夕焼け空を見上げたら

ああ、きっと明日もいい天気

ミサイルその1 悪いのは誰だ

2017-03-07 | Weblog
日本の隣の隣くらいにある、トンデモ国家の北朝鮮が、「また」、ミサイルを発射したよ。どうせなら、「西」に向かって発射すりゃいいのに、日本の方向に向けて撃つわ、在日米軍を攻撃する訓練だとかなんとか公言するわ、トンデモ度にますます磨きがかかってるし。迷惑なだけだけど。

そもそも。どーして、あんなトンデモ国家の北朝鮮が、ミサイル作れるんだろ? ミサイルのための部品買ったり、燃料輸入できたりするんだろ? ミサイルなんぞに金使っても餓死する国民が続出したりしないんだろ?

理由は、簡単。お隣りの一党独裁国家の中国が助けてやってるから。中国が、北朝鮮を中国の言うことすら聞かないようなトンデモ国家に育てちゃったから。

全責任は中国なんだけど、それを言えば、どーして、一党独裁国家の中国が、北朝鮮をそんなに大きく育てるような力を持てたんだろ?

これも、理由は簡単。技術と金を持ってて、旧ソ連との冷戦に勝った「はず」の西側民主主義国、自由主義国が、金が儲かるっていう理由だけで、一党独裁国家の中国と商売したり、投資したり、工場作ってやったり、技術を教えてやったりしたから、と。

つまりは、巡り巡って、北朝鮮みたいなトンデモ国家が育っちゃった理由、原因は、困った困ったって言ってる西側諸国だ、ってことで。オチがつきましたな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国防 | トップ | ミサイルその2 ミサイルでは... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。