勇敢な女は、美しい。

Dr.norikoのブログ。自分らしく、楽しく、人生を生きる。一度きりの人生だもの。

おマタから人間が産まれました【産後編】

2015-11-25 | 出産

時間が開いてしまいましたが、出産の話題の最後です。

 

出産編はこちら→★

入院編はこちら→★

 

出産後の体のボロボロは入院中にひどくなるばかり。退院前の診察では会陰の傷の治りが悪く、抜糸できませんでした…。診察は痛くて痛くて、泣きそうになりました。出産は安産だったはずなのにな、おかしいな!と思いながら退院の日を迎えました。

出産前から実家にお世話になっていたので、息子と一緒に実家へ帰りました。実母の手厚いサポートがあったので、慣れない新生児の育児自体がつらかったわけではないのですが、いかんせん会陰の傷が痛い!そして、開ききってしまった骨盤がガタガタしていてこれまた痛い!痛みのオンパレードです。

もう一度言います。

会陰の傷が痛い!!!!

骨盤がガタガタで痛い!!!

陣痛と分娩は痛くて死にそうだったけど、産後は元気だった、なんて誰が言った??

もちろん慣れない育児の疲れはありました。でも、それどころではない私の体。

 

もう何度でも言ってやる。

会陰の傷が痛い!!!!

骨盤がガタガタで痛い!!!


日本の「床上げ」の習慣は素晴らしい。実際ゆったり過ごせるかは別として、産後3週間~4週間は無理をしないほうがいいという「床上げ」の精神は素晴らしい。

私、1か月は床を這ってました…。

出産してやっと仰向けに眠れる!と思ったのに、会陰と骨盤が痛くてしばらく仰向けに眠れませんでしたし…。

とりあえず、産後はつらい。

 

結局会陰の傷も骨盤の痛みも、1か月半くらいは続いていて本当につらかったです。

出産までのことしかあまり話を耳にしていなかったので、産後がつらいという女性は少ないのかしら、とすら思ってしまいました。もちろん、出産後すぐに元気に動ける人もいるようです。でも、1か月ほど(あるいは1か月以上)体がつらい人もいるのです。やっと元通りに動けるなぁと思ったのは産後2か月近くですもん、私。動かなければならない事情もあり、産後4週目くらいから少しずつ普通の生活を心がけ、いろいろと動いてはいましたが。

いやぁ…産後つらかった。息子の成長に感動する暇もないくらいつらかったです。

 

皆さん、お近くの産褥期の女性には優しくしてあげてくださいね!お願い!

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

おマタから人間が産まれました【入院編】

2015-10-17 | 出産

初産婦だけど予想以上に早かったお産。安産でよかった

 

なんて思えたのは、出産後半日ちょっとでした…。

 

出産編はこちら→★

 

出産後につらかったことは大きく分けて2つ。

 

1.産後の傷が痛くて体がボロボロ。

2.母乳指導という名の母乳育児の押し付けに辟易。

 

1に関しては、本当に予想外でした。想定外でした。ある程度は仕方ないと思いますよ、だっておマタから人間が産まれたんだもん!でも、産後の体のボロボロが出産よりも私にはきつかったです…。分娩が人それぞれなように、産後の体のつらさも本当に人によるのだと思います。

私はかなり耐えられないくらいにつらいコースでした…。

出産後半日くらいは、産後でハイになっていたからなのか、体の疲れも痛みもほとんど感じなかったのです。でも、それが続くわけはなく、突然体全体が悲鳴を上げました。特におマタの傷ね…。会陰切開自体はそれほど恐怖も痛みも感じませんでしたが、産後に真の恐怖が待っていました。本当にしんどかったです。私は傷がうまくふさがらなかったため、退院前の診察で抜糸できず、そのままになりました(そのうち吸収される)。退院前の診察(内診)がこれまた本当に痛くて、つらくて、本当に泣きそうになりました…。

ちなみにこの体のボロボロは、退院後もかなり長く続きます。妊娠・出産って、分娩それ自体ではなくて産褥期(お産後)の体の方がつらいのではないかと思ってしまったほどです。出産後すぐに元気になる女性も多くいるようなので、本当に人それぞれなのだなぁ。。。あー、本当につらかった。

 

2に関して、これはまた別に長々と書きたいくらいにトラウマになっています。母乳指導という名の「新米ママいじめ」なんじゃないかと!

確かに母乳が出て、それで授乳できればそれがいいに決まっています。でも、母乳が出ない人、出にくい人もいるし、母乳ではなくてミルクで育てたいという人もいるでしょう。

私は出るのなら最初は母乳をあげたいと思いましたが、早々に大学に復帰する予定もあり、母乳信仰はないのでミルクでもいいと思っていました。しかも、私がいう「最初」とは「初乳」のこと!初乳は飲ませたほうがベビーのためにいい、と聞いていたので、それはぜひあげたいと思っていましたが、それ以上は出なかったらミルクでいいや、と。実際問題として、出産後で予想外に体がボロボロで自分がつらかったという理由もありますが。すぐに母乳が出る人もいますが、私は出にくくて、途中で完全に諦めてましたし。

病院では私が予想していた以上に母乳指導が激しくて、体がボロボロで弱っていた私には本当に修行のようでした。

助産師さんによっても意識差があるらしく、それほど「母乳がんばりましょう!」と言わない人もいれば、「ちょっと母乳出てるから頑張れば出ますよ!頑張ろう!」という熱血タイプの人も。

 

特に後者の熱血タイプは本当に厄介です。

 

「自分も最初母乳が全然出なくてつらかったけど、頑張ってあげてたら完母(完全母乳)になりましたよ!だから頑張りましょう!」

 

のような言い方をする助産師さんがいて、本当に参りました。

自分の経験を一般化しないで欲しいなー…。自分の価値観を押し付けないでほしいなー…。完全母乳で育てたい人にはそれを言ってもいいのかもしれないけれど、私違うからね???

 

慣れない授乳やオムツ替え、2~3時間おきに授乳で呼ばれ睡眠不足。そんな状況なので、お産を終えて疲れている新米ママさんとしては、心も体もボロボロなんですよ。

で、本当につらい時は授乳を休ませてもらったのですが、この時の対応も助産師さんによってまちまちです。私がつらそうにしていたのに気付いて「1回授乳休んで、お部屋でゆっくりしてください」と声をかけてくれる助産師さんもいれば、前述の熱血母乳指導系の助産師さんもいるわけです。皆さん、予想できたかと思いますが、熱血母乳指導系の助産師さんに「体がつらいので休みたいのですが…」と勇気を出して言ったときの反応。「え?授乳休むんですか?(はっ?何言ってんの?)」みたいな感じです。確かに母親である私が授乳を休むと、新生児室の助産師さん・看護師さんの仕事が増えるわけで申し訳ないのですが、体がボロボロ・心も限界の私としては休ませてもらいたかったんですけどね…。

私が産んだ病院は母子別室、ベビーは新生児室管理になるスタイルでした。母子別室なので、少しは休めるかと思った私が甘かったな、と多少は反省しています。

最近は本当に母乳信仰が日本中に広く伝わっているのか、ベビーを母乳で育てることを重視して、大変な仕事を終えた母親である女性へのケアがないがしろにされているのではないか、とすら思ってしまいました。

私たち夫婦はできることならば2人目も欲しいと思っています。もしいつか2人目を無事妊娠・出産できる日がくれば、その時の分娩施設選びはよく考えたほうがいいのかな、と初産を終えて感じました。

出産した病院は私たち夫婦ともにご縁がある病院で、もし万が一のことがあったときにも安心という理由もあり、分娩までは非常に満足しています。今回私がつらいと感じた母乳指導がなければ、次もここで!と思うのですが…。最初から「母乳にこだわりません、ミルクで育てます。体がつらい時は休ませて下さい!」と言っておけば、大丈夫なのですかね…?

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

おマタから人間が産まれました【出産編】

2015-10-17 | 出産

お久しぶりです。慣れない育児で余裕がなく、ブログ更新ままならず…。そんなに時間が経っていないはずなのに、出産がもう遠い過去の出来事になりつつあります(笑)ということで忘れないうちに出産のことを書いておこうっと★

 

結論から先に書くと、経産婦並みの時間でお産を終えました。意外とあっさり!ご存じのように母子共に健康です。

一応、夫は立ち会い出産を希望していましたが、「今年の状況じゃ無理よね~、私ひとりでがんばるね~」なんて言っていたのですが、奇跡的に立ち会い出産できました!夫が仕事で東京に戻っているときに、その時を見計らったかのように陣痛が来たのです。「この日に産まれてほしいな!」と毎日必死にお腹に話しかけていたのですが、ベストな日に産まれました。なんて親孝行なベビーなんだろうか(笑)

 

最初の陣痛は夜中、というか朝方。お腹が痛くて目が覚めました。でも最初陣痛だとわからなかったんですよねぇ。妊婦なのに消化器系の腹痛だと思いました。いや、まず陣痛を疑え!って後になって自分でツッコミましたが。

トイレに駆け込んで、「前の日にいっぱい食べちゃったし、便秘気味だからお腹に来たのかな??」なんて思いながら、また布団に戻る。

うーん、あれれ、またお腹痛いよ。そんなにつまってるのか。頑固な便秘だなぁ。

くらいの感覚だったんですよね(笑)でもそのうち気づきました。

 

あれ、これ、もしかして陣痛じゃない?

 

のんびりした妊婦です。すみません。隣で寝ていた夫を起こします。「陣痛っぽい!」

陣痛を自覚してから冷静に陣痛間隔を測りました。夫と「まだ本陣痛かどうかわからないから時間測りながら様子を見よう」と話して、頑張って間隔を測りましたよ。前駆陣痛で病院に電話するのもアレなんで…。

 

その合間も消化器系の腹痛に近い痛みに襲われ、何度が気休めにトイレに駆け込んでみたりました。数日前から出血があったのであまり気にしていなかったのですが、しばらくしてけっこう出血していることに気づきました。あれれ、けっこうな出血だなぁ。とこれまた悠長に構えていたのですが、後程病院でわかりました。

 

その時破水してたの!←

 

破水したら病院・産院にすぐ電話すべきなのですが、その時破水だと認識していなかったので、夫と冷静に陣痛の間隔を測っている初産婦noriko。最初の痛み(陣痛)から1時間以上経ち、間隔もなんとなく規則的だったのでやっとこさ病院に電話しました。すぐに来てください、と言われ、急いで準備。同じ都内とはいえ実家から病院までけっこう距離があります。幼馴染みのうちから車を借りてきて、父の運転で朝早い東京を爆走。空いていたので予定よりは早く着きましたが40分くらいはかかったかな。車の中で陣痛の間隔がさらに短くなってきて、まあ痛いのですが、冷静にいきみ逃し。いきむタイミングを間違えて(いきんでしまって)陣痛タクシーの中で出産した人の話を聞いていたので、ひたすらいきみ逃し。もちろん痛いです。我慢できないほどではありませんが、経験したことのない痛みです。でも意外と冷静な自分。もう一度言いますが、私は初産婦noriko。

 

病院到着。

さすがに歩けないので、夫が手早く守衛さんに声をかけてどこからか車いすを借りてくれくれました。頼りになるな。さすがです。

産科病棟に直行。あれよ、あれよとLDR(※陣痛・分娩・回復を一つの部屋でできる)に運ばれ、内診です。

 

ドクター「もう子宮口8cmですね」

陣痛間隔からもうすぐ子宮口全開大になるかな、と思っていたけど実際もう8cmなのね。よしよし、いい感じで陣痛来てるな。

ドクター「破水もしてますよ。いつ破水しました?」

ええええ???破水してます??と、ここで指摘されて初めて家で破水していたことに気づいたのでした。

 

子宮口全開大になるまでひたすら耐える時間になりました。でも予想していたほど、陣痛って痛くなかったんですよね。かなり静かに痛みに耐え、いきみ逃しに勤しんでいました。助産師さんは2回ほど様子を見に来てくれ肛門のあたりを押してくれたりしましたが、「大丈夫そうなのでnorikoさんにほとんどお任せしちゃいました(笑)」って。手がかからない初産婦だった模様。ちなみに隣のLDRからはものすごい悲鳴のような声がずっと聞こえていたらしいです。ロビーで待っている母いわく「ものすごい叫び声がして、最初norikoかと思っちゃった。でも隣の人ね。すごい声だったよ」。夫も「隣の妊婦さん、すごい声出してたよ。noriko静かだったよね」と言っていました。そう、終始静かに、かなり冷静にお産を終えたのです、私。でもさすがに隣の妊婦さんの叫び声が聞こえませんでした。そこまでは余裕ないです(笑)

 

1時間ちょっとでしょうか、陣痛に耐えていたら助産師さんがまた現れ、分娩体勢に。ついに子宮口全開大!はやっ。

立ち会いの夫にたまに汗を拭いてもらったり、飲み物を飲ませてもらったりしながら、かなり間隔の短くなった陣痛に合わせていきみます。ここからが予想よりは時間がかかりました。といっても分娩体勢になってから1時間もしないうちに生まれたのですが、自分の感覚としてあと15分くらいは早く生まれるのではないか、と思っていたので少し長く感じました。あとで担当の助産師さんと話したときにも、助産師さんも「もう少し早く生まれるかと思いました」と言っていました。ベビーが大きかったからなのか、あとちょっとのところでベビーがのんびりしちゃったのか?

あとちょっとで生まれる!とわかったのはベビーがかなり下がってきている感じがあったからですが、それ以外では助産師さんがドクターを呼んだこと。「あ…会陰切開されるんだ…」と踏ん張りながら、冷静に観察。ドクターがきて、麻酔の準備しているところまでしっかり目に焼きつけてしまった。。。


会陰切開。妊婦さんの多くが恐れるものです。私も出産前は本当に怖くて怖くてたまりませんでした。でも、いざ切られるときになると、麻酔されても痛くないし、切られても痛くないんですよね。不思議です。


なお、分娩の体勢ってけっこうきついんですよね。私はお産の時間が短く、また比較的体が柔らかいほうなので、産後筋肉痛にはなりませんでしたが、体が固い人はまちがいなく筋肉痛になると思います。妊娠前から体を柔らかくしておくことをおススメします。

 

さてさて、ついに助産師さんの天の声。「もう1回いきみましょう。赤ちゃん出ますよ~。声かけたら短く息を吐いて下さいね!」

 

ふんぬ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!


さすがに私も疲れたよーん。。。渾身の力でいきみます。

 

助産師さん「はい、短く息を吐いてくださいね~。赤ちゃん産まれましたよ~!」

 

え?もう今ので産まれたんですか???長年の便秘が解消したような「出した感」しかなかったのですが!

 

視線を動かしてみると、確かに産まれている。うぶ声を聴いて、一安心。

それにしても、私のベビー、なんかすごく人間っぽいんですけど?産まれたての赤ちゃんってよく猿っぽいとかおじいちゃんっぽいとか宇宙人っぽいって言いません?何だか、すごく人間感あふれている赤子がそこにいました。3500gの大きいベビーだからでしょうか?髪が黒々してふさふさに生えていたからでしょうか?手足もしっかりしていて、とても今まさに産まれましたの新生児っぽくなかったんですよね。

ベビーの無事を確認してすかさず夫に「写真!デジカメ!写真撮って!!」と勢いよく指示を出す私。感動の出産劇とは何かが違う(笑)あとで夫に「立ち会い出産どうだった?感動した?」と聞いたところ、「norikoは冷静だし、感動、涙って感じじゃなかったから、僕だけひとりで感動して泣いててもバカみたいでしょ」と。あ、何だかすみません…母親になった私がわかりやすく感動しなかったから、夫はその場で感動し損ねたらしいです。これから立ち会い出産を予定している妊婦さんに一言。出産したらとりあえず感動してください。そうしないと夫殿が感動できないそうです!その場では感動を表せなかった夫ですが、その後静かに感動して喜んでいる姿を私は目撃してますけどね☆

産まれたてのベビーをカンガルーケア。切開された会陰の縫合。縫合される時も痛くなかったです。これまた不思議。

 

こんな感じであれよあれよと言う間に、私の人生初の出産が終わりました。最初の陣痛らしき痛みからトータル5時間弱。病院に着いてからは2時間半くらい。予定日から2週間弱早い誕生でした。予定日に産まれていたら4000gくらいになっていたのでは…(汗)初産は予定日より遅れる、お産に時間がかかる、というのはあくまで統計上の話ですよね。お産は人それぞれですね。

私もそうですが、最近周囲で聞いた初産婦の出産エピソードでは、予定日よりも早いとか、経産婦並みのスピード出産とかが多いです。陣痛は「鼻からスイカが出る」なんて聞いたことがありますが、そんな痛みではなかったです(鼻からスイカなんて出したことないし!)。耐えられないほどの痛みなのかと思っていましたが、意外と平気でした。もっと若い頃のひどい生理痛のほうが痛かったくらいです(笑)

出産全体を振り返ると、自分としては、陣痛が起こってから終始冷静でいられたのがお産がスムーズにいった要因の一つかな、と思います。退院前に分娩担当助産師さんに「イメージトレーニングができていたからスムーズだったと思いますよ」と言われて、私自身とても納得しました。ここまでの道のりが平坦ではなかった分、お産くらいはスムーズに終わりたい!とイメージトレーニングをしていた甲斐がありました♪

 

母子ともに無事であることは当たり前ではありません。医療がいくら発達しても、お産が女性にとって命がけであることには変わりないと思います。だからこそ、無事に出産を終えることができて本当によかったと思っています。

無事に産まれてくれてありがとう。ママにしてくれてありがとう。

 

 

 

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

産まれました。

2015-09-08 | 出産

更新が滞っており、申し訳ありません。お久しぶりです。

 

まずご報告です。先日、我が家に待望の第1子が誕生致しました。

予定日よりも2週間ほど早く産まれましたが、3500グラム超えのビックな男の子です。

出産自体は、経産婦並みの時間ですんなり産まれました。(ここまでの道のりがつらく長かった分、出産は安産で本当によかった!)

母子共に健康です

 

応援してくださった方、電車や街中で親切にしてくださった方など、多くの方の優しさに支えられて息子は無事に産まれることができました。本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

息子には皆さんに頂いた優しさを周囲の人に表すことができる人間になってほしいと思います。

 

しっかりしているけど、やはり小さい手。

 

 

産後の体がまだ回復していないこと、慣れない育児で余裕がないので、ブログの更新はしばらく滞るかもしれません。お返事などもなかなかできないかとは思いますが、ご了承下さい。なお、寝転がりながらでも携帯でできるツイッターでは随時つぶやいております。よろしければツイッターをご覧ください。

なるべく早く出産や入院で思ったことをつづりたいと思います。忘れないうちに(笑)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加