仕事三昧!

日々仕事で疲れ果てています!
ここでぶちまけます!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

文化と睡眠、地域と睡眠その2

2012-05-24 10:45:10 | 日記
日本


列車内で着座したまま居眠りをする少女
現代日本の場合、電車やバスによる通勤・通学をする者も多く、またこれらの交通機関においての治安も非常に良いため、その中で眠る者も多い。肉体労働の多い職種では、昼の食事の後、午後の作業開始までの間の短い睡眠をとる場合が多い。
座ったままで眠る行為は「居眠り」と呼ばれる。授業中、仕事中、運転中など、眠ってはいけない場所・場合で無意識のうちに居眠りをしてしまう例もある。夜の睡眠は、伝統的には体を横たえて布団の中(昨今ではベッドの中も多い)でとられるが、これは「寝る」(横になること)とも呼ばれる。
風呂の中で居眠りをすることは疲れの現れといわれるが、どちらかといえば、温浴によって血管が拡張、血圧低下を引き起こしての意識障害(気絶症状に類似)[15]、 という状態に近く、居眠りと呼ばれている状態と完全には一致しない。[要出典] また、そのような「居眠り」は溺死につながる事もあるため要注意である。

wikipediaより
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文化と睡眠、地域と睡眠 | トップ | 文化と睡眠、地域と睡眠その3 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。