遊爺雑記帳

ブログを始めてはや○年。三日坊主にしては長続きしています。平和で美しい日本が滅びることがないことを願ってやみません。

前川氏を文科省大先輩が“一喝”

2017-06-12 23:58:58 | 日本を復活させる
 加計学園の獣医学部新設問題が、炎上しています。そもそも誘致・新設を進めていた民進党が、安倍首相が友人の学園の学部新設を個人的に権力を行使しして推進したと、政局にしている筋の悪い話題です。推進していた民主党で、獣医学部新設に反対しているのは、獣医業界から政治献金をもらい、父親が香川県獣医師会の副会長をしており、弟も獣医という玉木幹事長代理という事実は衆知のことですが、メディアはあまり触れません。
 天下りシステムを省ぐるみで温存させていた文科省と前川前次官。文科省内で作成された文書に、安倍首相からの圧力があったと書かれていると言い、内部告発もあり、文書の有無の追加調査がされることとなりました。

 問題の論点は、文科省内で作成された文書の有無ではなく、安倍首相が友人の為に法に触れる様な権力を行使し、便宜を図ったかどうか。
 天下り先確保のために既得権益の岩盤規制を守る官僚主導を、地方再生や経済の活性化の為、政治主導で岩盤規制を突破する為の攻防ですから、政治側と官僚側がぶつかるのは当然の話。政治が主導して日本経済の復活・活性化を推進するのは当然の話です。
 既得利権を守る側が抵抗するのも、当然ありうる話。
 
【加計学園問題】「しっかり止める」 獣医師連盟から献金の民進・玉木雄一郎幹事長代理、獣医師会総会で獣医学部新設阻止を“約束” - 産経ニュース

 天下りシステムを隠蔽温存し既得権益を守っていた前川元次官を、同省の先輩で、愛媛県前知事の加戸守行氏が、一喝しておられます。
 

“告発”前川氏を文科省大先輩が“一喝”「文科省の態度を反省すべき」:イザ! 2017.6.6

 「加計学園」問題に関する、あるインタビュー記事が話題になっている。同学園の理事長が、安倍晋三首相の友人のため、愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画が「総理の意向」で進んだと主張する前川喜平前文部科学事務次官(62)に対し、同省の先輩で、愛媛県前知事の加戸守行(かと・もりゆき)氏(82)が反論
しているのだ。大先輩の訴えを、前川氏はどう受け止めるのか。

 注目の記事は、5月31日の愛媛新聞に掲載された。1999年から2010年まで同県知事を務め、獣医学部誘致に関わった加戸氏が、「加計学園」問題について、語っている。
 まず、前川氏は、国家戦略特区を活用した獣医学部新設について、人材需給の見通しが農水省や厚労省などから示されず、「極めて薄弱な理由で規制緩和が行われた」と批判している。
 ところが、
加戸氏は「知事在任中に困っていたのが、牛や豚などの動物を扱う公務員獣医師が不足していたことだ」
と述べている。前川氏の認識とまったく違う。

 前川氏が強調した
安倍首相の意向についても、加戸氏は「安倍首相が加計学園の理事長と友人だからと(意向を)言っていたとしたら、10年、5年前に(獣医学部が)できていたかもしれない
」といい、加計学園の計画を高く評価している。

 さらに、加戸氏は、前川氏の能力を評価しながらも、「(前川氏は)『行政の在り方がゆがめられた』と言っているが、その前に
獣医師不足を解決できていない文科省の態度を反省すべき
だと思う。後輩なので悲しい」と語った。

 加戸氏のインタビューをどうみるか。
 評論家の屋山太郎氏は「インタビューを読めば、地元の『(公務員獣医師が不足しているので)今治に獣医学部があった方がいい』という真剣な思いが伝わってくる。利権絡みとはまったく違う」といい、続けた。
 「前川氏の主張はおかしい。『獣医師の数を増やさなくていい』という論拠はそもそもなく、官僚の規制しかない。
前川氏の主張を聞いていると、『官僚が一度決めたことに、政治は文句を言うな!』という明治時代の発想を感じる


 追加調査でも再調査でも言葉の遊びは問いません。話題の文書が、民進党が当初掲げたものと、それとは異なるものと二種類あるとされる真贋。何時、誰が、何処で、何を目的に作成し、どんな行動に使用したのか。文科省内で文書の存在を訴えている人々への聴取(内部告発制度に順じ)も含め実施されたい。
 内閣府で発言したとされているものの、それらしき人物は、否定している様ですが、文書の作成者から情報源を確認し、該当者に、特区の審議結果の推進を促したのか、加計学園を特定して便宜を図ったのかの確認も併せて行っていただきたい。
 追加調査となるに至る炎上を招いたのは、徹底調査の姿勢を批難されたから。特区の審議結果(地方活性化)の推進を、既得権益保護で抵抗する官僚主導側に迫るのは当然のことなのですから、この際、正面から徹底調査し論点も含め明らかにされたい。

 野党“歓迎”もヤブ蛇か…加計「文書」追加調査、「疑惑の8枚」ニセモノなら「偽メール問題」再来 (1/2ページ) - zakzak



 # 冒頭の画像は、加計学園疑惑調査チームの初会合で、発言する民進党の玉木雄一郎幹事長代理




 この花の名前は、ケブカワタ


↓よろしかったら、お願いします。



写真素材のピクスタ


Fotolia








『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月11日(日)のつぶやき | トップ | 6月12日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本を復活させる」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。