遊童子のひとり遊び

日々の生活の中で心を休ませる時間と趣味を独り言の中で話すブログです

 春を喰う

2017年02月09日 | その他

おはようがんす

春の山菜の一番手は、なんといっても蕗の薹であろう

あの香りはまさに春だ、生の内も良い香りがするが刻んで小麦粉に捏ね込む時はもう厨房中にその春が広がる

 

しかも焼いている最中はもう香りの渦の中にいるようだ

自宅と棟続きの会社の事務所までその匂いは広がる、社員たちはこの大寒明けの寒さの中から帰って来るともう温かい蕗や

きもちは、止まらない、まず一つ食べてから、ミーティングがはじまる

勿論家族の分も取り置きしておかなければならない、何より私が一番好きなのであるから

こうして田舎暮らしの楽しさを満喫しているのだ、退院したばかりの隠居爺はそれでも忙しい、ご心配戴いた方々にお礼を

しなくてはならない、一見面倒くさいようであるがこのやり取りが親交を深める手段なのだ

そうした物がどんどん希薄になるから、隣近所の付き合いも無し、独り暮らしの孤独死や育児に迷った子殺し等が起きる

ロボットが46%の生産をできる様になったら、その浮いた分を心豊かな人間同士の付き合いや交流に廻されなくては

ならないだろうと思う

どんどん少子化になる現実を踏まえた若者の、動物が本来持っている優しさや慈しみの心に期待したいものだ

一寸生意気だったかな??

そんじゃあまたはなすべえ

遊童子

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊年だ満作だ?? | トップ | 先取りの景 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蕗やきもち (紅子)
2017-02-10 08:52:40
遊童子君へ

ご無沙汰ですね
とても懐かしい蕗やきもちに感動しました
こちらではもう蕗の薹が15せんちほどに伸びています
それでも柔らかいところを微塵に切って作ってみました
昔の記憶を辿ってみると
御本家で大きなそこが平らな鍋で焼いていた記憶があります
何という名前だかも知りませんしそれが正しい記憶だかも知れません
フライパンで自分流に作ってみました
孫たちがとても美味しい堅パンだと言って食べてくれました
また作ってほしいという家族のリクエストに嬉しく思っております

懐かしい春の感動を有り難うございます
日日静かにそして元気に過ごしております

そんじゃあな 紅
蕗焼餅 (遊童子)
2017-02-11 09:57:03
紅子さんへ

とても暫くぶりです、お元気でお過ごしのこと、休心しています
今回の雪は鹿児島でも降ったと聞いています
雪害はありませんでしたか??

底の平らな鍋は焙烙と言います
克っては焼き物で作ってあたのですが今はアルミ合金
で作ってあるようです
こちらでも注文制作で市販されていません

春を喰う、最高のおやつであります
個の臭いを描くともう春が来ているのだなあ、、 
と実感します

日日静かに、、、こそ幸せの頂点だと思っています
今回のけがでつくずくそれを感じました
その静かさの中の小さな波紋に、コメントを下さることを期待しています

ふんじゃあな




コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。