Heart Forest

日常生活の中でちいさな楽しみを探して行きます。

本読みデイズ・読み返し推理小説

2017-08-13 13:11:56 | 読書
こんんちは。エルです。

読書の中でも密室ものなどの推理小説は苦手で読みません。

あと、最初のページに登場人物が明記されているものも敷居が高くて読み終えられる気がしないなあ。

と、言っても乾くるみ『イニシエーションラブ』みたいに、読み終わってからもう一度読み返したくなるものは大好きです。


エル家では「具合が悪いです。ごめんなさい」宣言をしないと寝かせてもらえない感じですが、昨日の風邪疑惑に乗じて一冊読了。

歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』。


これはちょっと読み返したくなりました。推理小説はSFよりおそらく読まないので、有名であろうこの著者も初読みです。

あ、そういえば最近読んだ中では誉田哲也『プラージュ』も読み返し本(勝手に名前を付ける)でした。

誉田哲也は刑事ものや武士道シリーズを結構読んでいたので読みやすかったのですがこれには驚きでした。


読み返し本・・・いいですね。


今日の良いこと・雨がようやく晴れて、庭には我が家で葉っぱをたらふく食べて羽化したであろう黒アゲハが飛んでいました。こういうものを見せるためにハハが私を呼ぶのは結構嬉しい。山椒の木は大きいし、柚子とすだちの小さな木もあるので好きなところに卵を産んでください。まあ鳥たちも多いので羽化できる割合は低いかもですが。


皆様に幸運を!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうぶつのお医者さんのやさしさ | トップ | きれいな言葉だな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事