遊童子のひとり遊び

日々の生活の中で心を休ませる時間と趣味を独り言の中で話すブログです

余日少な

2016年12月28日 | 日本ミツバチ

おばんでがんす

13年飼いつずけて来た日本ミツバチが、とうとう全滅になってしまった

最高では16箱もいたものだが、一つ減り二つ減りしてしまった、だんだん慣れてきて基本を忘れ、野生の蜜蜂のデリケートさ  

を無視したつけがとうとうこの惨状を見ることになってしまった

今年は其処にきずいていろいろと手を尽くしたが時すでに遅しで有った

来年は原点に立ち返り、一年生のつもりで取り組みたいと考えている

そしてこれが最後の砦で有った

冬越しの用意をして行ってみると全く静かであった、驚きと落胆の両方を以て調べると、案の定、死滅していた

ウイルスかあるいは雀蜂の攻撃か不明だがとうとう最後の砦が落とされてついに浪人になってしまった

何方のせいであろうと全滅には変わりがない、然し持ち上げてみると多少は蜜がたまっているようなので自宅に持ち帰り

採蜜してみた

寒さのために蜜は固く自然の垂れ蜜では満が搾れない、仕方なく縁側の日向に出ししかもビニールでしっかり包んで

二日置いたがいけない、今度はストーブを直接遠赤外線で当たる様にして一日置いて漸くしぼれた

多少は残っているがそれはそれで自然に返すことにしたら、忽ち鳥が平らげてくれた

更に網ポールの荒さではおりがたくさん入るので、今度はガーゼでこすのだが、これまた全く濾過できない

仕方なく60℃で湯煎してから濾過した

初めての濾過の方法なので心配したが割とうまく言った

道具やその他についた蜂蜜をもったいないから甞めて居たら気分が悪くなるほど食べてしまった

新しい200CCの瓶を煮沸消毒をして使用する


1.8リットルの日本蜜蜂の蜂蜜が取れた

貴重な最後の蜂蜜である、しっかり味を堪能して食べることにしよう

自分の舌ではもう少しあると感じていたが、糖度は、79.1度であった

漸く道具もそろったことだし、来年は新規まき直しで頑張る

 

そんじゃあまたはなすべえ

遊童子

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蝋梅がさきはじめた | トップ | 大正月が来た »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残念でしたね。 (ikkennya)
2016-12-28 19:53:48
 今晩わ  今年もいろいろお世話様になりました。蜜蜂がいなくなって 一軒家さんへ来る人がいなくなると さみしいです。自然の事で 仕方ないですが。。。今年はいいことなかったから しかたないですね。

貴重なはちみつありがとうございました。
大事にいただきます。それにしても まめにいろいろがんばりますね。

来年もよろしくです。
蜂浪人 (遊童子)
2016-12-29 13:28:16
一軒家様
こめんとありがとうございます

全く長い間お邪魔をしていましたが、これで一切りかなと思って居ります

来年は雲をつかむような話ですがきちんと待ち桶をおかしていただき本腰を入れて誘蜂、をしたいと考えています
清らかな水はあるし、人はあまり立ち入らないし且つ日陰もある、場所としては最高の場所なので又
お願いしたいと思っております
如何か宜しくお願い致します

大正月の準備で忙しくしています
くる年が必ず良い歳に成る様に祈っております

では又


残念です (群馬の山さん)
2016-12-29 22:50:48
遊童子さんこんばんは

 残念、ついに消滅ですか、おそらくアカリンダニの仕業だと思います。

 こいつは手ごわいです。ウチのもメントールを入れたんですが消滅しています。かろうじてまだ生き残っている群もあるのですが春になってみないと分りません

 今年も1年間お世話様でした。来年もよろしくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。
一年ありがとうございました (チョキ・チョキ)
2016-12-30 16:40:14
とうとう退居した蜂も、来年は新居にお誘いできれば良いですね
この頃、目に見えない様な細菌やダニの猛威に、自然界が脅かされています
生きずらい世になったのでしょうか?

昨日は忙しさにかまけ申し訳ありません
一年間、窓絵を上げて下さりありがとうございました
来年も楽しみにブログを拝見したいと思って居ます
優しさに満ち溢れたコメントも残したいと思って居るのですが、、、突っ込みを入れたくなることもありますが、よろしくお願いします

ようやく一年間の仕事納め
どうにか無事に働けました

師匠も体に気を付けて、新しい年を迎えて下さい
良いお年を
日本蜜蜂 (遊童子)
2017-01-01 15:53:39
群馬の山さん
こめんとありがとうございます

思えば私と山さんを繋いでくれた仲人が日本蜜蜂でした
爾来15年の長きにわたって楽しませてくれました
色色とおおくの仲間も取り持ってくれました
そしていろいろと勉強させてくれました
今は感謝の一事です

今年からは又一念発起してあのときめくような最初のころの再現ができるのではないかと楽しみにしています

では又
新年 (遊童子)
2017-01-01 15:58:46
ちょきちょきさんへ

新年あけましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します

窓絵は私の大切なブログネタでもあり、対外的にこんな
絵が描ける友人がいるという、自慢の種です
そして時にはやめたくなる絵を描く元気を下さる
大切なカンフル剤です

今年もどんな絵が見られるのか楽しみです
では又

コメントを投稿

日本ミツバチ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。