遊童子のひとり遊び

日々の生活の中で心を休ませる時間と趣味を独り言の中で話すブログです

山芍薬の発芽

2017年03月21日 | 

いい塩梅のお湿りでがんす

百樹園の山勺が

一度咲いただけでその後花が咲かなくなってしまった、色色な悪しき条件が重なったものと想像がつくが

先ず日当たりのkぁんけいを調査するようにと指導された、半日蔭が良いと言われているが伊尾外と日照を好むと

言われたので移植してみた

 

元元植えてあった場所にも一株残しておいた、もしも移植に失敗したらと思って保険をかけた

此処には肥料を多給した、堆肥と野菜用の金肥だ。移植のストレスがないせいかもう葉が開き始めた

ここは百樹園野林辺で朝日が良く当たるが夕日は当たらない場所だ ,良い女が二芽出てきた

発芽の状況からして期待が持てるがどうだか???

これは畑に植えたばしょだ、朝から午後三時くらいまで良く陽が当たる場所だが、もしかしたら日よけが必要かもしれない、手前の小さなものも子生えの一つである

ここは播種と移植の両方をしたが如何やら失敗であったようだ、もちろん未だ掘ってかくにっはしてみないが

若しかしたら少し遅れて出てくるかもしれない、希望は持って居よう

播種は昨年の取り蒔きではないので。今年の二月に撒いたものなので表皮に傷付けて蒔いたが如何だか??

今日の様な春雨の恩恵を受け止めてくれるか??

「棒と当ては向こうから外れる」と昔から言う

 

そんじゃあまたはなすべえ

遊童子

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春はいちご狩りがいい | トップ | 山茱茰 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。