシッターさんの往復交通費。仮に800円とします。

15,800円/日なので、1週間だと79,000円。

…あれ、認可保育園の1か月のMAX保育料を越えちゃう勢いじゃない??

 

で、1か月を4週間とすると、79,000円×4週間分=316,000円。

 

いや、高すぎでしょーーーーーーーー><

 

こんな金額出せるなら、シッティング可能な住込み家政婦さんを雇うわよ、あたしっ。

 

信頼できるシッターさんを確保するまで、試行錯誤しなければならない。

どういう経路でシッターさんを探すにしろ、自宅と子供を預けるわけです。大切な、大切なもの・人をシッターさんに全信頼をおいて、託すわけです。

そこまでのシッターさんにすぐに出会うことができればいいですが、見つけるまで、どれくらい時間がかかるのか未知数。不安定要素と言えます。

そもそも、自宅(鍵)や子供を預けるリスクもあるので、このあたりをどのように考えるか、難しいところですね。

 

――――――――

いかがでしょうか。

 

個人的な結論としては、

 

1.保育園代わりにベビーシッターという選択は経済的な理由から全く現実的ではない。保育園がリーズナブル!

2.定期利用ではなくスポット利用として(病児保育など含めて)考えると、ベビーシッターさんのメリットはかなりあると思われる。

3.すんなり、望んだ家庭が保育園に入れるといいよね(←これよ、これ!)

 

って感じでしょうか。

ざっくりでしたが、参考になれば幸いです。

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夫婦の時間が足りない病 | TOP | ライフプランではなく、ライ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL