勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

区の両親学級に参加してみた~イクメン養成セミナー?

2015-08-20 | 妊婦生活

先日、といってももうけっこう前になりますが、区が主催する両親学級に参加しました。自治体によっていろいろ名称があるようですね。母親学級、両親学級などなど。

多くの人が休みであろう土曜開催の日を希望したのですが、なにせ夫は単身赴任中。土日も仕事が入るときがあり、参加できるかかなり怪しいところでした。しかし、当日なんとか間に合いそうだったので新潟から駆けつけてくれました!

私たちが住む区の両親学級は、しっかりしたプログラムが組まれていてかなり充実していました。そして、ほとんどが夫婦で参加。さらに、プログラム内容の多くが、まさかの(?)「パパ」メイン!そんな空間だったので、もし私一人での参加だったらかなり寂しい思いをしたことでしょう。夫がきてくれて本当に良かった~。

内容は、

・沐浴実習

・オムツ交換

・パパの妊婦体験

が前半のメイン。パパメインの実習です。

後半は参加者みんなでグループトークやストレッチなど。

 

ほとんどが夫婦で参加している中、奥さんがすでに出産準備のため地方の実家に里帰りしていて、夫殿ひとりで参加している方もいました。すごい、えらい!(かなり寂しそうだったけど…)

参加している夫殿たちは皆さん、熱心です。世の中イクメン予備軍が多いのかー?とけっこう驚きました。まぁ、うちの夫殿も想像以上に熱心かつ積極的に参加してくれていましたが。

わが夫は沐浴実習の時が特に熱心で、助産師さんのお手本のデモを真剣な目つきで見て、同時にシュミレーションしていました。目つきと手つきが何だか職人っぽい(笑)職業柄でしょうか。実際の沐浴実習の手際はびっくりするほどスピーディー。やるな、夫よ。「産まれたら沐浴はやるね!」と前向きな発言も。

オムツ交換も真面目にやってました。これはいいパパになりそうだ?!

 

妊婦体験はぜひすべての男性に体験してほしいものだと思いました。これは約8キロの重しをお腹につけるというもの。「重さはともかく、靴や靴下を履けないのがよくわかった。あと爪も切れないねー」と夫。もっと私に優しくしようと思ったようです(笑)

この妊婦体験では他の夫殿の反応を見るのも面白かったです。皆、夫と同じような反応で「妊婦さんって大変だとよくわかった」という感想が多く聞かれました。体験できないことはわからないのは当たり前ですが、こういう疑似体験をする機会は貴重ですね!「うわー、ちょー大変!もっと優しくする!します、します!」と素直に反応していたある若い旦那さんがいて、すごく微笑ましかったです

 

こんな感じで私たちが住む区では、まるでイクメン養成セミナーなの?と思えるほどにパパメインで進行しました。助産師さんもおっしゃってましたが「奥さんは出産したら嫌でも産院でオムツ替えや沐浴をする機会があるけど、旦那さんは教えてもらう機会がありませんからね~!」。確かにこういう機会がないと、男性は練習したくてもする機会がないでしょうね。

全体的にとても充実していて素晴らしいプログラムだと思いました。まさかうちの区がここまで育児に力を入れているとは思いもよりませんでしたが、夫婦で参加できて本当に良い経験になりました。夫の意外な一面を発見したのが、一番の収穫かもしれません^^

 

それにしても、最近の男性はもともとイクメン予備軍が多いのでしょうか?

「こういうものに参加する人は、比較的積極的で熱心な人しかいないよ。実際世の中ではそんなにイクメンみたいな男性がいるかはわからない」

と夫から冷静なツッコミが。

うーん、確かに。わざわざ休みの日に、あるいは休みを取って両親学級に参加する男性は、そもそもが積極的ですよねぇ。

 

育児は女性だけでなく、男性も積極的に参加してほしいですね。日本にイクメンが増えることを期待します

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

パン、はまり食い。

2015-07-29 | 妊婦生活

妊娠して食の好みが変わったのか、後期に入ってあるとき「パンスイッチ」が入りました。お米党だったのにね。こちらでも言及しましたが、パン中毒になってしまったのです。

特にパンにはまるきっかけになったかな、と思うのが偶然出会ったこちらを食してから↓

八ヶ岳ブレッド!!

偶然期間限定でオープンしていたところに通りかかり、味見したら美味しかったので購入。

最初に購入したのは、(写真を撮り忘れてしまったけれど)一番スタンダードな?メープルパンでした。これがすごく美味しくて、まだショップが開いている時期に急いで追加を買いに行きました。みんな美味しいのー!

ホームページはこちら→☆

 

狂ったようにパンばかり一時食していた私。ついに自分でも作り出しました。

こんな本を書店で見かけたことはないでしょうか?すごく人気で売れたみたい。

『日本一簡単に家で焼けるパンレシピ』

 

パン型も付いている。材料も特別なものは必要なし。誰でも簡単に焼ける!との触れ込みです。

 

やってみました。柄にもなく(笑)

 

しばらくおいて発酵させるとこんなに膨らむ。発酵ってすごいなー。

 

丸めてパン型に並べます。

これもまたしばらくおいて発酵させると、膨らむー!。

 

さあ、オーブンで焼いてみよう!今年購入したばかりの信頼のパナソニック製オーブンレンジ君が活躍するときがきた。

 

ちょっと薄い?まあ、いいか。

 

無塩バターが品切れで、普通のバターで代用したのでちょっと塩気が強くなった気がしますが、私でもちゃんと焼けました☆

 

ついでに、我が家に眠っていたホームベーカリーでも同時にパンを焼いてみました。といっても、ホームベーカリーは材料を入れるだけであとは機械がやってくれるのでちょー楽ちん。

材料を入れてスイッチを入れて待つだけ。

はい、出来上がり。

 

 

あー、パン美味しい!

自分で作ると妙な満足感があります。

でも、買った方が簡単で美味しいと思ったのでした(笑)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

スリッポンと妊婦の靴事情

2015-07-25 | 妊婦生活

たぶん人生初だと思うのですが、スリッポンを購入しました。

Reebokのネイビー☆

 

ちなみに以前購入したReebokのスニーカーはこちら↓

勝手にパー子モデルと呼んでいます(色がどピンクだから)。

色とか軽さとか、気に入っているのですが、紐付きスニーカーがもうすんなり履けません…。

かがみづらいからね…。お腹が邪魔して…。

しばらくパー子は履けませんね。

 

で、スリッポンなら履きやすいのではないかと思って、思い切って買ってみました。ちょうどセール中だったことだし(笑)

 

妊娠すると、今まで履いていた靴が履けなくなります。これがちょっとストレスかも。

今までほとんどパンプス生活。ものすごくヒールが高い靴を履いていたわけではありませんが、妊娠するとさすがにある程度の高さがあるパンプスは避けなければなりません。

休日に足を休めようと思って履いていた、2~3cmくらいのパンプスが限界ですね。あとはもっぱらぺたんこの靴にシフト。

 

妊婦さんにはぺたんこ靴が推奨されているのかと思っていたのですが、実際はぺたんこよりも2cmくらいのヒールがあったほうがバランスを取りやすく、腰に負担がかからないようです。 

と言いつつ、結局なんとなく安全な気がして、最近特にぺたんこ靴ばかり履いてしまう私。

 

ところで、妊娠後期になると足の大きさがだいぶ変わります。むくみもあるのでしょうが、やはり体重が増えるとね…そりゃあ足も「太ります」よね…。

だからと言って普段のサイズよりも大きなものを買うわけにもいかず(出産後も履きたいもん)、ゆったり履けそうなタイプの靴の非妊時と同じサイズにしました。

Reebokは大丈夫そうだったので、購入したばかりのスリッポンに頑張って活躍してもらいたいです!

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

妊娠後期、マイナートラブル集

2015-07-24 | 妊婦生活

妊娠発覚時(正確には体外受精の妊娠判定日前)の衝撃の事件はどこへやら、妊娠経過は順調です。ベビーは元気に成長していて、普通よりも大き目みたいですし。

初期のつわりは軽い方だったようだし、中期も体調は安定していて、気がつけば後期に突入していました。

後期に入っても、中期から少しずつ頻尿になってきたのと、体重増加が自分としてはちょっと気になる程度で、特に問題もなさそう…と思っていたら、やっぱりあるんですね。

 

妊娠中のマイナートラブルってやつが…。

 

・中期以降、ひどくなる便秘!

・頻尿がひどくなる。

・脚(足)がつる(特に朝方)。

・脚の付け根が痛む(同じく朝方が多い)。

・足がむくむ。

・腰痛。

・熟睡できない。

・日中の眠気。

・集中力が散漫になる(中期からあったものがひどくなっている気がする)。

・吐き気・胃のむかつき・食欲不振。

 

ざっと挙げてもこれだけあります。

ここ数日は、吐き気・胃のむかつき・食欲不振がひどいです。もう妊娠9か月に入って、さすがに胃が圧迫されているせいだと思いますが…。

便秘もつらい。普段便秘とはほとんど無縁の自分には、かなり厳しいものがあります。便秘薬をもらって飲んでも、すんなり解消しないスーパー便秘…。

当たり前のことだと思いますが、お腹が出てきてかがむのがつらい、とか靴下(ストッキング)を履くのが大変、とかは地味に手ごわい問題であります。あと、足に日焼け止めが塗れなくて、うっかり日焼けしてしまいました…。スプレータイプの日焼け止めを導入して、これ以上の足の日焼けを予防中です。

 

それにしても、不妊治療(特に体外受精)で心も体もいっぱいいっぱいだった頃からは想像もできない、全く別の種類の悩み…。

妊婦さんは大変だろうな、となんとなく頭ではわかっていたつもりでしたが、いざ自分が体験するとやはりつらいものがあります。

それでも、不妊治療をしていた去年までと比べれば、どう考えても幸せな悩みなわけです。先が見えない不妊治療というトンネルは一応脱しているので。

新しい命に出会えるという素晴らしくポジティブな出来事のために今の苦行(?)が存在しているわけですもんね。

あとちょっとだし、お母さんは頑張ります。


我が家のベビーよ、無事に産まれてきておくれ!(まだほとんど出産準備してないのは内緒…これから準備するよー)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

妊婦生活で感じる人々の優しさ

2015-06-19 | 妊婦生活

いつの間にか妊娠後期に突入しました。お腹はだいぶ「妊婦さん」らしくなってきました。まだまだ先は長いですが、今日まで元気に育っているベビーに感謝する毎日です。

 

さて、お腹が目立ってきた最近、特に電車内で席を譲っていただくことが増えました!

私は週に3日ほど大学に行って仕事兼研究しています。使用する路線は東京の某混雑路線、なるべくラッシュを避けています。しかし、少し時間をずらしても混むときは、混むんですよね…。恐るべし、東京の人口。

今日もなるべく帰宅ラッシュにかからないように電車に乗ったはずが、予想以上の混雑で、電車内ではつり革にもつかまれませんでした。仕方がないので、踏ん張りながら、片手でお腹をガード。

 

胎動を感じ始め、母親になる自覚らしきものが芽生え、そしてお腹が大きくなるにつれて

「お腹の子を守るのは私しかいない」

という思いが強くなりました。

産まれた後は、別に私でなくてもベビーを守ることができる大人はいるでしょうが、産まれるまでは母親である女性しかベビーを守れないのですよね。当たり前と言ってしまえばそれまでですが。電車内では、お腹を押されないように、特に気を遣います。

つり革やバー(?)にもつかまることができない時の電車内は、ちょっとドキドキします。

 

今日は、少し離れていたにもかかわらず、座っていた20代くらいの女性が私に気づいて「どうぞ!」と席を譲って下さいました。

しかも、

「気づかなくてすみません」

という言葉と共に。

 

なんて素敵な女性なのか…!

譲っていただいただけで本当に感謝の気持ちでいっぱいなのに、「気づかなくてすみません」だなんて。恐縮です。

 

本当にここ最近、特にお腹が目立ってきたせいか、席を譲って下さる方によく出会います。

人が多い東京。それゆえに変な人、無礼な人…ネガティブオーラ出しまくりの人々は数多くいます。でもそれと同じくらい、あるいはそれ以上に親切で優しい方々もいる、と改めて実感します。

 

我が家のベビーが無事に生まれてきたら

「君はたくさんの優しい人々に支えられて産まれてきたんだよ」

と伝えたいと思います。

なお、ベビーはBoyらしい。強くて優しい男に育ってほしいです。まだ生まれていないけど!

 

 

妊娠初期から親切で優しい方にたくさん出会いました。

ご親切に席を譲って下さった方々、私を気遣って見守って下さった方々、改めてお礼を申し上げます。

温かく接してくださる素敵な方々に、心からの感謝をこめて。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加