遊童子のひとり遊び

日々の生活の中で心を休ませる時間と趣味を独り言の中で話すブログです

残酷な春

2017年03月30日 | 年中行事

おはようがんす

不足がちな冬の野菜事情をにぎやかに、おいしくしてくれた野菜達に春が来たが、、、、、、、、、

漸く本格的な春の気配を感じているこの頃畑にも春が来ているが少し残酷な春だ

取り残しの大根が根茎部分の養分を使って葉っぱを成長させて花を咲かせている

種の保存維持と言う立場からは当然のことだが、人の目的からは大きく外れているその姿は残酷にさえ見える

少し紫がかったその十字花はなかなかきれいな花だ

小さすぎたりあるいは反対に太すぎたりの大根は商品価値がなく放置されていた

大分寒気にやられて霜げたりしているが、それでも生き残って葉を出しているのもあるその生命力には感動する

未だ土の中から生きてちゃんと葉を出して成長を始めたものも、あるいは力尽きて斃れてしまったものも

、、何よりも凄いのは途中で欠かれて放り出された大根が自分の保持する養分だけで葉を出している事だ

これは大根と人間の戦争の跡のようだ、悲惨で無惨な姿だがそこから立ち上がり復航して花を咲かせる、、、

矢張りその力は感動を与えるものだ

隣りの畑にはブロッコリーの花が咲いている、もう少し前なら美味しく食べられたであろうに、、、、、、

長い一作がそっくり花になってしまった、もともと花の蕾を食べるものだから少し手遅れになってしまえば

此の通りだ

こうした多くの無駄や思惑違いを経て農家の畑がいろどられて行き一年の輪廻がある

本当に春を謳歌している菫が雑草の中に花を咲かせていた

一年の長いようで短い連鎖の中途の一部が心を沸き立たせる春なのだ

 

そんじゃあまたはなすべえ

遊童子

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩八つ手咲く | トップ | カトレア満開 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野菜の花 (佐久の鯉太郎)
2017-03-30 23:01:50
遊童子様 
ご無沙汰です、
確かに人間の生活や馴染みの中では残酷に見えますが
こちらでは大根は殆ど自家採種ですので、皆各家庭で
伝来の物で種を取り播いていますので
見慣れた風景です

当然牛蒡とか人参とかの根菜類も自家採種です
菜種菜、胡麻、ちじみ紫蘇、等もそうですし
葱や南瓜なども自家採種です
こうしてみると結構自家採種の物は多くあります

そしてそれらも専業、兼業、家庭菜園用、を問わず
自然にしています
それが植物本来の姿ですから
但し、食べ残したものではなく、採種用に良い野菜で
採種します
小さな反論です

其れでは 鯉



自家採種 (遊童子)
2017-04-04 22:55:25
佐久の鯉太郎様
こめんとありがとうございます
返信が遅くなってごめんなさい
小さな反論確かに受け取りました
場所が変われば随分と変わるものですね、
そういえば昔は我が家でも色色な種を自家採種していた記憶がよみがえりました
人参葱胡麻大豆小豆南瓜胡瓜など記憶にあります
餘に今の生活に慣れ過ぎた私の誤解であり認識不足でした
大きく反省し真摯に現実を見て勉強をします
同化此れに懲りず大きな反論もお願い致します

では又 遊

コメントを投稿

年中行事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。