遊童子のひとり遊び

日々の生活の中で心を休ませる時間と趣味を独り言の中で話すブログです

海棠咲く

2017年04月25日 | 

おばんでがんす

我が家の海棠も大分古木然としてきた、父の五十歳の記念に植えたものなのでもうかれこれ50年程経つ

コツカシバ、と言う虫にやられて一旦は枯死寸前までいったが復活して現在に至っている

樹高4.5㎡、枝の広がり5㎡程になった、2.5ⅿの塀越しにも十分みられるようになった

 

毎年簡単の剪定で済ませているが良く咲いてくれる、去年は一度毛虫の消毒をしてやったが、今年は如何か??

根〆には錨草などが植えてある、同じ時期に咲くように配慮した

何時ものアングルだ

何にしてもよくさく、子ばいが二本出ているのでものにしたいと思っている、でももう植えるところも無いので贈呈用だ

一番古株の在来種だ、もう何代もいる物なので絶えない様にしている、、ので何か所かに植えてある

黄花錨草である、なぜか手足を捥がれた達磨みたいなはなだが一応いかりそうだ

白花姫錨草もあるが小さくて見立てがない、後ろの翁にピンが合ってしまっている

これは母の実家から分家してきた本当の白花錨草だ、常盤種でいちねんじゅう葉が青い、強い花だ

少し花色が落ちたが紅花錨草で有る少しそがれに成ってもう種が付いている、目立たない形の種だ

おかん襤褸が風になびいている、手入れをしないぼさぼさ頭のことを。おかんぼろ頭。と言う

もうすぐ鯉の風に乗って飛び跳ねるだろう

苧環が咲き始めた、駐車場の下になってしまって絶えたかと思っていたら、別のところのものが残っていた

しめたか坊主の儲けだ

別のところにも種がとんで咲いている、良かった、今度は大切にして大株にしてやろう、と反省しきりだ

こうしてみると無き実母が残してくれた花は皆紫がかっている、紫が好きだったのかもしれない

もう65年も前の遠い昔の話だ

 

そんじゃあまたはなすべえ

遊童子

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木通と隣保班 | トップ | 黄色繋がり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
花いっぱい! (チョキ・チョキ)
2017-04-27 09:29:47
海棠の花の色合いは優しい色ですね
怒り層の楚々として、御母さんがどんな方だったか想像できますよ

花もいっぱい咲き出しましたが、草も一杯伸び始め、先ほど駐車場に除草剤を撒いてきたところです
これからは雑草との戦いです
花でもなければ全部除草剤を撒けるのですが、、、
花の周りは手でむしり、汗とのどの渇きで止めてきました
師匠の御宅の様に土地が広いと大変ですね
娘さんは自然農法だし、、、草が気になるでしょう?

今週の土曜日、林業試験場の解放日です
1000株の躑躅が満開になって居る事でしょう
昨日も散歩しながら見てきましたが、後少しで満開になりそうでした
暇が有ったら行って見て下さい
裏山も木々が芽吹きだし、萌えだした若葉を見ながら、武尊山の雪山、赤城山、最高の散歩道です
海棠 (、遊童子)
2017-04-27 22:09:31
ちょきちょきさんへ
こめんとありがとうございます

愈愈開戦となりました、、、、と言っても隣国の話ではありません
こちらは負けても、、、、いや負けるわけにはゆかない
負けたら最後何の花も作物も出来ない
だから背水の陣でする
こうして半年も戦争をしていると、やがて終戦になる
霜と言う最大の決定的打撃ができるからだ
斯くして性懲りも無くまた来年の春の夢を見る
可笑しな繰り返しだ

散歩道にそんな場所があると言う事は最高の幸せです
幸せ過ぎて若干冨久代かになったのをこれ以上にしないためにも強歩行をお勧めします

土曜日に行ってみたいと思っています
では又




コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。