遊爺雑記帳

ブログを始めてはや○年。三日坊主にしては長続きしています。平和で美しい日本が滅びることがないことを願ってやみません。

6月26日(日)のつぶやき

2016-06-27 04:36:54 | つぶやき
緊急拡散事項! 6月22日 辺野古 キャンプ・シュワブから帰るケネディ大使を活動家数名が襲撃したという。 証拠動画もある。 国家間の信用に関わる問題なのだ。 他国なら銃殺もあり得る。 なぜ報道され、 大騒ぎにならない! twitter.com/sgtm4/status/7… — しぇりー (@shellymamy1) 2016年6月25日 - 09:23 . . . 本文を読む
コメント

英 EU離脱 日本の英国進出企業は。

2016-06-25 22:02:12 | my notice
 歴史に残る、英国のEU離脱。どんなことにどんな影響が出るのか。それはどのくらいの規模なのか。長引くのか、短期的なショックで終わるのか。興味深々です。  その中で、先ず気がかりなのが、EU進出の拠点として英に投資した日本企業。EUの一員としての英国、しかも世界の金融のメッカとしての英国への進出を図ったにも関わらず、その狙いが霧散しかねない事態に陥ったのですが、どうなるのだろうと言うことです。  読売が取り上げています。 . . . 本文を読む
コメント

6月24日(金)のつぶやき

2016-06-25 04:50:08 | つぶやき
【沖縄戦没者追悼式】「帰れ!」「本当にそう思っているのか」 今年も首相に罵声やヤジ - 産経ニュース sankei.com/politics/news/… @Sankei_newsさんから ←日本語で野次っているようだけど日本人?無教養なトンチンカンな内容で日本人とは思えない。 — 1Q3 (@1Qshan) 2016年6月24日 - 21:21 . . . 本文を読む
コメント

英 EU離脱へ

2016-06-24 23:58:58 | my notice
 注目の英国のEU離脱の是非を問う国民投票は、直前の予測に反して「離脱」の結果となりました。  「離脱」が多数で推移してきたものの、直前には、英労働党の女性下院議員ジョー・コックス氏の殺害事件の影響か、「残留」が盛り返したとの報道が大勢を占めるようになっていましたね。  それだけに、「離脱」多数の結果の衝撃は大きいものがあります。 . . . 本文を読む
コメント

6月23日(木)のつぶやき

2016-06-24 04:40:35 | つぶやき
青山繁晴 自民党から参院選出馬!記者会見【完全版】 youtu.be/zt3jgW_NjD8 @YouTubeさんから ←いいね。\(^O^)/ #voice1242 #虎8 — 1Q3 (@1Qshan) 2016年6月23日 - 10:30 青山さんが、1期しかやらないと言う理由。=選挙目的の政治活動となっている現状に染まらない。ボランティアで選挙の為ではない活動をしたい。#voice124 . . . 本文を読む
コメント

中国 鉄道輸出で苦戦

2016-06-23 23:58:58 | 日本を復活させる
 中国経済成長の減速、パブル崩壊の話は絶えません。習近平はその打開策に、海外市場の取り込みとして「一帯一路」政策を推進しています。その中の海外インフラ開発受注に鉄道建設があり、同様に、アベノミクスの第三の矢の政策の中の一つとして海外インフラ投資受注を狙う日本と随所で競合していることは、諸兄がご承知のことです。  安さとスピード決断&工期で勝る中国が次々と受注を重ねて来ているのですが、あちこちでとん挫しているのだそうです。 . . . 本文を読む
コメント

米大統領選 茶話

2016-06-22 23:58:58 | 米国 全般
 米大統領選は、ヒラリー・クリントン氏とトランプ氏の勝負になりました。11月から始まる投票に向け、まだまだいろいろありそうですが、一時はヒラリー氏を上回る支持率と報道されていたトランプ氏の支持率は低下してきている様ですね。一方、ヒラリー氏にまつわる新たなネガティブな情報も発生。話題が尽きない賑やかさですね。 . . . 本文を読む
コメント

6月21日(火)のつぶやき

2016-06-22 04:46:08 | つぶやき
石原都政の功績。大谷氏が尖閣買い取り行動を取り上げた。大谷氏らしくないけど、国有化を促す大きな功績。類似の功績では、広大なEEZを保持する #沖の鳥島 の環境保全に尽力がある。日本の国益に大きく貢献。 #ひるおび #tbs — 1Q3 (@1Qshan) 2016年6月21日 - 13:09 . . . 本文を読む
コメント

中国が英国の取り込みを狙っている

2016-06-21 14:53:36 | 中国 全般
 習近平の訪英時に、女王陛下が馬車でお迎えに出かけ、後に習近平が無礼であったとの警備の女性責任者の会話に賛同するという事件は、未だ記憶にとどめておられる方は少なくないと拝察します。  キャメロン政権は、AIIBへの欧州主要国が雪崩をうった加入を誘発し、米国との盟友関係に背く、先陣を切った加入を実施しました。独仏の対中貿易重視に対し、香港擁護で周回遅れとなった対中経済交流促進の焦りが産んでいる媚中行動です。 . . . 本文を読む
コメント

6月20日(月)のつぶやき

2016-06-21 04:42:01 | つぶやき
次期 #都知事 #増田寛也 さんはどうでしょう。東京都出身、建設官僚、岩手県知事、総務大臣(第8代・第9代)の経歴。全然名前が取りざたされないのがおかしい。後出しでサプライズ登場? #voice1242 — 1Q3 (@1Qshan) 2016年6月20日 - 16:25 【参院選2016】ジャーナリスト青山繁晴氏が出馬へ 午後に会見 - 産経ニュース sankei.com/west/news/ . . . 本文を読む
コメント

中国の「市場経済国」認定に「待った」

2016-06-20 23:58:58 | 中国 全般
 中国は、2001年にWTOへ加入する時、「非市場経済国」の立場を受け入れて加入したのですね。  但し、15年後には失効するとの文言が合意文書に盛り込まれているとし、中国は、今年12月11日には、自動的に「市場経済国」に指定されると主張を唱えているのだそうです。  これに対し、欧米は自動的に認定されることには否定的な立場をとっているのですね。AIIBの設立や、IMFのSDR認定では、推進に積極的であった欧州勢が、今回は否定的立場をとっているのだそうですが、お金に目がくらむ国々が多い中、どこまで踏ん張れるか注目です。 . . . 本文を読む
コメント

6月18日(土)のつぶやき

2016-06-18 23:59:57 | つぶやき
蓮舫氏、都知事選出馬見送り 「国政でしかできない」:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXLAS… 「次の世代に借金や悲観ではなく、可能性や未来を残したい。これは私の政治家としての原点だ。これは国政でしかできない」 ←民進党が政権をとることはないけどね。都知事混沌! — 遊爺 (@yuujiikun) 2016年6月18日 - 16:10 「沖縄の地元紙は新聞の形をした . . . 本文を読む
コメント

中国軍艦の「接続水域」「領海」への相次ぐ侵入 日本の対処は間違っている

2016-06-18 23:58:58 | 東シナ海尖閣諸島
 6月9日に、尖閣諸島の接続水域にフリゲート艦が侵入したのに続いて、15日には、情報収集艦が鹿児島県口永良部島の日本の領海に侵入という、中国海軍・軍艦の連続した挑発行動がつづいています。  日本政府は、9日の接続水域への進入には素早い行動で中国をけん制しましたが、15日は領海侵入というエスカレートした行為にも関わらず、9日に比べると鈍い対応しかしていません。  そこには、「無害通航権」と、南シナ海で米国が実行している「航行の自由作戦(FONOP)」との絡みでの中国の反攻があるのですね。  したたかな中国の戦術にどう対処すべきか。攻勢をステップアップしてきている潮目の変化時。今後の攻防に大きく影響を及ぼす事になる適切な策が必要ですね。 . . . 本文を読む
コメント

6月17日(金)のつぶやき

2016-06-18 04:41:28 | つぶやき
【ポスト舛添】民進・蓮舫氏が都知事選に意欲 参院転出を近く判断 - 産経ニュース sankei.com/politics/news/… @Sankei_news 「二番じゃだめですか」←都知事選も二番でいいの?こんなピンボケおばさんを選んだら、都民がまた選択の誤りを繰り返すことになる。 — 遊爺 (@yuujiikun) 2016年6月17日 - 16:08 昨日の朝の番組でテレビ朝日とTBSが . . . 本文を読む
コメント

南シナ海 比の仲裁裁判所提訴 裁定近づく

2016-06-17 23:58:58 | EEZ 全般
 フィリピン・ルソン島西方のスカボロー礁での、フィリピンと中国の領有権争い。両国の艦船がにらみ合いを続けた後、中国が実効支配することとなり、フィリピンが仲裁裁判所に提訴したことは、衆知のことですが、仲裁裁判所の裁定が近く下されるようですね。  国際司法裁判所での係争とことなり、仲裁裁判所は片方が出廷拒否しても裁定が進められるので、中国が無視していても、裁定がなされるのですね。そして、全ての報道が、中国に不利な裁定がなされると予測していますね。  力づくで人口島を建設し、南シナ海の制海空権を確立しようとする中国。「航行の自由作戦」を展開し、阻止しようとする米国。米国と同調する日本をはじめとする国々。  裁定が、中国の野望を阻止するものになるか、注目ですね。 . . . 本文を読む
コメント