勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

子どもに公教育を受けさせることを躊躇する理由②

2017-04-29 | Dr.ノリコ流教育論

こんにちは、勇敢な女・ノリコです^^

長くなりそうなので、記事を分けました。

 

前回(子どもに公教育を受けさせることを躊躇する理由①)はこちら→☆

 

何でこんなことを書いたのか?という理由は大きく2つあります。



以下、2点です。

・もともと私はずっと日本の教育に疑問を持っている

(そのため子どもを授かる前から「子どもを授かったら教育をどうすべきか」本気で悩んでいる)



・身近な外国人の友達と教育環境のことでお互いの思いを話し合った

 


1点目に関しては前の記事で、日本の学校教育に対する疑問や違和感の一端を書きました。

(また、いつかこの点に関して掘り下げて書ければいいなー)



2点目に関して、今回触れていきます。

身近なママ友は、以前にも何かの記事で登場したかもしれませんが、韓国人ママで私たちの共通語は英語です。まあ、私の怪しい英語で何とかコミュニケーションを取っているという感じですが(笑)

韓国人ママの息子くんは我が息子より上で、うちの息子よりもだいぶ先に小学校をどうするか問題に直面します。


このファミリーは、パパも元々韓国人なので、メインの言葉と文化的には韓国なのですが、パパは英語も日本語も流暢に話すので国際的なファミリーです。

息子くんが小学校卒業くらいの年齢までは日本で暮らす予定らしく、小学校問題はまさにもうすぐ真剣に考えなければならないこと。ご夫婦でいろいろ悩むそうです。


一番の選択肢はインター系小学校。この韓国人ファミリーは、たぶん都内のどこかのインター系に進むでしょう。実際インターが多い都心部への引っ越しも検討して、学校の情報も少しずつ集めているようです。



「韓国の教育が好きじゃない」という想いは強いみたい。

私が日本の教育で感じている違和感が韓国の教育にも当てはまるらしい。というか韓国の教育事情の方がもっと大変なのかもしれない…(テレビで良く見る韓国のお受験問題とか、日本の比ではないような…)

知識詰め込みで、先生の言うことは絶対、自分の意見を言えない雰囲気…

そんな感じらしいです。

(噂に聞く、超学歴主義もすごそう…。)

文化的バックグラウンドを考えても、日本の教育事情を考えても、やはりインター系がベストなのかな、と思っているようです。

 

そんな話をしていて「まだ先だけど、ノリコの家はどうするの?」と聞かれ余計に悩むわけです。

 

自分が違和感を覚えまくっていた日本の公立小学校に行かせるのがベストなの?

じゃあ私立お受験???(でも日本の教育であることには違いはないしなぁ…)

え、インター系?親が二人とも日本人で、仕事内容を考慮すると海外で何かする可能性は低いのに、子どもだけ外国語教育を重視する???(いや、それ以前に授業料高いらしいし、現実的ではないだろう…)

 

とかとか!!

まだ2歳にもならない息子を抱え、二人目体外受精もしていて、教育にそんなにお金かけられる?

かけるべき???

どうする、我が家!?

 

悩むのが早すぎる、というツッコミはやめて~(笑)

 

ということで、また続きます。

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもに公教育を受けさせる... | TOP | 自分の人生は他人の方が冷静... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは^ ^ (nakko)
2017-05-01 11:02:28
私もなんとなくノリコさんの様な疑問を抱いてましたが私達夫婦も子供(男です)も公立小・中学に行ってます。
保育園3年、幼稚園年長だけ行ってたんですが、
その頃から絵を描く事が大好きで、独特な色遣いをしてました。
例えば太陽だと、大体は黄色や赤などで書くと思いますが、息子は黒やピンクで書いてました(^^;;
ママの絵を描こうと言う時も私は水色〜紺色のグラデーションで描かれていました。笑
本人曰く黒で書いた時は太陽が怒って見えた、ピンクの時は楽しそうだったから、私が水色だったのは私の好きな色だったからしいです、笑
どちらも良い先生達に恵まれたのか、良く褒めてくれて絵のコンクールによく出品してくれていました。

でも小学校に上がると、やっぱり図工の時間が苦痛になった様です。
太陽は黄色!人の色は肌色!と言われ相当なストレスでした。幸い6年それぞれの担任の先生が理解してくれて、また図工の先生も変わり事無きを得ましたが、親としては図工の先生にはちょっとモヤモヤしました。

そんな息子なので議論討論が出来る方だと思うので自分で解決していたり、担任の先生も議論好きな方の様でよくクラスで議論会が行われているみたいです…笑
クラスに靴紐が結べない男の子がいるんですが、結べなくても生きていけるし、上手に結んでくれる彼女を見つけないとね!と言いながら先生が結んでいたと聞いて、ちょっと感動しちゃいました。

長々と書いてしまいましたが、学生の内って先生の影響が一番大きいと思います。学校は選べても先生は選べないので本当に運としか言えません。
中には1年経てばクラス替えで生徒が変わるから1年の我慢って思っている先生もいますしね。
お友達にも合わなくてフリースクールに通っている子や何度か転校してる子もいます。
4年なんてあっという間に来るので早くはないと思います^ ^
Unknown (noriko)
2017-05-07 00:07:58
>nakkoさん

コメントありがとうございます^^
レスが遅くなり、ごめんなさい。

息子さんは良い先生たちに恵まれたのですね!良かったです!!
最初の図工の先生以外は良い先生だったようで、安心ですね。
今後も良い先生に出会えるといいですね。

nakkoさんがおっしゃったようなことを、ちょうど次に書こうと思っていました。
学校は選べても先生は選べない。先生がハズレだと、本当に子どもにはキツイ。。。
先生が良いか悪いかは、本当に運ですよね…。
私も良い先生に当たった時は、教育に疑問を感じませんでしたが、どちらかというと「うーん…」と思う先生が多かったのでモヤモヤは大きかったです><

また教育について思うところをいろいろ書きたいと思います!

post a comment

Recent Entries | Dr.ノリコ流教育論

Trackback

Trackback  Ping-URL