遊童子のひとり遊び

日々の生活の中で心を休ませる時間と趣味を独り言の中で話すブログです

春はいちご狩りがいい

2017年03月20日 | 年中行事

おばんでがんす

今月のちょきちょきさんへ窓絵はいちご狩りです

あったかいビニールハウスの中で、あったかい関係の二人の若者が屈託もなく苺を食べている、誠に微笑ましい良い絵柄だ

何時の間にか早生栽培の苺が普通になってしまいクリスマスからが苺の時期になり、とんでもない寒い冬が

苺の旬になってしまった。可笑しい話だ、普通の苺は夏の作物なのに

こうした現象は多くの作物にも言える、知らぬ間に小玉スイカがどんどん出回ってきてもう夏の風物詩ではな

いようなな状況だ、しかしいくら科学が進んでも農業が高度化しても、旬には敵わない、旬の完熟こそが一番

でなくてはおかしい、やはり古い人間の部類なのだろう

此の映像を撮って帰ってきたら.百樹園に何やら見慣れない鳥がうごめいている、おっとり刀でかカメラを向ける

新宅の胡桃の樹に止まった「シメ」らしい。いやシメだろう

同定できないが、くちばしの太さからシメと言う事にした

まあたとえ間違っても許していただこうと思っている

「椋鳥も鵯も鴉も皆二羽に夫夫春の術中の内」、なんていうのを詠んでみた

そんじゃあまたはなすべえ

遊童子

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅湖 | トップ | 山芍薬の発芽 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春もありがたや! (チョキ・チョキ)
2017-03-21 10:48:36
窓絵を挙げて頂いて、ありがとうございます
体調はいかがですか?
少し良くなると、じっとして居られなくなる師匠だからチョと心配ですが、さすがに懲りたでしょうから、ご自愛して下さい

シメはずいぶん、ずんぐりむっくりな鳥ですね
我が家の周りではあまり見かけませんが
毎朝、エサをねだりに来るのはムクドリばかり
メジロや鶯がやって来て欲しいのですが、、、梅の木も、桃の木も無いから仕方ないですね
昨日は孫を引き連れて匠の里を、一日歩き回りましたが、谷川だけの雪山を背景に、トンビが優雅に飛んでいました
花粉さえ飛んで居なければ、里山散策には良い所です
石の家で猫の絵を描いてきましたよ
描き方を覚えたので、もう少し暖かく成ったら、河原にでも石拾いに行こうと思って居ます
下手な趣味が多すぎて、子供達から苦言が出るだろうな~
窓絵 (、遊童子)
2017-03-22 08:29:48
ちょきちょきさんへ
こめんとありがとうございます

何時もの事乍らあなたの優しさが絵に出ている
あの絵を見て特別の火に頭をしたいと言われたという話には感動した
誰もが良いと思うことが正しく良い事なのだと言う事がつくづくわかった、
自慢も得意も奇異も狙いも、、そうした思惑の一切を捨てたところに感動があり賛同が有る
大切にしたい

では又

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。