遊童子のひとり遊び

日々の生活の中で心を休ませる時間と趣味を独り言の中で話すブログです

紫陽花

2017年06月30日 | 年中行事

お晩でがんす

我が家の紫陽花がほぼ満開になった

毎年早い時期に花屋から紫陽花を購入してその花を見切ると紫陽花の仲間のところに植える

そうして何時の間にか何株かになって目を楽しませてくれるようになった、いわば廃品利用の花だ

 白い紫陽花はアナベルもよいがこの本当の紫陽花の白が良い

ほどほどに紫陽花の美しさを主張しているがしつっこくないのが良い

そうして紫陽花の王道は何といってもこの花であろう

花の色だけを見るとごくありふれた花だが、それだけに昔気質の気品がある、良く見ると愕が二重になっているところが奥ゆかしいのだ

此の株が最初の株なのでかなり大株になった、毎年全伐ではなく枯れた幹だけを切り取っている

此の手入れの方法で間違いなのか、合っているのか知らないが毎年咲いてくれるから良しとしている

この花は少し複雑ながくをしている、見ての通りで段段色が変わってゆくのが面白い

そして矢張りこの花の親戚なのか色変わりの愕を持った紫陽花は去年の物だ。今年見事に咲いてくれた

半日蔭に植えてあるが。場所が相しているのか剪定が良いのか不明だが、花さえ咲いてくれればそれでよい

少し自慢話になってしまったかな

其の紫陽花になんとなく歩き方の悪いカミキリムシがいた、正式には「何とか噛み切り」と言う名前があるのだろうが

其れは埼玉の虫博士にお願いするとして

良く見てもらうとわかる様に少し身体障害の虫だ、左の中と後の足の先が丸くなっている

先天性の物かあるいは外敵にやられたのか不明だが気の毒な個体だ、元気に動いているがあまり長生きはできまい

先日他界た妻の様に一生を、全うしないうちに死んでしまうのか哀れだ

せめてはい回るだけではなく持てる羽根を生かして飛行して自由に空飛び自分の気に入ったところで大往生をさせたいと思って

指先に停めたが、ついに羽根は広げない、歯がゆい思いで見ていたがそれだけの持って生まれた命なのかと暗澹となった

こんな小さな虫にも思いが馳せられると言う事は、妻の置き土産なのかもしれない

 

そんじゃあまたはなすべえ

遊童子

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨とは言うが | トップ | 夏だ氷だ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アジサイの季節 (デコ)
2017-07-01 08:20:05
 埼玉の虫博士でなくてすみません。検索したらゴマダラカミキリと出ました。

 遊童子さん、詩人ですね。心の中の“想い”がそうさせるのですね。想いが深ければ深いほど詩が輝く。それは誰にも真似出来ない。私には拝読する事しか出来ない。

 アジサイ、綺麗ですね。よ~く見るととっても綺麗な花ですね。思い出のある花だとより綺麗に見えるのでしょうね。

 私は今年、鎌倉の長谷寺のアジサイを見て来ました。新しい品種が沢山あってとてもステキでした。

 箕輪城跡でもアナベルが真っ白に沢山咲いていました。
azisai紫陽花 (、遊童子)
2017-07-01 15:05:08
デコさんへ
こめんとありがとうございます

先日はありがとうございました
遠路誠にすみません心から感謝いたしております

洒水忌を明日は迎えようとしています
少しは新しい環境にも慣れてきました
然し今までの程よく回っていたリズムが突然の大穴で、その穴埋めに追われている毎日です
娘の負担が一番大きく健康に心配をしています
隠居爺も現役に復帰して毎日がとても忙しいです
大練忌、新盆と怒涛の様に死後の行事が迫ってきます
何とかこなして平常の生活に戻ろうと思っています長谷寺の紫陽花は何度か見ましたが古都の梅雨が一段と鮮やかになりますね

箕輪城もいろいろと工夫しているようですが
基本的にお城がないのが玉に瑕でして
国の史跡であるがゆえに築城も出来ません

豊かで平和で幸せな日本。時々これで良いのかと思うこともありますが

胡麻めの歯ぎしり。ただ流されるだけで、、、

では又





コメントを投稿

年中行事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。