遊童子のひとり遊び

日々の生活の中で心を休ませる時間と趣味を独り言の中で話すブログです

銀杏の絨毯

2016年11月26日 | その他

おはようがんす

全く冬が一か月早めに来た感じがしています、毎日毎日氷が張り、駐車場の前の土が凍りあがり何時の間にか段差がなくなり

音もなく出られるようになった、だんだん土が凍結して凍み上がりやがて駐車場の土間より高くなり

其処に雪解けのやねの水や雨水がかかり、さらに凍結が進み長い永い春までの逆段差が始まる

こんな何もない駐車場の土にも一年の営みがある人間の力の及ばないところは数知れずある

人間はなかなか有終の美を飾れないし飾れる人は少ない、でも植物は毎年有終の美を見せる、今年の公孫樹の有終だ

急に寒くなったので紅葉が未だ完成しないうちに散り盛る

まだ緑を少し残したままの葉っぱが絨毯を敷いたように道路に積もっていて無情の車に踏まれている

この葉っぱの素の持ち主がこれだ

塀の甍の上にも積もっている隣の紅葉が割り込んで挟まっている

未だ黄金の小さき鳥になれない、黄緑の鳥が舞い降りて重なっている

この銀杏が生きて居る意義と意味の成果である銀杏が一緒に落ちてちらかっている

雪解けが進んだら片付けてやろう、

近くのゴルフ場は百樹園よりも少し300m程標高が高い、もうすっかり茶色に変色した小鳥が重なり合って眠りについた

今は只管「無終の美」を願って日々を大人しく優しく静かに過ごしている、

勿論自分の仕事はできるだけしている、、、できる仕事をできるだけする!!、これは最高の有終の美かもしれない

雪の日の午後こんなものを、描いてしまった

そんじゃあまたはなすべえ

遊童子

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅白で目出度い初雪 | トップ | 季節と人の晩秋を愉しむ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。